OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« OEKの2008~2009年の定期公演シリーズ | トップページ | 最近の雑誌から »

2008/06/20

ヴェンツェル・フックス+沼尻竜典/OEK

今日は久しぶりにOEKの定期公演に出かけてきました。コンサートホールでOEKを聞くのは1ヶ月半ぶりぐらいですが,やっぱりオーケストラはいいものです。今回は,前半はベルリン・フィルの首席クラリネット奏者のヴェンツェル・フックスさんの独奏によるクラリネット協奏曲2曲,後半はベートーヴェンの交響曲第2番というプログラムでした。

フックスさんとOEKは既にCDを2枚作っていますが,相変わらず完成度の高い演奏を聞かせてくれました。特にモーツァルトの協奏曲の第2楽章での弱音の表現力の多彩さには感嘆しました。ウェーバーの協奏曲第2番のフィナーレでの,これ見よがしの技巧にも協奏曲を聞く楽しさが満ちていました。

後半のベートーヴェンの交響曲第2番といえば,ラ・フォル・ジュルネ金沢のオープニングを思い出します。沼尻さんの指揮も大変エネルギッシュでしたが,常に音楽の折り目正しさを失うことがなく,大変気持ちの良い音楽を楽しむことができました。後半2楽章の充実感も素晴らしく,聞きごたえたっぷりでした。第4楽章のフィナーレなど非常に明晰で圧倒的な盛り上がりを築いていました。

沼尻さんと言えば,若手指揮者という印象があったのですが,余裕たっぷりの音楽を聞いて,すっかり円熟した指揮者になったと感じました。

« OEKの2008~2009年の定期公演シリーズ | トップページ | 最近の雑誌から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/41593735

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェンツェル・フックス+沼尻竜典/OEK:

« OEKの2008~2009年の定期公演シリーズ | トップページ | 最近の雑誌から »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック