OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2008年12月14日 - 2008年12月20日 | トップページ | 2008年12月28日 - 2009年1月3日 »

2008年12月21日 - 2008年12月27日

2008/12/25

「音楽の友」読者アンケート「私の好きな指揮者、オーケストラ」

クラシック音楽関係の雑誌「音楽の友」で,「私の好きな指揮者,オーケストラ」というアンケートを行っています。雑誌を購入しなくても,次のページから応募できますので,OEKファンの皆様は(?),是非応募してあげてください。
http://www.ongakunotomo.co.jp/content/enquate2009/index.html

ただし...私は一応,応募してみたのですが,結構めんどうでした。特に前半の外国のオーケストラについての質問がめんどうでした。締め切りは1月30日で,結果は4月号に発表されるとのことです。

2008/12/23

県内のアマチュア・オーケストラの演奏会あれこれ

カデンツァの最新号の情報によると,次のとおり石川県内の大学のオーケストラとOEKとの合同演奏会が行われます。

第6回石川県学生オーケストラ&オーケストラ・アンサンブル金沢合同公演

日時=2009年3月1日(日)15:00開演 石川県立音楽堂コンサートホール 指揮者=シズオ・Z・クワハラ

この公演では,毎回,OEK単独では演奏できないような大曲が取り上げられるのが楽しみですが,今回は,ショスタコーヴィチ:交響曲第5番が演奏されます。

その他,石川県ジュニアオーケストラの第15回定期演奏会が次のとおり行われます。
日時=2007年3月29日(日)14:00開演 石川県立音楽堂コンサートホール
指揮はおなじみの鈴木織衛さんです。

その他,OEKとは関連ありませんが,個人的に次の公演にも注目しています。

金沢大学フィルハーモニー管弦楽団第69回定期演奏会

日時=2009年1月17日(土) 18:00開演 金沢歌劇座 指揮=齊藤一郎

小松シティ・フィルハーモニック 第10回定期演奏会
日時=2009年2月1日(日)14:00開演 こまつ芸術劇場うらら大ホール 指揮=野村幸夫 ピアノ=鶴見彩

金大フィルは,ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」を演奏するのですが,前半に演奏するハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」も実は楽しみです。スケートの浅田真央がフリーで使っている曲を生で聞くことができます。

小松シティ・フィルの方も,スケートでよく使われているラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏します。ソリストがOEKの定期公演にも登場したことのある鶴見彩さんということで,これも大いに期待したいと思います。メインで演奏される,チャイコフスキーの交響曲第5番はアマチュア・オーケストラの定期公演の定番といっても良い曲ですね。

「大曲を聞きたい」という方は是非お出かけください。

最近の雑誌から&カデンツァVol.24

最近の雑誌では次のようなOEK関係の記事が掲載されていました。

音楽の友1月号
11月29日のジョアン・ファレッタさん指揮の定期公演評

音楽現代1月号
11月14~15日 金聖響さん指揮の西宮で行われたブラームスチクルスの評

その他,石川県立音楽堂&OEK情報誌「カデンツァ」Vol.24が発行されたようです(音楽堂には行っていないのですが,金沢市立図書館に置いてありました)。

表紙は井上道義さんとルネ・マルタンさんとモーツァルト(?)ということで,2009年が「モーツァルトの年」であることを印象付ける内容となっています。アリス=紗良・オットさんと井上道義さんの対談も含め,充実した内容となっていました。

なお,このカデンツァですが,バックナンバーのPDFを次の場所で読むことができます。
http://www.oek.jp/cadenza.html

2008/12/21

メサイア・クリスマス公演

今日は年末というかクリスマス・シーズン恒例の北陸聖歌合唱団とOEKによる「メサイア」公演を聞いてきました。
半世紀以上に渡って金沢で「メサイア」だけを歌っている合唱団ということで、例年通り熱と感動のこもった歌を楽しむことができましたが、今年は、特にOEKの演奏がすばらしかったと思いました。

指揮者は柳澤寿男さんだったのですが、弦楽器をほとんどノンヴィブラートで演奏していたこともあり、聞いていてすがすがしさを感じました。大変若々しい気分のある演奏でした。その一方、チェンバロやオルガンも入った通奏低温も充実しており、曲全体に一本芯が通っているような強靱さを感じました。要所で出てくる、トランペットの祝祭的な響きも気分を盛り上げていました。

歌手では、女声2人が特に素晴らしいと思いました。特に朝倉あずささんは、金沢の「メサイア」に無くてはならない歌手です。毎年毎年見事な歌を聞かせて頂いているので、私などは、朝倉さんの声を聞かないとクリスマスを迎えられないという感じです。

今回、もう一つ面白かったのは,恒例のアンコールでの「きよしこの夜」です。昨年までどうだったかはっきり覚えていないのですが、ハンドベルとオーケストラと合唱の共演になっていました。そのせいもあり大変ゆったりとしてテンポでしたが、これまでにない感動的な雰囲気を作っていたと思います。

私にとっては、今年、OEKを聞くのはこの公演が最後になりそうです。1年間お疲れさまでした。

石川県立音楽堂公式サイトリニューアル

石川県立音楽堂のホームページのデザインが更新されました。
http://www.ongakudo.pref.ishikawa.jp/index.html
これまでは,本日または今月どういう公演を行っているかがパッと分からなかったのですが,トップページですぐに分かるようになりました。その他,カレンダー形式で一覧できるのも良いと思います。
http://www.ongakudo.pref.ishikawa.jp/cgi-bin/evviw.cgi

情報誌「カデンツァ」のページが出来たのも便利です。ただし,カラーの冊子のPDFですのでを表示させるのは少々時間がかかります。
http://www.ongakudo.pref.ishikawa.jp/cadenza/index.html

今後は,「このサイトオンリー」のコンテンツの充実に期待したいと思います。

« 2008年12月14日 - 2008年12月20日 | トップページ | 2008年12月28日 - 2009年1月3日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック