OEKのCD

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« テレメンタリー2008「熱狂の日」がやってきた | トップページ | 今度は松本市と交流 »

2008/07/17

弦楽四重奏曲でめぐるモーツァルトの旅 その11

クワルテット・ローディによる,モーツァルトの弦楽四重奏曲の全曲演奏シリーズの第11回目に出かけてきました。今回22番が演奏されましたので,残りあと1曲となりました。

前半,モーツァルトらしからぬハ短調のアダージョとフーガが演奏された後,いつもにも増して充実した大村さんのトークを堪能しました。また,あと1回ということでメンバーの皆さんから「モーツァルトシリーズに参加して...」というお題による感想を聞くことができました。演奏者の皆さんにとっても有意義なシリーズだったことがよく伝わってくるようなお話でした。

後半に演奏された22番の弦楽四重奏曲は,プロシア王セット第2番にあたります。ハイドン・セットよりは,シンプルな感じですが,チェロによる美しいメロディをはじめ,大変聞きごたえのある演奏でした。クワルテット・ローディの演奏は,1音もおろそかにしないようなじっくりとした雰囲気の演奏でした。後期に入り,ますます,息の合った演奏を楽しむことができました。

最終回は9月3日ということで,夏休みが終わった後に是非聞きに行きたいと思います。

« テレメンタリー2008「熱狂の日」がやってきた | トップページ | 今度は松本市と交流 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/41888035

この記事へのトラックバック一覧です: 弦楽四重奏曲でめぐるモーツァルトの旅 その11:

« テレメンタリー2008「熱狂の日」がやってきた | トップページ | 今度は松本市と交流 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック