OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

2008年9月21日 - 2008年9月27日

2008/09/27

金沢エキコンに行ってきました

金沢エキコンに井上道義さんとOEKメンバーが登場するということで,今回初めてこのコンサートに出かけてきました。OEKの方はさすがにフル編成ではなく,弦楽メンバーを半分ほどに減らしての編成でしたが,それでもチャイコフスキーの弦楽セレナーデのワルツ,武満さんのワルツなどOEKのお得意の曲など小品7曲を聞かせてくれました。

タテ看によると,「祝・ラ・フォル・ジュルネ金沢2009」ということで,テーマであるモーツァルトの作品をもっと演奏するのかと思ったのですが,最初に演奏したK.136のディヴェルティメントの第1楽章だけでした。

このコンサートですが,井上さんが登場するということもあって,かなり大勢のお客さんが集まっていました。私は比較的前の方に居たので全貌は分かりませんでしたが,コンコースは黒山の人だかりになっていました。

今回,いちばん素晴らしいな,と思ったのは井上さんのトークです。各曲の間すべてにトークが入りましたが,指揮姿同様,お客さんをぐっと引き付ける力があります。今回の30分の無料コンサートは,半分はラ・フォル・ジュルネ金沢の予告編のようなものだったと思いますが,井上さんを間近で見て,OEKを間近で聞いて,「また来たい」と思った人は多かったのではないかと思います。絶好のPRとなったイベントでした。

最近の雑誌記事

音楽の友10月号
・OEKヨーロッパツァーの記事(カデンツァの最新号同様,山崎睦さんが執筆されています。ざっと眺めただけですが,同様の同じ内容だと思います)
・7月26日のヨーロッパツァー”壮行”定期公演の評
・ヴェンツェル・フックス&沼尻/OEKのCD評

音楽現代10月号
・井上道義音楽監督のインタビュー記事。OEKがどういうオーケストラになって欲しいか,どういう団員であってほしいか...といった大変興味深い内容です。OEK団員については,個人活動を推奨し,演奏するだけではなく,その魅力をお客さんに広められる人を期待という点が特に印象に残りました。
・ゴトーニ/OEKのCD評

レコード芸術10月号
ヴェンツェル・フックス&沼尻/OEKのCD評

モーストリー・クラシック11月号
OEKとは直接関係ありませんが,石川ミュージック・アカデミー関連の記事が掲載されていました。2ページに渡るカラー写真入りの記事です。その成果を高く評価していますが,最後は,さらなるPRの必要,そして,他のイベントとの連携の必要で結んでいます。

2008/09/25

金沢エキコンに井上道義指揮OEKが登場

井上道義さんとOEKの国内演奏旅行も無事終了したようです。その旅の締めくくりのような感じで,JR金沢駅でOEKの演奏が行われます。

次の写真のとおり,来年の「ラ・フォル・ジュルネ金沢2009」のテーマにちなんで,モーツァルトの曲が演奏されます。金沢駅のどの場所で行われるかわかりませんが,駅に出かける方は,是非お立ち寄り下さい。

日時:9月27日(土) 17:30~
場所:金沢駅構内 
入場無料

ちなみにこの情報ですが,金沢駅の立看板にしか情報が掲載されていないようです。JR金沢駅のイベント情報のようなページが欲しいところですね。

Ekikon

2008/09/24

兼六園周辺文化の森ミュージアムウィーク

このところ金沢の美術館といえば「金沢21世紀美術館」の活躍ばかりが目立っていましたが,この秋,石川県立美術館もリニューアルされました。それにあわせるように,石川県立の美術館・博物館等の施設で,無料のコンサートが行われる「ミュージアム・ウィーク」という企画が,10月1日~8日にかけて,以下のとおり,行われます。

http://www.pref.ishikawa.jp/muse/bunkanomori/event/museum%20week2008(p).html

この中でOEKのメンバーが登場するのは,3日に県立能楽堂で行われる弦楽四重奏と2日に県立美術館で行われる木管メンバーによる室内楽です。

音楽鑑賞の後,周辺を散策するというのも良さそうですね。

http://www.pref.ishikawa.jp/muse/bunkanomori/index.html


2008/09/21

クレメラータ・バルティカ@金沢21世紀美術館

”クレーメル・ウィーク”の最後は,金沢21世紀美術館での定例の室内楽コンサートでした。結局,今週は15日の第九,18日の定期公演,20日の赤羽ホール公演,21日の美術館公演と4回もクレメラータ・バルティカの皆さんの参加する演奏を聞いていしまいました(17日には,クレーメルさんと池辺晋一郎さんのトークがありましたが,これだけは参加しませんでした)。

この21世紀美術館でのコンサートの良い点は,クラシック音楽を聞きに来たわけでない人がついつい聞いてしまう点です。この日も,最初の無伴奏曲が始まると,どこからともなく人が集まりだし,メンデルスゾーンの五重奏曲になるとさらに聴衆が増えました。KBの皆さんの演奏は相変わらず力強いもので,間近で聞くと大迫力でしが,恐らく,この迫力が多くのお客さんを集めたのだと思います。

それにしても21世紀美術館は,毎度のことながら,よく人が入っています。いろいろな世代の人たちが,気軽に室内楽を聞いている様子をみて,来年のラ・フォル・ジュルネ金沢は,きっとこういう感じになるのだろうな,と一瞬頭をよぎりました。

KBの皆さんは,再度,OEKと合流しての公演が続きますが,是非,金沢には再度来て欲しいと思います。

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック