OEKのCD

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 金沢フォーラスでもラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 最近の雑誌から »

2008/04/26

第240回定期公演

ラ・フォル・ジュルネ金沢前夜の石川県立音楽堂で,OEKの第240回定期公演が行われました。今回は,ラルフ・ゴトーニさんのピアノと指揮で,エルガー,モーツァルト,シュニトケの作品が演奏されました。現代曲と古典を40人編成で演奏するという内容で,非常にOEKらしい内容の公演でした。

ラルフ・ゴトーニさんは,北欧出身の方でイギリス室内管弦楽団の指揮者及びピアニストとして活躍されている方です。OEKとは,2006年のオーストラリア公演で客演指揮をされたことがありますが,金沢に来られるのは今回が初めてかもしれません。

北欧出身という先入観もあるのか,この日のOEKの音色が寒色系で,とても引き締まった音に聞こえたのが印象的でした。コンサート・ミストレスのアビゲイル・ヤングさんとは,恐らく,おなじみの方だと思うのですが,引き振りの曲では,ヤングさんのリードとともに非常に充実した音楽を聞かせてくれました。

演奏された曲の中では,何と言ってもシュニトケのピアノ協奏曲がなかなか強烈な作品でした。どこかバルトークを思わせる激しい打鍵があったかと思うと,古典的な雰囲気になったり,一筋縄では行かないような作品でした。ゴトーニさんは,シュニトケを非常に熱心に取り上げている方ということで,クールさんの中に熱い情熱を感じさせてくれました。

この日はアンコール曲が2曲演奏されたのですが(ピアニストとしてと指揮者として),この2曲ともが大変面白い曲でした。これはまた後でご紹介しましょう。

« 金沢フォーラスでもラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 最近の雑誌から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/41000484

この記事へのトラックバック一覧です: 第240回定期公演:

« 金沢フォーラスでもラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 最近の雑誌から »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック