OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2007年10月21日 - 2007年10月27日

2007/10/27

井上道義さんのインタビュー記事

OEK音楽監督の井上道義さんのインタビュー記事を次のサイトから読むことができます。

WEBぶらあぼ クラシック音楽情報サイト

OEKについては,「日本一給料のいいオーケストラにしたい」といった井上さんならではの表現があります。ショスタコーヴィチの交響曲のチクルスの話題が中心ですが,とても面白い内容となっていますので,是非お読み下さい。

最近の雑誌から

レコード芸術11月号
ウェーバー作品集のCD評

音楽の友11月号
9月21日の井上道義さん指揮の定期公演評
9月2日の岩城宏之メモリアル・コンサートのレポート

ぶらあぼ11月号
井上道義さんのインタビュー記事

2007/10/25

「指揮者岩城宏之最後のタクト」再放送

昨年の12月31日にテレビ朝日で放送された「指揮者岩城宏之最後のタクト」という番組が平成19年度芸術祭参加番組として,10月27日(土)午前1時35分から北陸朝日放送で再放送されます(26日(金)の深夜ということになります)。

この番組は,テレビ朝日系列の番組の最高の賞である「PROGRESS賞」の2007年度最優秀賞を受賞することも決まっているとのことです。全国放送での放送は未定とのことですが,石川県の方は是非(録画で)ご覧になって下さい。

2007/10/24

ナッセンさん登場

オリヴァー・ナッセンさん指揮のOEK定期公演に出かけてきました。ナッセンさんが登場するのは2回目のことですが,何と言っても...大きな方です。このナッセンさん指揮で演奏された曲は,ナッセンさん自身の曲,コープランドのアパラチアの春,ブリテンのチェロ交響曲ということで,20世紀の曲が並びました。最近,OEKの定期公演では,古典派からロマン派の曲が演奏されることが多かったので,とても新鮮な感じがしました。

演奏された曲の中では,やはり後半に演奏されたブリテンのチェロ交響曲が非常に歯ごたえのある曲でした。OEKの通常編成にトロンボーン,チューバ,打楽器をいくつか追加しないと演奏できない曲ですが,冒頭から大変ものものしい響きの連続でした。アンシ・カルツネンさんのチェロは,荒々しさよりも知的な密度の高さを感じさせるもので,この曲の持つ大仰な感じをスマートなものにしていました。弱音で素早い動きを聞かせる部分など,とても技巧的な曲ですが(ロストロポーヴィチが初演した曲です),そのことを全く感じさせない,見事な演奏でした。

前半は,ナッセンさん自身の小品(あっという間に終わってしまった感じでした)の後,アパラチアの春が演奏されました。この曲は過去数回OEKも取り上げていますが,ナッセンさんの指揮は体格の割りに(?)とても緻密なもので,透明感あふれる冒頭部,キレの良いリズム,素朴な民謡の変奏で大きく盛り上がる終盤までとてもくっきりと情景が描き分けられていました。最後の部分は,本当にデリケートで,まさに絶妙という感じの演奏となっていました。

演奏後はサイン会が行われましたが,間近で見るナッセンさんは...大きかったです。ナッセンさん指揮の武満作品集のCDにサインしてもらったのですが,ジャケットの写真を見て「New cover?」などとおっしゃられていましたので,「This is Japanese version」などと適当に答えておきました。何故か最後には握手などしてしまいまったのですが,良い思い出になりました。

2007/10/23

弦楽四重奏でめぐるモーツァルトの旅その8

今日は音楽堂の方では,池辺さんとオリバー・ナッセンさんとのトークが行われていたようですが,私の方は金沢蓄音器館でシリーズで行われている「弦楽四重奏でめぐるモーツァルトの旅」の方に出かけてきました。

今回はこれまでとちょっと趣向を変え,ジークフリート・ヒューリンガーさんというウィーン交響楽団で活躍されていた方がゲスト・ヴィオラ奏者として加わっていました。前半,いつもどおり弦楽四重奏曲を演奏した後,後半は弦楽五重奏曲の演奏ということになりました。

そのこともあり,今回は,大変なお客さんの入りでした(もしかしたらこれまで最高?)。何となくラッシュアワーのバスに乗っているような感じで,前半の「不協和音」の方はボーッとなってしまったのですが,後半の五重奏は,本当に素晴らしい演奏でした。

ヒューリンガーさんが加わることで,品の良い香りのする香水を1滴たらしたように,音楽のふくよかさが増していました。今回演奏されたのは,ハ短調の曲でしたが,暗さよりも音の充実感とおおらかさを強く感じました。

このシリーズもこれで8回目が終わったのですが,いよいよ残りは,20番から23番の4曲ということになります。今回ゲスト出演された,ヒューリンガーさんは,今回,プライベートに金沢を訪れていたのですが,蓄音器館の人脈を通じて,本当にうまい具合に共演が実現しました。この縁を生かして,弦楽四重奏曲のシリーズの後は,是非,ヒューリンガーさんを加えての弦楽五重奏曲の続編を聞いてみたいと思いました。

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック