OEKのCD

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/30

金聖響さん「ブラームス・チクルス」の記者会見

1月29日大阪市のザ・シンフォニーホールで,オーケストラ・アンサンブル金沢と「ブラームス交響曲チクルス」を行う,金聖響さんの記者会見が行われました。

http://asahi.co.jp/symphony/symphony2007/c20070422.html

このシリーズは大変期待度の高い公演なのですが...記者会見では,別の話題に注目が集まったようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000035-sanspo-ent

第6回北陸新人登竜門コンサートの合格者決定

1月29日,第6回北陸新人登竜門コンサートの最終審査会が行われ,4人の方が合格しました。合格されたのは次の方々です。
-羽根由紀美(ソプラノ,輪島市出身)
-仲谷響子(メゾソプラノ,輪島市出身)
-南真一(マリンバ,金沢市出身)
-田中優幸(テューバ,加賀市出身)
4人の方は,4月8日に行われる同コンサートでOEKと共演することになります。

なお,今回の審査は井上道義(OEK音楽監督),古部賢一(オーボエ奏者),石田一志(音楽評論家),直野資(声楽家)の4人の方が担当しました。この仕事は,井上道義さんにとっては,OEK音楽監督としての最初の仕事ということになります。

(典拠)北國新聞2007年1月30日

2007/01/28

最近の雑誌から

レコード芸術2月号
・「リーダーズ・チョイス:読者が選んだ2006年ベスト・ディスク」の中に岩城さんのCDがかなり沢山含まれていました。

モーストリークラシック
・大晦日に行われたベートーヴェンの交響曲の連続演奏会についての記事
・井上道義さんがOEKの新音楽監督に就任したニュース
・首席チェロ奏者のカンタさんのインタビュー記事

岩城宏之賞を創設

岩城宏之永久名誉音楽監督の功績をたたえ,この春「岩城宏之賞」が創設されることになりました。これは,岩城さんが創設した北陸新人登竜門コンサートの優秀者等を対象とし,その中から1年間の活躍が顕著な一人を選出し,毎年賞を授与するものです。

受賞者は,井上道義新音楽監督指揮のOEKと「岩城宏之メモリアル・コンサート」で共演します。また,このコンサートでは岩城指揮OEKによって初演された作品も必ずプログラムに含むことになっています。

(典拠)OEK214,215回定期公演プログラム

2007/01/09

ビッグフット金沢での室内楽演奏

ニューイヤーコンサートのプログラムに書いてあったOEKメンバーによる室内楽の演奏会について調べてみたところ次のようなページを見つけました。

http://kanazawa.bigfoot.jp/event/index.php

ビッグフット金沢という住宅展示場で,大澤明さんを中心としたメンバーで以下のような弦楽三重奏の演奏会が行われるとのことです。

ログハウス・ミニ・コンサート
2007年1月27日(土) 午後2時から3時まで
ビッグフット金沢展示場
演奏者:ヴァイオリン/竹中のりこ,ヴィオラ/石黒靖典,チェロ/大澤明
演奏曲目
ベートーヴェン/弦楽三重奏曲ト長調作品9-1
モーツァルト/ディヴェルティメント変ホ長調K.563 他

「ログハウスの木の壁の持つ音をきれいに、まろやかに響かせてくれる音響効果が実体験いただけます」といことですが,住宅展示場での演奏会というのは,なかなか面白いアイデアかもしれないですね。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック