OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2009のテーマはモーツァルト | トップページ | 金沢のCDショップ事情2 »

2008/09/10

岩城宏之メモリアル・コンサートで新シーズン開幕

2008~2009年の定期公演シリーズは,「岩城宏之メモリアル・コンサート」で開幕しました。この日の主役は,今年の岩城宏之音楽賞受賞者の荒井結子さんで,ハイドンのチェロ協奏曲第2番を見事に聞かせてくれました。この曲は,高音部が続出する難曲ですが,密度の高い音色でじっくりと聞かせてくれました。井上道義さん指揮OEKの伴奏も,新人をサポートする気分に満ちた暖かなものでした。

今回の公演のもう一つの注目は,三枝成彰さんの「イカの哲学」です。曲のタイトルとしては(本のタイトルとしてもですが),何とも珍妙なタイトルですが,曲の内容の方も型破りのものでした。ナレーション付きのピアノ協奏曲というのがまず独創的です。曲の冒頭から速く強烈なピアノの打鍵が続き,木村かをりさんは大変だったと思います。オーケストレーションも華やかで,中沢新一さんによる,「哲学的」なシナリオと不思議にマッチしていました。

演奏会の最後はベートーヴェン交響曲第1番でした。この曲がメインに来るのは珍しいことですが,さすがベートーヴェンの曲です。大変爽快に締めてくれました。実演で聞くのは久しぶりのことでしたが,改めて良い曲だと実感しました。

そして,最後にアンコールとして,井上道義さんからのプレゼントのような小品が演奏されました。私自身,今年になって30回ぐらいは聞いている,あの曲です。

というようなわけで,幸福感に満ちたとても良い雰囲気の演奏会になりました。

PS.この日もCD録音を行っていました。あの「イカの哲学」がどう収録されているか大変楽しみです。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2009のテーマはモーツァルト | トップページ | 金沢のCDショップ事情2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/42438319

この記事へのトラックバック一覧です: 岩城宏之メモリアル・コンサートで新シーズン開幕:

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2009のテーマはモーツァルト | トップページ | 金沢のCDショップ事情2 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック