OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 宮川彬良withOEK POPS | トップページ | 第2回金沢歌劇座オペラ公演「ラ・ボエーム」 »

2008/12/06

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009の公式サイト・オープン

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009の公式サイトがオープンしました。
http://www.lfjk.jp/

今回はブログもあり,より充実した情報を得ることができそうです。

ちなみにラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの公式サイトも本日オープンしたようです。
http://www.lfj.jp/lfj_2009/

こちらのテーマは,バッハですが...めちゃくちゃ派手です。

« 宮川彬良withOEK POPS | トップページ | 第2回金沢歌劇座オペラ公演「ラ・ボエーム」 »

コメント

いよいよLFJ2の足音が聞こえてきましたね。今から本当に楽しみです。
さて私は1日から5日まで出張で東京にいました。
大のクラシック好きですから、アフターファイブはアルコールよりコンサートとなります。(笑)
残念ながら都響の定期はなかったのですが、すばらしいリサイタルがありました。
4日に浜離宮でアリスさんの、DGからCDリリース記念リサイタルを聴いてきました。
演奏曲は月光とCDに収録されているリストの超絶技巧練習曲全12曲です。
月光もすばらしかったのですが、リストのほうは、1曲でも演奏が大変むずかしいのに、全12曲を約70分かけて弾ききるという貴重なリサイタルでした。
しかし最初から驚愕の演奏に圧倒されました。第6曲目あたりからは曲間で汗を拭きながらの大熱演でした。
そして最後の雪あらしの演奏が終わった後、すぐに鍵盤から手を離されず、目を瞑ったまましばらく上を向いておられました。
この間、ホールは完全な静寂状態でまさに音無き音、至福のひとときでした。
そして鍵盤から手を離されるとブラボー、スタンディングオーベーション、拍手の嵐でした。
彼女も感激され涙ぐんでおられました。
そしてアンコールはラ・カンパネラでした。今まで何度か彼女のカンパネラを聴きましたが、今回は最高のカンパネラでした。
その後のサイン会は長蛇の列、満席だった浜離宮で、300人くらい並ばれたのではないでしょうか。
私もCDを買い、サインをもらうとき「1月の金沢での演奏、楽しみにしています。」と話しかけると「ありがとうございます。」と答えられました。
尚、当日配られたプログラムには、OEKとは国内、ヨーロッパの両方でツアーを実施すると記載してありました。
さらにミュンヘンフィルやサンクトペテルブルクフィルなどの有名どころからも、オファーを受けているようで、いよいよ大ブレークといったところでしょうか。
現在20歳ですばらしい技術と抜群のステージプレゼンスを誇り、21世紀にとてつもないピアニストになられる予感がします。
購入したCDは明るく、低音から高音までメリハリの利いたクリアなサウンドで、大変すばらしい出来栄えです。
以上、まだ投稿したいことはあるのですが、大変な長文になってしまい申し訳ありません。
リストの超絶技巧練習曲全12曲を、生で聴ける機会はめったにありません。
本当にすばらしいリサイタルでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/43331787

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ金沢2009の公式サイト・オープン:

« 宮川彬良withOEK POPS | トップページ | 第2回金沢歌劇座オペラ公演「ラ・ボエーム」 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック