OEKのCD

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« シエナ・ウインド・オーケストラ金沢公演 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2009の公式サイト・オープン »

2008/12/05

宮川彬良withOEK POPS

今日は,宮川彬良さんが登場したOEKのファンタジー公演を聞いてきました。宮川さんが登場するのは,1年ぶりのことですが,前回は職場の忘年会と重なって聞けなかったので,私のとって,今回の公演は待望の公演ということになります。

前半は宮川さんの多彩で時にユーモアを交えた編曲作品の数々,後半では宮川さん作曲による合唱組曲「少年の時計」が演奏されました。演奏の間には,宮川さんの絶妙のトーク満載で,大変充実した内容でした。中で面白かったのは,「小像の行進」でした。ボトラーズという謎の2人組が登場し,この曲のオリジナルに出てくる,独特の音色をコーラのビンを吹くことで再現していました。抱腹絶倒の宴会芸風ではあったのですが,見事な演奏になっていました。詳細は後でご紹介しましょう。

後半に演奏された「少年の時計」は,宮川さん自身,「私の本心です」と語っていた曲で,少しノスタルジックで親しみやすい気分に溢れていました。OEKエンジェルコーラス等との共演でしたが,これからも児童合唱のレパートリーとして残っていく曲集だと思いました。

最初に演奏された「OEKポップスのテーマ」ですが,今回タイトルを公募していました。私もひらめいたものを一つ投票してきましたが,一体どういうタイトルになるか楽しみです。

« シエナ・ウインド・オーケストラ金沢公演 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2009の公式サイト・オープン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮川彬良withOEK POPS:

« シエナ・ウインド・オーケストラ金沢公演 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2009の公式サイト・オープン »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック