OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 今年の秋の音楽堂の公演:大物が続々と登場 | トップページ | 石川県内の演奏会情報 »

2002/02/01

「クラシック談話室:オーケストラ・アンサンブル金沢の響き」単行本化

朝日新聞石川版に1999年10月から2001年3月にかけて連載していた「クラシック談話室:オーケストラ・アンサンブル金沢の響き」というOEK団員,指揮者,ソリスト,関係者等によるコラムが単行本化され,2月1日に発売になりました。

書名はこの連載と同名です。定期公演のプログラムの大きさと同じサイズです。この連載では,確か岩城さんのコラムはなかったと思うのですが,単行本化に際して,岩城さんの文章も加えられたようです。

このコラムに加えて,OEKのあゆみ,過去に在籍したメンバーのリストなども付けられるようなので,OEKファン必読の本となるでしょう。この本は,182ページ,1400円で能登印刷から出版されます。書店及び公演会場で発売されるとのことです。

(参考)能登印刷では,1990年(OEKの設立2年目)に「クラシック・コンサートへようこそ : オーケストラ・アンサンブル金沢のすべて」という本も出版しています。OEK関係の書籍が発売されるのはこれ以来のことになります。

●参考:朝日新聞石川版 2002年2月1日

« 今年の秋の音楽堂の公演:大物が続々と登場 | トップページ | 石川県内の演奏会情報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/6982880

この記事へのトラックバック一覧です: 「クラシック談話室:オーケストラ・アンサンブル金沢の響き」単行本化:

« 今年の秋の音楽堂の公演:大物が続々と登場 | トップページ | 石川県内の演奏会情報 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック