OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« まさに熱狂!本公演一日目 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢最終日:まだ人が入った!もう満杯!こんなにファンがいたのか! »

2008/05/04

熱狂の日 本公演2日目:これが金沢スタイルだ!

0504_2 05042_2

ラ・フォル・ジュルネ金沢,本公演2日目に出かけてきました。今日は1日目ほど慌しいことはせず,途中,交流ホールでの公演を聞いたりしながら,5公演聞きました(これでもかなりのものですが)。

今日の公演の中では何と言っても井上さんとOEKが登場したコンサートホールでの2公演が記念碑的公演となりました。「英雄」の前で特別に井上さんが「岩城さんは,こういう日が来ることを待っていたのでは」といったスピーチをしました。それもそのはずで,通常の座席は3階まで満席,ステージ上もOEKメンバー以外は全部お客さんという状態になっていました。これはちょっと感動的な光景でした。実は私も「ものは試しに」とステージ席に座ってみましたので,奏者側の視点で感動してしまいました。この場所に座っていた人の多くは携帯やデジカメで記念撮影をしていましたが,この辺も「熱狂に免じて」か,特におとがめなしでした。

恐らく,ブログなどを作っている人は私のような感じで写真を載せたくなるのではないかと思います。もしかしたら,この「やってはいけないことを,熱狂にまぎれてやってしまう」という感覚は,この音楽祭の重要なポイントなのではないかと感じました。

この席に座ってみて,まず,いつもとオーケストラの響きが違うのが大変面白かったのですが(ティンパニとコントラバスの音が大変よく響くことを実感),オーケストラとは何かということもよくわかった気がしました。オーケストラとは,精密機械だと思いました。各楽器が実に精密に音を出しているなぁと思いました(これはOEKの素晴らしさなのかもしれませんが)。そしてやはり指揮者の力はすごいと思いました。精密機械をどう動かすかは指揮者のふるまい次第だと思いました。

今日の最終公演の,庄司さんが登場したヴァイオリン協奏曲も非常に集中力の高い演奏で,最後の音が終わった後の拍手の盛大さはすごいものがありました。演奏はこの拍手のための前奏だったのでは,と思ってしまいました。

というわけで,いよいよ明日が最終日です。OEKには是非,東京公演でもこの金沢の熱気を身に付けて行って欲しいものです。

« まさに熱狂!本公演一日目 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢最終日:まだ人が入った!もう満杯!こんなにファンがいたのか! »

コメント

私も英雄のとき、ステージ上で聴きました。
念願のティンパニの後ろだったので感動しました。カッコよかったです。音が全然違って聞こえて、音楽的には×でしたが、この感動って二度と味わえないのでは?と思います。
本当に感謝感謝です。

 初めまして、私も行ってきたLFJKに関する記事を見つけたので書込みさせていただきます。

 私はこの四日のみですが会場へ足を運びました。室内楽中心に回っていたので、英雄にここまで聴衆が集まったのかと知ってもう驚嘆です。その時私は「クロイツェル」を聴いていました。

 この日は、個人的にはイザイ弦楽四重奏団がベストだと感じて、もうこれ以上何も聴けないと思い帰宅したのですが、貴ブログを読み、ヴァイオリン協奏曲も聴けば良かったかなと少し反省。

 本当にルネ・マルタン氏や井上道義さんたちに金沢でクラシック音楽祭を開催してくれたことに心から感謝したいですね。

みなさん,コメントをありがとうございます。この日の「英雄」ですが,井上道義さんのサイトに書かれているメッセージによると,「私のエロイカ史に残る演奏」とのことです。やはり,会心の出来だったようですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/41091372

この記事へのトラックバック一覧です: 熱狂の日 本公演2日目:これが金沢スタイルだ!:

« まさに熱狂!本公演一日目 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢最終日:まだ人が入った!もう満杯!こんなにファンがいたのか! »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック