OEKのCD

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

金聖響×OEKブラームスチクルス#3+清水和音

今日は金聖響さん指揮OEKのブラームス・チクルスの第3弾となる定期公演に出かけてきました。今回は清水和音さんがソリストとして登場したピアノ協奏曲第2番が後半のメインプログラムとなる変則のプログラムでしたが,ブラームスの世界を堪能することができました。

余裕を感じさせるハイドン変奏曲に続いて,交響曲第3番が演奏されましたが,岩城さん指揮OEKによるCDとは対照的に,いろいろなことを試してみようというチャレンジングな精神が溢れた演奏となっていました。岩城さん最晩年のワビサビの世界のような演奏も素晴らしかったのですが,金聖響さん指揮によるエネルギーに満ちた演奏は,この曲に別の角度から光を当てているようでした。特に面白かったのが,1楽章と4楽章に出てきた,ホルンの鋭い響きです。これは,ゲシュトップフトと呼ばれる奏法だと思うのですが,この音を聞いたときは「おっ」と少しのけぞってしまいました。

中間楽章も甘くなり過ぎることはないのですが,第3楽章冒頭のチェロをはじめとしてとても熱い歌を聞かせてくれました。最終楽章もエネルギーに満ちた音楽が続くのですが,上述のホルンの音をきっかけに,幸福感に満ちたような静かな気分になります。第1楽章の最初の部分では,どこかぎこちない雰囲気を感じたのですが,後半になるにつれて次第に音がまとまってきて,充実した明るい響きになっていくのが面白いと思いました。

後半のピアノ協奏曲第2番は,一度生で聞きたかった作品です。OEKが演奏するのも初めてだと思うのですが,ブラームスらしい重厚さを感じたとともに,ここでも終楽章になって軽妙な感じになっていくのがとても新鮮だと思いました。

この曲では,何と言っても,ホルンのソロ→ピアノの独奏と続く冒頭部が大変魅力的でした。この部分を生で聞けただけでも満足でした。清水和音さんは,恐らく,現在の日本人ピアニストの中でもっともこの曲のイメージに相応しい方なのではないかと思います。第1楽章のゴツゴツした重量感のある響きがまず見事だったのですが,第2楽章中間部での非常に軽やかの音もまた見事でした。この音色の変化は見事でした。第3楽章冒頭のチェロ独奏も聞きものですが,今回は大澤さんが担当しました。ロマン派の気分たっぷりのソロで,演奏を盛り上げてくれました。楽章の後半などは,チェロとピアノが絡み合い,室内楽を聞くようでした。

終演後は恒例のサイン会がありましたが,新譜が発売されたばかりの金聖響さんと清水和音さんという人気のお二人が登場するとあり大盛況でした。私がサインを頂いたときには,10時近くになってしまいましたが,最初に書いたとおり,オーケストラとピアノの響きを堪能できた公演となりました。

2007/11/25

最近の雑誌から

音楽の友12月号
・シューベルト・フェスティバルの記事
・10月3日の大山平一郎指揮の定期公演の評
・井上道義さんのインテビュー記事

ぶらあぼ12月号
金聖響さん指揮のブラームス交響曲第1番の記事
森麻季さんとOEKが共演したCD「ピエ・イエス」の記事

CDジャーナル
オンライン版に金聖響さんがブラームスの交響曲第1番について語ったインタビュー記事が掲載されています。

2007/11/23

OEKの兵士の物語

金沢市民芸術村パフォーミングスクエアで行われた,OEKメンバーと金沢の地元の俳優とダンサーが共演した,ストラヴィンスキーの「兵士の物語」の公演を聞いてきました。このパフォーミングスクエアに行くのは久しぶりのことなのですが,ストラヴィンスキーならではの少々安っぽくちょっと不思議な小編成音楽劇を見るにはぴったりの場所です。

OEKメンバーがこの曲を取り上げるのは2回目のことと思いますが,前回はアナウンサーのナレーション付きでの公演でした。今回は俳優3人が分担していただけあって,さらに見ごたえ,聞き応えのあるものになっていました。最近よく聞く言葉でいうと,兵士役(第七警察さん)と悪魔役(風李一成さん)の”キャラ”が立っており,大変よく雰囲気が伝わってきました。この2つの役以外は,所村佳子さんが務めていましたが,所村さんのナレーションも大変聞きやすく,ドラマの展開をしっかりまとめていました。

今回の音楽監督はOEKの坂本さんだったのですが,このヴァイオリンを中心に独特の毒と安っぽさとモダンな雰囲気のある音楽を楽しませてくれました。指揮者なしでは演奏しにくいような複雑な曲もありましたが,役者さんの演技との息もぴったりでした。

オリジナルの脚本は,第1次世界大戦の頃に書かれたものですが,今回の脚本は,うまく現代風の味付けと金沢の地元ネタを加えており,「金沢版」と言って良い内容になっていました。4人のダンサーによるバレエや効果的な照明,簡潔だけど印象的な舞台美術など,ちょっとした総合芸術になっていました。OEKと地元劇団とに接点ができたことは今回の大きな収穫だったのではないかと思います。

前半は,バッハのインベンションをヴァイオリンとコントラバス用に編曲したものとピアソラの曲が演奏されました。こちらの方も会場の雰囲気によく合っており,大変楽しめるものでした。

2007/11/22

アリス=紗良・オット&OEKメンバーコンサート

今日は金沢市アートホールで行われた,若手ピアニスト,アリス=紗良・オットさんとOEKメンバーによるコンサートに出かけてきました。前半は,オットさんのピアノ独奏,後半はOEKメンバーとの共演によるシューベルトの「ます」でしたが,特に最初に演奏されたベートーヴェンの「熱情」が非常に鮮烈な演奏でした。

今回はアートホールというリサイタル向けのホールで行われたこともあり,オットさんのピアノの迫力を堪能できました。オットさんは,ティーン向けファッション雑誌のモデルのような雰囲気を持った方で(今日は鮮やかな青のドレスでした),演奏の前後には,どこかまだあどけない表情を見せてくれるのですが,音楽が始まると,その曲の世界に一気に入っていきます。

ベートーヴェンの「熱情」は堂々たる演奏でした。特に弱い音から強い音に切り替わる際の切れの良さが見事でした。演奏自体に常に前向きな姿勢があり,聞いていてとてもワクワクとさせてくれる演奏となっていました。3楽章の最後の部分などは,とても軽やかな音で,若々しさを感じさせてくれました。

前半最後に演奏された「ラ・カンパネラ」は,昨年,OEKとラフマニノフを共演した時に,アンコールとして演奏された曲です。恐らく,オットさんの十八番なのでしょう。しっかりと手の内に入った自在な演奏でした。前半の軽やかな音が本当に鮮やかでしたが,中間部での金属的な高音が連続する部分の盛り上がりも大変印象的でした。

後半は,シューベルトの「ます」でした。こちらの方はOEKのメンバーとの室内楽ということで,オットさんは,あまり前面に出ず,要所要所でキラリと光る音を聞かせてくれるという感じでした。OEKメンバーの演奏は,とても丁寧なもので,随所に素朴さを感じさせてくれる部分がありました。牧歌的な感じのある「ます」ということで,とても室内楽らしい演奏だったと思うのですが,前半の独奏に比べると,むしろ地味な感じの演奏だったと思います。

というわけで,演奏会の構成としては,前半と後半が逆でも良かったかなと感じました。または,オットさんを主役に打ち出すのならば,純粋なリサイタルとした方が良かったかもしれません。

それと,この演奏会で少々残念だったのは,お客さんのノリの悪さです。あの素晴らしい「熱情」の後などは,もっと熱い拍手を送ってあげたかったと思いました。というわけで,次回は熱心な聴衆の多いOEKの定期公演への登場に期待したいと思います。

2007/11/21

江原啓之 スピリチュアル・コンサート2007

昨日と今日の2日連続で江原啓之さんとOEKが共演する,「スピリチュアル・コンサート」が行われたようです。同じ演奏家による2日連続の公演ということで,江原さんは大変な人気のようですね。渡辺俊幸さんのブログに早速メッセージが書かれていますので,ご覧下さい。

http://blog.toshiyuki-watanabe.com/

2007/11/20

ベートーヴェンの交響曲/金聖響+玉木正之著

OEKとのブラームスの交響曲のチクルスが進行中の金聖響さんですが,「ベートーヴェンの交響曲」という本が発売されました。講談社現代新書という非常に読みやすく,入手しやすい形での発売ですので,注目を集める1冊となるでしょう。

スポーツライターの玉木正之さんとの共著という形になっていますが,大半は金聖響さんによる,ベートーヴェンの9つの交響曲の解説になっています。ベートーヴェンを繰り返し演奏しているOEKのファンにとっては必読の1冊にだと思います。

ちなみに,この本の帯の写真ですが,のだめカンタービレの「千秋真一指揮」のブラームスの交響曲第1番のジャケットのイラストととても良く似ています。面白いので↓以下のとおり比較してみました。意識してのものでしょうか?

Kim_chiaki

2007/11/18

Baltic Passion : 井上道義OEK金沢21世紀美術館シリーズmusic@rt vol.5

金沢21世紀美術館で定期的に行われている「井上道義OEK金沢21世紀美術館シリーズmusic@rt」の第5回が行われたので出かけてきました。今回の公演には”Baltic Passion"というタイトルが付けられていましたが,その名のとおり,クレメラータ・バルティカのメンバー3人+OEKメンバー1人という編成でした。”OEK金沢21世紀美術館シリーズ”という名前からすると,ずれてくる感じですが,このところクレメラータ・バルティカのメンバーは,ほとんど毎回のようにOEKの演奏に参加していますので,今回のような企画も面白いと思いました。

今回はそのこともあり,バルト海沿岸の作曲家と北欧のグリーグ(没後100年)の曲が中心に演奏されました。その他,アメリカイのフィリップ・グラスの音楽も演奏されましたが,似た雰囲気の曲でしたので,全く違和感はなく,ちょっとひんやりとした感触を持った音楽を30分ほど楽しむことができました。

今回の公演のもう一つの特色はワインです。チラシの文字もワインレッドでしたが,つい先日発売になったばかりのボージョレ・ヌーボーも館内で販売していました。私は車で来ていたので残念ながら飲めませんでしたが,昼間から,美術館で赤ワインを飲みながら,北欧の音楽を楽しむというのは,なかなか贅沢です。

今回演奏された曲の中では,初めて聞くヴァスクスというラトヴィアの作曲家の作品が大変楽しめました。このシリーズでは”聞きやすい現代音楽”が演奏されることが多いのですが,この曲もいろいろな軋みのある音の後,バーバーのアダージョを思わせるような荘厳が雰囲気になり,大変楽しめる作品でした。

このシリーズも5回目ですが,音楽と美術を組み合わせたようなCDとかDVDのようなものも考えられるような気がします。そういうコラボレーション作品にも期待したいと思います。

2007/11/17

「親鸞さま」の音楽録音

渡辺俊幸さんのブログの情報によると,「親鸞さま」というアニメーション作品の音楽のレコーディングが石川県立音楽堂でOEKの演奏によって行われたようです。

http://blog.toshiyuki-watanabe.com/

金沢は,非常に浄土真宗が多い地域ですので,ある意味ではぴったりのシチュエーションと言えそうです。

2007/11/15

ブーニン+ピヒラー/OEK

今日は北陸放送開局55周年記念のスタニスラフ・ブーニン&ギュンター・ピヒラー指揮オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏会に出かけてきました。毎年,11月になるとこのコンビの演奏を聞いているような気がしますが,今日の演奏は,その中でも特に素晴らしいものだったと思います。

ブーニンさんは相変わらずの人気で,この日もほぼ満席だったと思いますが,演奏のスタイルは少しずつ変わって来ている気がします。これまで,曲によっていは,かなりエキセントリックな演奏に感じられる場合もあったのですが,今日のベートーヴェンは,「悲愴」も協奏曲第3番も比較的「普通」の演奏だったような気がします。とはいえ,大胆な間が入ったり,フェイントを掛けるような強弱の付け方があったり,スリリングさは失われていません。

これはピヒラーさんにも共通するのですが,非常に冷静に演奏しているのに,突如,瞬間湯沸かし器(?)のような感じで,爆発するような部分があります。そういった煌きを感じさせつつ,全体としてみると,まとまりの良い音楽に聞こえるスタイルになってきた感じです。この日,ブーニンさんが演奏した2曲は東芝EMIからCD発売されるということですので(ライブ録音ではなく,前日までにセッション録音していたようです),こちらも楽しみにしたいと思います。

後半のベートーヴェンの7番ですが,こちらもまた素晴らしい演奏でした。OEKはこの曲を本当に何回も演奏していますが,その十八番にピヒラーさんがさらに磨きをかけたような演奏だったと思います。OEK自体,指揮者なしでもこの曲を十分演奏できるのですが,ピヒラーさんは,手綱を締めたり,緩めたりして,とても彫りの深い音楽を聞かせてくれました。

特に印象的だったのは,第2楽章です。OEKが岩城さん指揮でこの楽章を演奏する場合,アレグレットという速度指定に従って,かなりあっさりと演奏していましたが,この日のピヒラーさんのテンポはアンダンテぐらいだったと思います。チェロとコントラバスの演奏で始まるのですが,何とも言えず味わいの深い歌で始まり,前楽章の熱気と好対照を作っていました。

フィナーレの盛り上がりも素晴らしいものでした。楽章の最初の方は,OEKのペースで余裕を感じさせる演奏だったのですが,次第に凄みを増し,最後の方は集中力の固まりのような演奏になっていました。この曲は,先週の「のだめ」のコンサートでも演奏されたようですが,OEKを完全燃焼させてくれたピヒラーさんの凄さを感じさせてくれた演奏でした。

アンコールは...あの曲でした。思わず井上音楽監督の顔が思い浮かんでしまいました。曲名については,レビューの方でご紹介しましょう。

2007/11/11

バッハアンサンブル富山第5回記念演奏会「クリスマス・オラトリオ」(第1部~第3部)

今日は富山市で行われたバッハアンサンブル富山第5回記念演奏会の演奏会に出かけてきました。この演奏会に興味を持ったのは,金沢ではまとまった形で演奏される機会の少ない,「クリスマス・オラトリオ」を聞くことができるからですが。ただし,全曲ではなく全体の半分の第1部~第3部でした。それでも,大変聞き応えのある内容でした。曲の構成からしても,第1部から第3部でひとまとまりという感じもしましたので,初めてこの曲を聞く私にはちょうどよかったかもしれません。

演奏者の方はその名のとおり富山県の方が中心だったのですが,メンバーを良く見ると,通奏低音の大澤さん,コンサートマスターの竹中さんをはじめ,OEKのメンバーが要所要所で参加されていました。その他,ヴィオラの石黒さん,オーボエの加納さん,トランペットの藤井さんも参加されていました。

この日の演奏ですが,指揮の津田雄二郎さんの下,合唱,ソリストともに大変に誠実で充実した音楽を聞かせてくれました。端正さの裏に,バッハに対する熱い思いも感じられました。演奏前の曲目解説も分かりやすかったのですが,非常に好感度の高い演奏でした。

ソリストはどのパートも充実していました。クリスマス・オラトリオ以外にカンタータ第51番も演奏されたのですが,この曲でソプラノを歌った,松井亜季さんが何と言ってもすごいと思いました。20分ほどある曲ですが,ほとんど出ずっぱりでした。この曲で,まさに花を添えるような感じで祝祭的なトランペットを聞かせてくれたOEKの藤井さんの演奏も見事でした。

合唱団は富山県と石川県と合唱団の混成メンバーだったようですが,津田さんの指揮のもと,たっぷりとした歌を聞かせてくれました。このクリスマス・オラトリオについては,全曲を聞く機会がなかなかありませんので,是非,第4部~第6部にも期待したいと思います。

PS.この日は富山大学のキャンパス内の黒田講堂という場所で行われたのですが,大変良いホールでした。金沢市アートホールより大きく,文化ホールよりは小さいぐらいの大きさですが,ステージも見やすかったし,音もクリアに聞こえました。金沢大学には...こういうホールは多分ないのではないかと思います。

2007/11/10

茂木大輔の生で聴く「のだめカンタービレ」の音楽会

昨日,11月9日は,「茂木大輔の生で聴く「のだめカンタービレ」の音楽会」が石川県立音楽堂で行われたようです。私は仕事で横浜に行っていたので,聞けなかったのですが,聞かれた方がありましたら,感想などお知らせ下さい。

OEKのコンサートというよりは,「のだめ」のコンサートなので,きっといつものコンサートの雰囲気とはかなり違う感じだったかもしれませんね。ちなみに,打楽器奏者として登場した竹島悟史さんには,指揮の茂木さん同様,ブログがありました。そのうち,この演奏会についてのメッセージも出てくるかもしれませんね。

竹島悟史 Sound garden
http://soundgarden.air-nifty.com/blog/

茂木大輔:もぎ議録
http://blogs.yahoo.co.jp/mogidaisuke

2007/11/05

金聖響/OEKのブラームス1番のCD

金聖響さん指揮OEKによるブラームス交響曲第1番のCDのジャケットも決まったようですね。11月21日発売ということで,以下のページをご覧下さい。
http://www.avexnet.or.jp/classics/artist/kim/index.html#release

以下のページから予約することもできます。
http://astore.amazon.co.jp/onc0d-22/detail/B000VT9B82/503-2378085-7535908

OEK第231回定期公演(村治佳織+ピヒラー)

今日はギュンター・ピヒラーさん指揮によるOEKの定期公演に出かけてきました。今年の11月は,石川県内外を通じて本当に沢山のOEKの登場する演奏会が行われますが,その最初の公演は,とてもピヒラーさんらしさの出た内容だったと思います。ロッシーニ,ロドリーゴ,バルトークという曲目の並びは,西洋音楽の中心をわざとはずしたようで面白かったのですが,やはり,最後に演奏されたバルトークのディヴェルティメントにピヒラーさんらしさがいちばん強く出ていたと思いました。

冒頭は,意外なほど軽やかで,「やっぱりこの曲はディヴェルティメントだったのだ」と感じさせてくれたのですが,それが次第に強靭な雰囲気に変わっていきました。第2楽章後半の叫ぶような響きは「戦争の世紀=20世紀の音楽」と強く感じさせてくれました。第3楽章は,特にアビゲイル・ヤングさんのリードが素晴らしく,ピヒラーさんと共に音楽を作っているようでした。この曲など,OEKによるCD録音が欲しい曲です。

前半は,とても辛口なロッシーニの「セヴィリアの理髪師」序曲の後,人気ギターリスト,村治佳織さんとの共演でアランフェス協奏曲が演奏されました。村治さんは,つい最近,この曲のCDを発売したばかりですが(再録音です),そのCD同様,全体に落ち着いたテンポで演奏されていました。村治さんは,まだまだ若い奏者ですが,完全にこの曲を手の内にした演奏だったと思います。

ギターの場合,オーケストラに対向するだけの音量がないのは仕方がないのですが,今回はやりすぎない程度にPAを使っており(指揮台の前あたりに小型のスピーカーのようなものがありました),繊細さもしっかりと伝わってきました。ギターの場合,爽やかにリズムを刻む感じも良いのですが,一音一音に魂をこめるように演奏する部分も聞きものです。その辺の音のニュアンスも感じることができました。

村治さんは,大変な人気奏者ですので,終演後のサイン会はないかな?とも予想していたのですが,いつもどおり行われました(アランフェスの新譜CDの絶好のPRになりますね)。長蛇の列になっていましたが,私の方もしっかり頂いてきました。

この日は,前半にアンコール曲が2曲演奏されました。タレガの「アルハンブラ宮殿の思い出」の後,タンゴ風のとても格好良い曲がOEKの伴奏付きで演奏されました。この曲が実に良い曲でした。やっぱり,ギターはラテンの楽器だと強く実感しました。機会があれば,是非,もう一度聞いてみたいと思いました。

2007/11/04

ホセ・カレーラス「ベル・エポック」金沢公演

11月3日にホセ・カレーラスが石川県立音楽堂で公演を行ったようですね。
非常に高額の演奏会だったので(最低でも1万5千円),私は出かけてきませんでしたが,行かれた方がありましたら,是非感想をお聞かせ下さい。

http://www.geibunkyo.or.jp/event/2007/hose/index.html

2007/11/03

ピエ・イエス~祈りを込めて

このところOEKとの共演の多いソプラノの森麻季さんですが,金聖響さん指揮OEKとの共演で,11月21日に「ピエ・イエス~祈りを込めて」というCDが発売されます。

詳細は,以下のavexのページをご覧下さい。
http://www.avexnet.or.jp/classics/artist/mori/index.html

CDの購入については,次のページから予約もできます。
http://astore.amazon.co.jp/onc0d-22/detail/B000VT9B8M/503-4541606-0275904

日本を代表する室内オーケストラで聴くベートーヴェン交響曲全曲演奏会

大阪のいずみホールでシリーズで行われている「日本を代表する室内オーケストラで聴くベートーヴェン交響曲全曲演奏会(全5回)」の第4回として,以下のとおり,ギュンター・ピヒラーさん指揮のオーケストラ・アンサンブル金沢が登場したようです。

11月1日(木) 19:00~
ギュンター・ピヒラー(指揮)オーケストラ・アンサンブル金沢

「プロメテウスの創造物」序曲
交響曲 第8番 ヘ長調 op.93
交響曲 第7番 イ長調 op.92

http://www.izumihall.co.jp/shusai2007/1101.html

ピヒラーさん指揮OEKによる,ベートーヴェン・プログラムは,11月15日に金沢でも行われますが,いずみホールのこのシリーズもとても面白そうです。石川県立音楽堂でも「日本を代表する室内オーケストラで聴く~」という企画を期待したいと思います。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック