OEKのCD

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »

2008年11月30日 - 2008年12月6日

2008/12/06

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009の公式サイト・オープン

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009の公式サイトがオープンしました。
http://www.lfjk.jp/

今回はブログもあり,より充実した情報を得ることができそうです。

ちなみにラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの公式サイトも本日オープンしたようです。
http://www.lfj.jp/lfj_2009/

こちらのテーマは,バッハですが...めちゃくちゃ派手です。

2008/12/05

宮川彬良withOEK POPS

今日は,宮川彬良さんが登場したOEKのファンタジー公演を聞いてきました。宮川さんが登場するのは,1年ぶりのことですが,前回は職場の忘年会と重なって聞けなかったので,私のとって,今回の公演は待望の公演ということになります。

前半は宮川さんの多彩で時にユーモアを交えた編曲作品の数々,後半では宮川さん作曲による合唱組曲「少年の時計」が演奏されました。演奏の間には,宮川さんの絶妙のトーク満載で,大変充実した内容でした。中で面白かったのは,「小像の行進」でした。ボトラーズという謎の2人組が登場し,この曲のオリジナルに出てくる,独特の音色をコーラのビンを吹くことで再現していました。抱腹絶倒の宴会芸風ではあったのですが,見事な演奏になっていました。詳細は後でご紹介しましょう。

後半に演奏された「少年の時計」は,宮川さん自身,「私の本心です」と語っていた曲で,少しノスタルジックで親しみやすい気分に溢れていました。OEKエンジェルコーラス等との共演でしたが,これからも児童合唱のレパートリーとして残っていく曲集だと思いました。

最初に演奏された「OEKポップスのテーマ」ですが,今回タイトルを公募していました。私もひらめいたものを一つ投票してきましたが,一体どういうタイトルになるか楽しみです。

2008/12/03

シエナ・ウインド・オーケストラ金沢公演

今日は,金聖響さん指揮シエナ・ウィンド・オーケストラによる,ガーシュインとコープランドの曲ばかりを取り上げた演奏会に出かけてきました。会場は,石川厚生年金会館でした。金聖響さんといえば,すっかりOEKの指揮者というイメージがありますが,実は,シエナ・ウィンド・オーケストラとの共演も多く,CDも数枚発売されています。今回はアメリカの作品ばかり取り上げたプログラムということで,いつもと違った気分で演奏会を聞きにいってきました。

石川厚生年金会館ホールは,音響的にはベストとは言えないホールですが,さすが吹奏楽の響きはパワフルで,どの曲もしっかりとした響きを楽しむことができました。重厚さのある,コープランドのファンファーレに続き,ガーシュインの曲2曲が演奏されました。ラプソディ・イン・ブルーのピアノ独奏は外山啓介さんで,非常に現代的ですっきりとした演奏を聞かせてくれました。が,この曲については,もう少しひねくれた感じの演奏の方が面白いかなと思いました。

後半はコープランドの曲2曲でした。エル・サロン・メヒコとロデオという代表曲2曲が演奏されたのですが,実はつい最近,OEKメンバーによるアパラチアの春を聞いたばかりですので,何となくコープランドづいている感じです。両曲とも,馬から落馬しそうな感じのする変拍子が面白い曲です。シエナの皆さんによるパリッとした健康的な響きも曲想にぴったりでした。特に最後に演奏された「ロデオ」が聞き物でした。4つの曲から成る組曲ということで,ちょっとした交響曲のような構成感があり,聞き応えがありました。プロフェッショナルの吹奏楽団ということで,音の溶け合い方も美しく,オーケストラを聞くのとほとんど同じ気分で演奏を楽しむことができました。

アンコールで,ガーシュインのストライク・アップ・ザ・バンドが演奏された後,シエナの定番アンコール曲である,「星条旗よ永遠なれ」が演奏されました。お客さんもステージに上って,勝手に共演してもOKということで,20名ぐらいの人がステージに乗っていました。佐渡裕さんの指揮によるこの曲の演奏をテレビで見たことがありますが,最後の部分で一気にテンポを上げ,全員が立ち上がって演奏するのは非常に高揚感がありました(ただし,厚生年金会館だと拍手の音がいまいち響かないのが残念です)。

この日は,お客さんの入りがあまり良くなかったのですが,それでも市内の学校の吹奏楽部らしき生徒の姿を大勢見かけました。彼らにとっては絶好のお手本になったと思いますが,恐らく,吹奏楽ファンのみならず,日頃はオーケストラを聞いている人にも楽しめる演奏会だったのではないかと思います。

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009カレンダー

Lfjk2009ラ・フォル・ジュルネ金沢2008の最後のステージの写真を使った,2009年のカレンダーが作られました。11月29日の定期公演会場で販売をしていました。左の写真のようなものです。

お客さんがぎっしりと詰まっている写真で,実は私自身もかすかに写っていましたので,購入してしまいました。大きさは3種類あり,OEK定期会員は100円引きで買うことができます。正確な値段は忘れましたが,私が購入したもの(A2ぐらいの大きさだと思います)は,300円→200円でした。

さすがにLFJK期間中は黄色く塗りつぶされています。写っている方は記念に1枚いかがでしょうか?

« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック