OEKのCD

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« もっとカンタービレ第8回 | トップページ | 池辺先生,檀ふみさん,そして秋川さん »

2008/06/29

群馬交響楽団&OEKジョイント公演

今日は,群馬交響楽団とOEKの合同による定期公演Mが行われました。大編成によるオール・チャイコフスキープログラムということで,いつもの定期公演にはない,たっぷりとした響きを満喫できました。

メインで演奏された交響曲第4番は,ゆっくり目のテンポでオーケストラを鳴らしきったような演奏でした。前半と後半で座席換えをするという,面白いことをしていましたが,「年に一度の大編成」という感じの伸び伸びとした喜びに満ちた演奏になっていました。やはり,井上道義さんは,お祭り男です。乗せるのが巧いです。

2曲目に演奏されたピアノ協奏曲第1番でのジルベルシュタインさんの演奏も見事でした。この演奏も余裕たっぷりで,ヴィルトーゾぶりをしっかりと聞かせてくれました。1曲目のアビゲイル・ヤングさんのソロも安心して楽しむことができました。

その他,井上さんならではのアイデアが満載されていたのですが...これはまた後でしっかりご紹介しましょう。
本当にミッキーさんのコンサートは何が出てくるかわかりません。

« もっとカンタービレ第8回 | トップページ | 池辺先生,檀ふみさん,そして秋川さん »

コメント

 hs様、お久しぶりです。仕事の状況もあり、しばらくOEKから足が遠のいてしまいました。
 この定期から、少しづつ復活していきたいと思っています。
 さて、群響との合同によるチャイコフスキー、予想以上にノリノリで、目が(耳が?)覚める感動でした。
 普段、どうしても「小こじんまりとした」演奏会という印象なのは、OEKの編成上、止むを得ないのですが、たまに、ホールからあふれるような爆演をやっていただくと、聴いている私たちはもちろん、OEKのメンバーの方々も、ある種、日頃のストレス解消になったのではないでしょうか。
 もっとも、一番、ノリノリだったのは、マエストロ井上氏だったような気がしましたが。
 秋にはクレーメルのオケと、第九やシベリウスも予定されているようなので、そちらも、また、是非聴いてみようと思います。

めの・もっそさん,こんにちは。
群響との合同演奏は,オール・チャイコフスキーということで,盛り上がりましたね。高崎市と金沢市とは北陸新幹線が完成すると,相当近くなるようなので,是非,「祝開通・合同演奏会」に期待したいと思います。そのときは,井上さんの指揮で,マーラーの交響曲など聴いてみたいものです。例のハンマー入る,第6番などどうでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/41683751

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬交響楽団&OEKジョイント公演:

« もっとカンタービレ第8回 | トップページ | 池辺先生,檀ふみさん,そして秋川さん »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック