OEKのCD

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/31

バッハ無伴奏チェロ組曲を弾く(1)

今晩は石川県立音楽堂で,飯田みち代さんのオペラアリアの演奏会もあったのですが,久しぶりに金沢蓄音器館の方に行って,元OEKのチェロ奏者だった十代田光子さんによる無伴奏チェロソナタシリーズの第1回に出かけてきました。

先週の土曜日は湯涌温泉で第1番を聞いたばかりだったので,2週連続で無伴奏を聞いたことになります。今回は,3番と4番が演奏されましたが,このシリーズの特徴は,バロック・チェロを使った演奏だという点にあるようです。演奏を聞くまでは知らなかったのですが,通常のチェロの音よりは,音量が小さく,音色もかなり地味でした。ガット弦を使い,弓も現代のものとは違うものを使っていたようで,非常に優しい感じの響きでした。

通常のホールで演奏するには,少々広すぎるところがありますので,金沢蓄音器館で演奏するのにぴったりの企画といえそうです。キャンセル待ちのお客さんがでるほどの盛況でしたが,第2回以降にも期待したいと思います。

2009/01/30

3日連続,オーディション

定期公演が終わったばかりの石川県立音楽堂ですが,明日1月31日から3日連続で,公開オーディションが行われます。1月31日と2月1日が「ラ・フォル・ジュルネ金沢」関連の「モーツァルト・ピアノマラソン」のオーディション,2月2日の方が,北陸新人登竜門コンサートのオーディションです。

出演される方も大変ですが,審査員の方々もマラソンなみのスケジュールですね。それにしても,モーツァルト・マラソンの方の審査員は,中村紘子さん,若林顕さん,近藤嘉宏さん,菊池洋子さんということで,大変豪華メンバーですね。

時間等の詳細は公式ホームページ等をご覧ください。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/index.html

キタエンコさん登場

1月後半のOEK定期公演マイスターシリーズには,プリンシパル・ゲスト・コンダクターのドミトリー・キタエンコさんが登場しました。リムスキー=コルサコフの曲の間にプーランクのオルガン協奏曲が入るというプログラムは,OEKとしては,珍しいのですが,オーケストラとオルガンの充実した響きに満たされた,素晴らしい公演になりました。

今回のプログラムでまず,面白かったのは,シェエラザードが最初に演奏された点です。これは意表を突く構成でしたが,考えてみれば,スペイン奇想曲の方が賑々しく終わりますので,これで正解だったかもしれません。

OEKのシェエラザードといえば,岩城さんが車椅子で指揮した200回定期公演を思い出しますが,今回のキタエンコさんの指揮による演奏も大変じっくりとしたテンポで演奏されました。トロンボーンなどを増強していますので,通常よりは力強い響きが出ていましたが,特に前半の楽章では,管楽器を中心としたソロ楽器のフレーズのやり取りにじっと聞き入ってしまうような「室内楽的シェエラザード」という感じのする演奏でした。最終楽章での船が難破する部分でのティンパニの音がもの凄かったのも印象的でした。

そして,何と言ってもアビゲイル・ヤングさんのソロがお見事でした。このところ,コンサート・ミストレスとしてヤングさんが登場する機会が多いのですが,お客さんからも指揮者からも信頼度抜群の名リーダーと言っても良いと思います。

というわけで,OEKの奏者のソリスティックな面とオーケストラ全体としてのマスとしての響きの両者をたっぷりと味わうことができました。

プーランクのオルガン協奏曲が定期公演で演奏されるのは,これが初めてだと思いますが,まさに石川県立音楽堂とOEKのためのような曲です。おなじみの黒瀬恵さんのオルガンの荘重な響きに始まり,時に甘美に時に宗教的な気分を感じさせながら,この曲もまた,じっくりと聞かせてくれました。

最後に演奏された,スペイン奇想曲もゆっくり目のテンポでしたが,冒頭から脱力した気分があり,遠藤さんのクラリネットやヤングさんのヴァイオリンをはじめ,余裕たっぷりの演奏でした。リラックスした気分の中から所々聞こえてくる濃いスペイン情緒も大変魅力的でした。

アンコールには,仮面舞踏会を期待していたのですが,スペインつながりで,ビゼーのカルメン前奏曲でした。これもまた,たっぷりとした大らかな演奏で,贅沢な夜をしっかりと締めてくれました。

2009/01/29

ラ・フォル・ジュルネ金沢の話題あれこれ

1月26日に「ラ・フォル・ジュルネ金沢『熱狂の日』音楽祭2009」の第2回実行委員会が行われ,その内容が徐々に分かってきました。新聞記事を元にまとめてみました。

-もちろん,オーケストラ・アンサンブル金沢と井上道義音楽監督がホスト役
-出演オーケストラは5団体に
-「街なかコンサート」など、会場を金沢市中心部や富山、福井県内に拡大し、市民参加型のプログラムを実施
-4月28日午後7時から北国新聞赤羽ホールで行われる、前夜祭「熱狂の日ガラコンサート」で開幕
-4月29日 JR金沢、富山、高岡、福井の各駅構内や駅前で午前11時からオープニングイベント
-午後2時の石川県立音楽堂での開会式とOEKのコンサートで本格的な開幕
-計150公演(うち100が無料公演)
-高岡文化ホール,福井県立音楽堂でも有料公演
-福井県出身のバイオリニスト戸田弥生さん,OEKと何度も共演しているピアニスト菊池洋子さんらが出演
-出演者:スペインのビルバオ交響楽団指揮者のゴルカ・シエラさん,オーヴェルニュ室内管弦楽団,ストラディヴァリア弦楽四重奏団
-能とクラシックのコラボレーションや吹奏楽を今回も盛り込む
-チケットは3月1日から一般発売
-LFJ金沢フレンズ(メール会員)になれば、2月14~20日に先行予約も可能
-5月2~4日の公演は全席指定席

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090127-OYT8T00034.htm

北國新聞
http://www.hokkoku.co.jp/news/OD20090127501.htm

北陸中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20090127/CK2009012702000187.html

OEKのコンポーザー・イン・レジデンスにロジェ・ブトリーさん

今年のオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)のコンポーザー・イン・レジデンスに,ロジェ・ブトリーさんが就任しました。ブトリーさんは,かつて,パリのギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の指揮者として有名でしたが,作曲家としても有名で,今はなき「ローマ賞」も受賞されています。OEKへの客演も数回行っており,新曲のCD録音も残しています。次の記事によると,9月にサクソフォン協奏曲が初演されるようです。

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/toku/mado/CK2009011602000179.html?ref=related

2009/01/27

最近の雑誌から

最近の雑誌に掲載されているOEK関係の記事をピックアップしようと思ったのですが...今月は特に掲載されていないようでした。代わりに「ぶらあぼ」という無料配布のクラシック音楽情報誌のリニューアルについてご紹介しましょう。

この雑誌のサイトを見てみたところ,次のとおりebravoという形で,全誌をWeb上で読めるようになっていました。
http://www.mde.co.jp/ebravo/book/200902/
PDFではなく,紙の冊子のイメージを踏襲して,ページをめくるイメージになっているのが面白いところです。有料販売のモーストリー・クラシックの方もかなりのページをWeb上で見られますが,広告も含めて見られるというのはなかなかユニークです。

今後,インタビューの動画も予定と書いてありましたが,今後に注目したいと思います。

OEKの方は,長い国内ツァーを無事終えたようですね。今週の定期公演のキタエンコさん指揮によるシェエラザードも楽しみですね。

2009/01/24

萱葺き農家の囲炉裏ばたコンサート:チェロ独奏と朗読の夕べ

金沢の湯涌温泉では,この時期,氷室(ひむろ)に雪を詰め込む年中行事が行われますが,それに合わせるかのように,湯涌温泉の農家の囲炉裏ばたでチェロの演奏と朗読を楽しむというイベントが行われたので出かけてきました。チェロの独奏は,金沢蓄音器館のモーツァルトの弦楽四重奏曲シリーズでもお馴染みの福野桂子さんで,朗読は河端紀和子さんでした。

会場になっていた萱葺き農家の旧野本家ですが,思ったよりも広く,金沢蓄音器館よりもスペース的には広かったかもしれません(和室だと椅子席よりも人数が入るということもいえます)。ただし...この時期の和室は恐ろしく寒く,襟巻をして,コートをひざの上に乗せて聞いていました(使い捨てカイロも配給されていました)。ただし,こういう雰囲気自体,滅多に味わえるものではありません。湯涌温泉ならではの,とても面白い企画だったと思います。

福野さんの演奏も充実したものでした。バッハの無伴奏チェロ組曲第1番の全曲を聞けるということで出かけてきたのですが,河端さんの朗読の雰囲気ともぴったりで,チェロによる朗読という趣きがありました。和室にチェロの響きが染み込んで行くようで,生々しい響きと同時に優しさを感じました。その後,リゲティの無伴奏チェロソナタも演奏されましたが,これもまた面白い曲でした。ちょっと東欧風というかアジア風の味があると思いました。

明日は同じ場所で小室等さんのコンサートが行われるようですが(氷室と小室の語呂合わせ?),湯涌温泉に入った後,楽しめたら最高かもしれません。

http://www.kanazawa-kankoukyoukai.gr.jp/feature_fuyunotabi/yuwaku.html

2009/01/23

田中千香士さん逝去

かつてNHK交響楽団のコンサートマスターを務められていた,ヴァイオリニストの田中千香士さんが亡くなられたとのニュースが報道されていました。

http://mainichi.jp/select/person/news/20090120k0000e060034000c.html

この田中さんですが,初期のOEKにとっては,無くてはならない存在だった方です。OEKの設立時のコンサートマスターを務め,第1回定期公演では,ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の独奏も務められました。若い団員にとってのアドバイザー的な存在だったのではないかと思います。

まだ,69歳だったそうですが,OEKにとっては大切な方がまた一人お亡くなりになってしまいました。心から哀悼の意を表したいと思います。

ちなみに,2月2日には,田中千香士さんの指揮による「ちかしオーケストラ」の公演が,以下のとおり予定されていたようです。
http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0852476

この公演は指揮者なしで行われるそうで,図らずも追悼公演になってしまいました。

2009/01/17

金沢大学フィル定期演奏会

OEKは現在,国内演奏旅行に行っていますが,その留守を守るかのように金沢大学フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会が金沢歌劇座で行われたので,聴いてきました。今回のプログラムのメインは何といってもブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」なのですが,それ以外にもサン=サーンスのバッカナールとハチャトゥリアンの仮面舞踏会という大編成の曲が演奏され,ボリュームたっぷりの内容でした。

今回の指揮は,数年前にも一度,金沢大学フィルの定期に登場したことのある,斎藤一郎さんでしたが,相変わらず大変明確で自信に満ちた指揮ぶりでした。斎藤さんといえば,大ヒットCD「ブラバン甲子園」シリーズの指揮者としても有名ですが,見るからに体育会系の雰囲気があり,学生たちにとっては,「頼りになる兄貴」といったところがあるのではないかと思います。どの曲も,聞かせどころで,グイっと力を込めるようなメリハリの付け方が素晴らしく,学生オーケストラらしい若々しさを見事に引き出していました。

メインの「ロマンティック」も堂々たる演奏でした。テンポ設定も私の感覚にぴったりでした。この曲については,何といってもホルンです。冒頭のソロを含め,各楽章に,これでもかこれでもかと見せ場,難所が続きます。かなり危ない部分はあったのですが,大変よく頑張っていたと思います。第4楽章の最後の部分では,第1楽章の冒頭でソロで出てきた音形が,ホルンの重奏になって力強く再現してくるのですが,この部分では全員起立で演奏していました。マーラーの交響曲でこういうシーンを見たことがありますが,ブルックナーの曲で見るのは初めてのことです。何か見ていて,大変気持ちよい光景でした。

その他のパートも1時間以上の長丁場を見事に完走ならぬ完奏していました。どの楽章もトゥッティの部分の響きのまとまりが見事で,大変聞き応えがありました。

前半に演奏された曲では,特にハチャトゥリアンの仮面舞踏会が印象的でした。この曲に含まれるワルツは,浅田真央のフィギュアスケートの曲として今シーズン一気に有名になった曲なので,非常にタイムリーな選曲でした。今回の演奏は,非常に速いテンポでスマートな演奏でした。その他の曲についても,特にテンポの速い曲での生き生きとした演奏が楽しめました。

私自身,OEKのみならず,学生オーケストラを心の中で応援しながら聞くのが大好きなのですが,今回のプログラムは,大変応援のしがいのある曲ばかりでした。特にブルックナーでのホルンパートの皆さんには,「おつかれさまでした」と言いたいと思います。

PS.ハチャトゥリアンの「ワルツ」ですが,今月末のキタエンコさん指揮の定期公演のアンコールとして是非聞いてみたい曲です。今回の編成を観ていると,OEKの基本編成にトロンボーン3,テューバ,ホルン2を加えれば演奏できる曲だと分かりました。シェラザード用にエキストラが入っているはずなので,丁度良いのではないかと思います。これが実現すれば,スペイン奇想曲(中野さん),シェエラザード(安藤さん),仮面舞踏会(浅田さん)とフィギュアスケート用に使われた音楽が勢ぞろいすることになります。

2009/01/07

ニューイヤーコンサート2009

OEKのニューイヤーコンサートに出かけてきました。ここ数年は,「新春といえばワルツ」という感じのプログラムが続いていたのですが,今年はラ・フォル・ジュルネ金沢(LFJK)2008の総括のようなオール・ベートーヴェン・プログラムとなりました。考えてみると,2008年以降,井上道義さん指揮のベートーヴェンの交響曲を大変沢山聞いており,今回の第7番でほぼ「全集」を聞いてしまったような感じです(第8番だけ聞いていないと思います。あと,「田園」はキタエンコさん指揮でした)。まさに,「熱狂の日」ならぬ「熱狂の一年」だったともいえます。

お客さんも大変沢山入っており,LFJKを思い出させる「ステージ席」も登場していました(考えてみると,ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートでお馴染みの楽友協会ホールもこのようなイメージですね)。演奏された曲もLFJKと同じ「皇帝」というのも何かの因縁かもしれません。これだけお客さんが入ったのは,井上音楽監督の魅力に加え,注目のピアニスト,アリス=紗良・オットさんの力も大きかったと思います。

アリスさんとOEKは,過去,ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を共演していますが(この時は大阪センチュリー交響楽団との合同公演でした),定期公演に登場するのは今回が初めてです。今回は金沢での定期を皮切りOEKと全国ツァーを行います。ドイツ・グラモフォンから発売されたばかりのリストの超絶技巧練習曲集のCD発売とピタリとタイミングが合っていた点でも話題性たっぷりでした。

演奏の方は,NHKの全国放送のカメラが入っていたこともあるのか(3月29日(日)の教育テレビ「オーケストラの森」で放送されるとのことです),やや緊張気味で,本調子ではなかった気がしますが,初々しさと明るさのある「皇帝」を聞かせてくれました。アンコールで演奏された「ラ・カンパネラ」は,アリスさんの名刺がわりのようなお得意の曲で,自信たっぷりの演奏でした。

後半のベートーヴェンの第7番は,OEKの十八番ですが,井上さんらしい演奏だったと思います。最初に演奏されたエグモント序曲の時もそうだったのですが,冒頭の最初の音が,コントラバスの方からグッと盛り上がるように聞こえてくるのがまず迫力たっぷりです。基本的に早めのテンポで,少し古楽奏法を思わせるような,キビキビとした音楽が続きました。楽章を追うにつれてスピード感を増していく感じで,最終楽章は,まさに最終コーナーを疾走するサラブレッドという感じでした。「騎手」の井上さんの指揮ぶりもそのとおりで,コーダの直前までは平然と滑らかに棒を振っていたのが,最後の最後の部分になると,突如,鞭を入れるかのように大きな動作になり,一気に興奮を高めていました。見事に計算された,格好良い演奏だったと思います。

アンコールは,昨年話題を集めた「あ」の付くあの曲でした。今回のツァーでもアンコール・ピースとして使われると思いますが,お客さんは大喜びすることでしょう。寒い時期に,これから長いツァーになりますが,成功をお祈りしたいと思います。

2009/01/03

新春座談会2009「挑戦はわたしの原点」

「挑戦はわたしの原点」と題した座談会が次のとおり放送されます。

2009年1月4日 午前9:00~9:55 石川テレビ
http://www.ishikawa-tv.com/program/2009newyear/index.html

この対談にOEKの音楽監督の井上道義さんが登場します。その他,桂 文珍さん(司会),阿川佐和子さん(作家),秋元雄史さん(金沢21世紀美術館長)といった方々が登場します。

石川県内だけの放送のようですが,是非ご覧ください。

2009/01/02

音楽と暮らす街,金沢

Cimg8086今日は,金沢フォーラスの初売に出かけてきたのですが,そのついでにJR金沢駅構内も通り抜けました。そのとき,次のような看板が目に入りました。金沢駅の改札口から東口の方に向かう途中に「音楽と暮らす街金沢」というキャッチコピーともに,井上道義さんとOEKメンバーの看板がお出迎えをしてくれます。このコピーはなかなか良いですね。金沢駅を通ることがありましたらご覧になってください。

もう一つは,おまけです。もてなしドームを見上げると屋根雪が見えるのですが,非常に幾何学的で,不思議な美しさがあります。隠れた冬の金沢駅の見所です。
Cimg8092

2009/01/01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
OEKfanからの年賀状は特にないのですが,公式ホームページが大変おめでたい感じになっています。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/

本年もよろしくお願いします。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック