OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 菊池洋子&木管五重奏 | トップページ | もっとカンタービレ第4回 色彩と光 フランス室内楽集 »

2007/12/14

CADENZA 2008.1-3

石川県立音楽堂&オーケストラ・アンサンブル金沢情報誌「CADENZA」の最新号が音楽堂に置いてありました。今回のデザインは,ねずみ年にあわせて,ネズミ色なのですが,井上音楽監督がトロンボーンを持って,飛び上がっているというとても印象的な表紙です。音楽堂に行きましたら,是非手に取ってご覧になって下さい。

冒頭に井上音楽監督のインタビュー記事が掲載されていますが,いろいろと面白いお話が書かれています。その中で印象に残ったのは,ニューイヤーコンサートで演奏される一柳さんによる新作は,岩城さんを追悼するワルツだということです。聞くのがますます楽しみになってきました。

その他,1~3月の公演情報がぎっしりと詰まっています。

« 菊池洋子&木管五重奏 | トップページ | もっとカンタービレ第4回 色彩と光 フランス室内楽集 »

コメント

小生のところにも、今日、「CADENZA」が届きました。
表紙は図柄もそうですが、凝ったビニル・コーティング?も施されて、何度も手触りの質感を楽しみ、
しげしげ眺めてしまいました。意表を突くアイデア満載で、他人(ヒト)に見せたくなります。

Covariantさま
そうでした!書くのを忘れていたのですが,今回の表紙の紙質にも驚きましたね。冒頭のインタビューにも書かれていたのですが,この秋は,井上音楽監督はショスタコーヴィチの全曲演奏会に燃えていらっしゃいましたが,金沢でも井上さん指揮によるショスタコーヴィチを聞かせて頂きたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/17367087

この記事へのトラックバック一覧です: CADENZA 2008.1-3:

« 菊池洋子&木管五重奏 | トップページ | もっとカンタービレ第4回 色彩と光 フランス室内楽集 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック