OEKのCD

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008年9月7日 - 2008年9月13日

2008/09/12

金沢のCDショップ事情2

先日は,Classic Yamachikuさんの情報をお知らせしましたが,金沢市街地に残った唯一と言っても良いCDショップであるタワーレコード金沢店についての情報です。

以下のとおり,10月25日から金沢駅前のフォーラスの方に移転になります。
http://www.towerrecords.jp/store/store39.html

タワーレコードといえば,ラ・フォル・ジュルネ関連の企画物CDを色々と出していますので,石川県立音楽堂付近への出店というのは歓迎したいと思います。

#ただし,香林坊付近がますます寂しくなりますね。出かける用事がなくなりそうです。

来年のラ・フォル・ジュルネ金沢では,次のCDなどが大々的に販売されそうですね。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=945444&GOODS_SORT_CD=102

2008/09/10

岩城宏之メモリアル・コンサートで新シーズン開幕

2008~2009年の定期公演シリーズは,「岩城宏之メモリアル・コンサート」で開幕しました。この日の主役は,今年の岩城宏之音楽賞受賞者の荒井結子さんで,ハイドンのチェロ協奏曲第2番を見事に聞かせてくれました。この曲は,高音部が続出する難曲ですが,密度の高い音色でじっくりと聞かせてくれました。井上道義さん指揮OEKの伴奏も,新人をサポートする気分に満ちた暖かなものでした。

今回の公演のもう一つの注目は,三枝成彰さんの「イカの哲学」です。曲のタイトルとしては(本のタイトルとしてもですが),何とも珍妙なタイトルですが,曲の内容の方も型破りのものでした。ナレーション付きのピアノ協奏曲というのがまず独創的です。曲の冒頭から速く強烈なピアノの打鍵が続き,木村かをりさんは大変だったと思います。オーケストレーションも華やかで,中沢新一さんによる,「哲学的」なシナリオと不思議にマッチしていました。

演奏会の最後はベートーヴェン交響曲第1番でした。この曲がメインに来るのは珍しいことですが,さすがベートーヴェンの曲です。大変爽快に締めてくれました。実演で聞くのは久しぶりのことでしたが,改めて良い曲だと実感しました。

そして,最後にアンコールとして,井上道義さんからのプレゼントのような小品が演奏されました。私自身,今年になって30回ぐらいは聞いている,あの曲です。

というようなわけで,幸福感に満ちたとても良い雰囲気の演奏会になりました。

PS.この日もCD録音を行っていました。あの「イカの哲学」がどう収録されているか大変楽しみです。

2008/09/09

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009のテーマはモーツァルト

OEK公式ホームページによると,ラ・フォル・ジュルネ金沢2009のテーマが「モーツァルトと仲間たち」に決まったとのことです。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2008/09/2008.html#more

恐らく,皆様の「予想通り」だと思います。東京のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの方はバッハがテーマということで,ある意味,金沢の方が集客しやすいような気もします。OEKfanでもしっかりと応援していきたいと思います。

もっとカンタービレ第9回 カンタービレスペシャル 江尻南美&OEK

OEKの2008~2009年のシーズンは明日9月10日から始まりますが,その前夜祭のような感じで,「もっとカンタービレ」第9回が行われました。今回は”スペシャル”ということで,ピアニストの江尻南美さんをゲストに招き,東欧の音楽を中心としたプログラムの演奏会が行われました。

前半は江尻さんの独奏,後半はOEKと江尻さんの共演という構成でしたが,選曲が見事でした。ドヴォルザークのピアノ五重奏曲がいちばんボリュームのある曲でしたが,それから派生するように,チャイコフスキーのドゥムカが前半に演奏されたり,演奏会全体としてストーリーと統一感が感じられました。

前半の曲では,このドゥムカとバラキレフのイスラメイが特に鮮やかな演奏でした。江尻さんは金沢にゆかりのある演奏家ということで,再度,金沢での公演に期待したいと思います。アンコールで演奏されたショパンのノクターンも絶品でした。

後半のドヴォルザークの五重奏曲は,大変贅沢な雰囲気のある曲です。次から次へと音楽が湧き出てくるような素晴らしい演奏でした。演奏会の最後のマルティヌーの「調理場のレビュー」という曲でした。ヴァイオリン,チェロ,トランペット,ファゴット,クラリネット,ピアノという不思議な編成で,ストラヴィンスキーの「兵士の物語」を意識したような,ちょっとグロテスクで軽妙な曲でした。こういう珍品を楽しめるのもこのシリーズならではです。

今シーズンも,定期公演だけでなく,室内楽シリーズの方も聞き逃せない公演が続きそうです。

2008/09/07

9月15日 OEK第9 チケット情報

OEKfanの読者の方から「チケット情報」の掲載依頼がありましたので,転載します。
-------------------------------------------------------------------
お譲りします 9月15日(月) ベートーヴェン 交響曲 #9 1枚

9月15日(月) ベートーヴェン 交響曲 #9
開演 15:00@金沢(県立音楽堂)

B席(@4,000円)3階 8列 センター

急な所用で、行けなくなりました。
ご都合の良い方に上記のチケットを、\2,000円(送料 当方負担)程でお譲りいたします。

ご気軽に、ご連絡ください。その他相談にて。

追伸 第247回 定期公演PH(9月18日(木))ギドン・クレーメル (Vn) のチケットと交換も大歓迎です。よろしくお願いします。

照会先: T_M 
e-mail: svetlanov@inter7.jp

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック