OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 金澤攝「サン=サーンスの隣人たち」公演の延期について | トップページ | 菊池洋子&木管五重奏 »

2007/12/09

メサイア公演

今日は,年末恒例の北陸聖歌合唱団とOEKによるヘンデル作曲「メサイア」の公演に出かけてきました。金沢ではここ数年,OEKが第9交響曲を演奏することがありませんので(全国的にかなり珍しいオーケストラかもしれません),私にとって年末と言えば「メサイア」です。こちらの方が欧米の標準に近いかもしれません。

今回は昨年に続いてゲアノート・シュマルフスさんの指揮で,ハイライト版で演奏されました。クリスマスに相応しい第1部はほぼ全曲演奏し,第2部,第3部の方は有名曲のみを演奏するという感じでしたが,最後のアーメン・コーラスをはじめ,正統的かつ熱い演奏を聞かせてくれました。

独唱者は皆さん良かったのですが,今回初登場のメゾ・ソプラノの小泉詠子さんが特に印象的でした。小泉さんは金沢出身で,3月に金沢歌劇座で行われる「カルメン」で主役を歌うことになっていますが,瑞々しさと落ち着きを兼ね備えた素晴らしい歌でした。

前半は北陸学院の学生によるハンドベルとOEKエンジェルコーラスと北陸学院によるクリスマス・ソング集が演奏されました。こちらも大変気持ちの良い演奏でした。演奏会の方はその分,かなり長くなってしまいましたが,クリマス気分に一足早く浸ることのできた公演でした。

« 金澤攝「サン=サーンスの隣人たち」公演の延期について | トップページ | 菊池洋子&木管五重奏 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/17323097

この記事へのトラックバック一覧です: メサイア公演:

« 金澤攝「サン=サーンスの隣人たち」公演の延期について | トップページ | 菊池洋子&木管五重奏 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック