OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2002年1月 | トップページ | 2002年3月 »

2002年2月

2002/02/25

音楽堂での演奏会情報

第115回定期公演のパンフレットに先の演奏会情報が載っていましたのでお知らせしましょう。

●アッカルド&カニーノ演奏会 5月13日(月) 邦楽ホール

●ウィーン・アンサンブル”11”演奏会 5月25日(土) ウィーン・フィルを中心とした管楽器奏者のアンサンブルによるシュトラウス・ファミリーの曲が演奏されます。

●NHK交響楽団金沢公演 6月7日(金) 岩城宏之指揮,武満徹/テクスチュアズ,ノヴェンバー・ステップス,チャイコフスキー/交響曲第5番

●ディーナ・ヨッフェ・ピアノ・リサイタル7月9日(火)

個人的には,岩城さん指揮のNHK交響楽団の公演で演奏されるノヴェンバー・ステップスを是非聞いてみたいと思っています。

2002/02/23

最近の雑誌,新聞の記事から

今月は次のようなOEK関係の記事が載っていました。定期公演の評は載っていませんでしたが,あれこれ面白い記事が載っていました。

★音楽の友3月号
●2002年のいしかわミュージックアカデミーの広告が載っていました。新しい講師としては,ピアノのパスカル・ロジェさんの名前がありました。
●ウィリアム・ベネット氏のインタビュー記事が載っていました。OEKについて「素晴らしいオーケストラだ。イギリス室内管弦楽団とよく似ている。音程もいいし,ヨーロッパのほとんどのオーケストラよりずっと真剣だ。」と語っています。ベネット夫人は日本の方のようで,独自のレーベルを持っているようです(OEKとベネットさんの共演のCDでも作ってくれないですかね)。
●岩城音楽監督の指揮された演奏会評が2つ載っていました。(1)紀尾井シンフォニエッタ東京のショスタコーヴィチ(12/22紀尾井ホール),(2)京都市交響楽団定期公演(1/25京都コンサートホール)。岩城さんは,京都市交響楽団の首席客演指揮者に就任されたようで,この日の演奏会が就任後初の登場だったようです。

★モーストリー・クラシック3月号
●3月の岩城さん指揮の新作を集めた定期公演の演奏会が「今月のおすすめ」という感じで取り上げられていました。
●OEKとは関係ありませんが,金沢のCDショップClassic Yamachikuの紹介記事が載っていました。HMVなど大手と並んで「インターネット通販安売りの店」として紹介されていました。

★音楽現代3月号
●カウントダウンコンサートの様子が見開きのグラビアページにかなり詳細に紹介されています。

★北國新聞
●次の演奏会の評が掲載されていました。武田明倫さんの評です。1月26日に行われた第113回定期公演の評(2月4日号(だったと思います))。
●今度定期公演に登場するヴェンツェル・フックスさんの奥さんは金沢出身の方のようです,定期公演の記者会見記事の中に書いてありました。

2002/02/22

ETV2002に岩城音楽監督が登場

掲示板でもお知らせがありましたが,NHK教育テレビのETV2002で岩城宏之監督の特集があります。放送日は1日早くなり2月27日(水) 22:00~です。タイトルは,「ガンとの闘い 音楽への愛 ~岩城宏之、人生を語る~」というものです。NHKの番組表では,まだ28日のままになっていますが,各種週間番組予定表では,27日になっています。そのうち,更新されると思います。

●参考ページ:http://www.nhk.or.jp/etv21c/

2002/02/17

4月の公演

音楽堂に4月の公演カレンダーが置いてあったので,その中からいくつか紹介しましょう。
●ウェルカムスプリングコンサート
4月18日(木)指揮:西本智実
定期会員招待の演奏会です。団員が独奏者として登場します。
(独奏)ヴァイオリン:江原千絵,チェロ:大澤明,クラリネット:遠藤文江,木藤美紀
(曲目)スッペ:喜歌劇「軽騎兵」序曲,ブルッフ:コル・ニドライ,メンデルスゾーン:コンツェルト・シュテュック第1番ヘ短調op.113,バルトーク:ラプソディー第1番 Sz.87

●ティータイム・コンサート”ジェントリー・ミュージック"
4月27日(土)オーボエ:ベルンハルト・ハインリヒス
交流ホールで行われる演奏会です。119回定期公演に登場するオーボエのハインリヒスさんによる演奏会です。この方は,チューリヒ歌劇場の首席奏者で,「アーノンクールに見出された,若手のホープ」だそうです。

2002/02/13

4月の公演+α

4月に行われる定期公演以外の演奏会の情報がOEK公式HPに載っていましたのでお知らせします。西本さんが金沢に登場するのは初めてだと思います。
●第1回北陸新人登竜門コンサート
2002年04月07日(日) 14:00開演 石川県立音楽堂コンサートホール
指揮:岩城宏之,ピアノ:平野加奈,長谷川千鶴,高森静香
モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K.595
ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58

●大河ドラマ『利家とまつ』名曲の調べ 加賀百万石博開催記念公演
2002年04月14日(日) 14:00開演 石川県立音楽堂 コンサートホール
指揮:西本智実,ゲスト:田中健(俳優・佐久間信盛役),渡辺俊幸(テーマ音楽作曲家)

OEK以外の公演では,次のオーケストラの演奏会も行われます。ワーグナー名曲集といった感じです。
●ワイマール州立歌劇場管弦楽団演奏会
2002年06月21日(金) 19:00開演,石川県立音楽堂コンサートホール
アレクサンダー・アルブレヒト指揮,ピアノ:及川浩治
ワーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
ワーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
ワーグナー:歌劇「ローエングリン」第1,3幕への前奏曲
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」~ワルキューレの騎行
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲

2002/02/07

石川県内の演奏会情報

「石川県内の演奏会情報」という新しいコンテンツを作ってみました。OEKに限らず,石川県内の演奏会情報を幅広くお伝えしたいと思っています。個人で情報収集するには限界がありますので,どなたでもご自由に投稿できるフォームを作ってみました。自分が出演する演奏会のPR等にご利用頂いても結構です。

2002/02/01

「クラシック談話室:オーケストラ・アンサンブル金沢の響き」単行本化

朝日新聞石川版に1999年10月から2001年3月にかけて連載していた「クラシック談話室:オーケストラ・アンサンブル金沢の響き」というOEK団員,指揮者,ソリスト,関係者等によるコラムが単行本化され,2月1日に発売になりました。

書名はこの連載と同名です。定期公演のプログラムの大きさと同じサイズです。この連載では,確か岩城さんのコラムはなかったと思うのですが,単行本化に際して,岩城さんの文章も加えられたようです。

このコラムに加えて,OEKのあゆみ,過去に在籍したメンバーのリストなども付けられるようなので,OEKファン必読の本となるでしょう。この本は,182ページ,1400円で能登印刷から出版されます。書店及び公演会場で発売されるとのことです。

(参考)能登印刷では,1990年(OEKの設立2年目)に「クラシック・コンサートへようこそ : オーケストラ・アンサンブル金沢のすべて」という本も出版しています。OEK関係の書籍が発売されるのはこれ以来のことになります。

●参考:朝日新聞石川版 2002年2月1日

« 2002年1月 | トップページ | 2002年3月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック