OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/27

セミョン・ビシュコフ指揮ケルンWDR交響楽団金沢公演

連日の演奏会となりましたが,毎年,この時期恒例となっている,東芝グランド・コンサートに行ってきました。今年は,セミョン・ビシュコフ指揮ケルンWDR交響楽団の公演でした(ケルンWDR交響楽団というオーケストラは,以前はケルン放送交響楽団と呼ばれていましたが,近年はこちらの名称で呼ばれているようです。)。

この日のプログラムは,シューマン,ベートーヴェン,ブラームスというドイツ音楽ばかりということで,このオーケストラにとっては,もっとも基本的なレパートリーなのではないかと思います。ビシュコフさんは,ロシア出身の指揮者ということで,もっと濃い演奏を予想していたのですが,非常に正統的で,どちらかというとスリムな響きを聞かせてくれました。特に前半の2曲では,トランペットやホルンなどは古楽器を使っていたようで(ティンパニは,前半後半ともバロック・ティンパニだったと思います),すっきりした味わいがありました。

#と思ったのですが,「通常のティンパニ」とOEKわたなべさんにお知らせいただきました。どうもありがとうございます。

後半のブラームスは,編成が少し大きくなっており,非常にバランスの良い,充実した響きを聞かせてくれました。どの楽章もじっくりと聞かせてくれたのですが,楽章の終盤になると,自然に音楽に熱がこもり,大変聞き応えがありました。終楽章でのフルートをはじめ,管楽器のソリスティックな活躍も見事でした。

今回のもう一つの収穫は,2曲目のソリストとして登場した,若手ヴァイオリン奏者のヴィヴィアン・ハーグナーさんの演奏を聞けたことです。実は,どういう方か全く知らなかったのですが(実は演奏曲も忘れており,メンデルスゾーンの協奏曲が演奏されるものとばかり思っていました...),非常に知的で抑制の効いた演奏を聞かせてくれました。技巧も非常に安定しており,立派な彫刻を見るような演奏でした。それでいて厳めしいところはなく,若々しく,親しみやすい表情も持っていました。非常に素晴らしいヴァイオリニストだと思いました。

ここ数年,金沢に来る外来オーケストラがブラームスの交響曲を演奏する機会が非常に多いので,たまには別の作曲家の交響曲を聞きたい気もしましたが,聞き終わってみると,「やはり良いなぁ」と毎回思います。それだけ,指揮者にも聴衆にも愛されている曲・作曲家と言えるのかもしれませんね。

2009/02/26

ヴァレーズさんのフランス音楽特集

2月最後の定期公演は,ジャン=ピエール・ヴァーレズさん指揮によるフランス音楽特集でした。フランス音楽といっても,ラヴェルもドビュッシーといった印象派の作曲家の作品ではなく,シャブリエ,サン=サーンス,デュパルク,グノーという,やや保守的な作風の(別の言い方をするとややマイナーな)作曲家の曲を集めたプログラムでした。この選曲がお見事でした。軽視されがちな作曲家に光を当て,その良さを再発見させてくれるような内容だったと思います。どの曲も聞きやすい作品ばかりで,明るく軽やかなメロディに満たされていました。

2曲目のサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番だけは,有名な作品ですが,OEKにとっては,演奏するのが今回が初めてだと思います。ソリストは,金沢出身で岩城宏之音楽賞を受賞した吉本奈津子さんでした。吉本さんの演奏を聞くのは,今回で3回目ぐらいですが,毎回非常にしっかりとした音楽を聞かせてくれます。今回も最初の一音から非常にくっきりとした音を聞かせてくれました。第2楽章は,流れるようにスムーズな音楽でしたが,ここでも味が薄くなることはありません。この曲のいちばんの聞き所の楽章後半のフラジオレットの部分も絶品でした。

後半,最初に演奏されたデュパルクの「星たちへ」という曲は,特に演奏される機会が少ない曲だと思いますが,不思議な静けさに満ちた,隠れた名曲だと思います。この日の演奏会はCD収録を行っていましたが,この曲などはほとんどCDがないと思うので,是非,CDが発売されたらもう一度聞いてみたいと思います。

最後に演奏されたグノーの交響曲第2番は,古典派の交響曲的な雰囲気ながら,自然にフランス風味になっているような曲で,ビゼーの交響曲第1番などと似た雰囲気のある曲です。分かりやすいメロディが次々と出てきて,すっかりリラックスして楽しむことができました。ヴァレーズさんの指揮も,あまり締めつけるような感じはないので,本当に心地よい音楽になっていました。

OEKは,「ラ・フォル・ジュルネ金沢」のレジデンス・オーケストラということで,近年,フランス音楽への適性が益々アップしてきているのではないかと感じた演奏会でした。

2009/02/24

3月1日 モーツァルト・ピアノ・マラソン・スタート

ラ・フォル・ジュルネ金沢の企画の一つ「モーツァルト・ピアノ・マラソン」が3月1日から始まるようです。第1回目は,赤羽ホールで行われます。詳細は以下のページをご覧ください。

http://lfjk.jp/news0224.html

ラ・フォル・ジュルネ金沢,ファミリーマートでのチケット入手方法

ラ・フォル・ジュルネ金沢のチケット先行予約分のハガキが届いたので,早速,ファミリー・マートに行ってチケットをゲットしてきました。石川県立音楽堂チケットボックスに行けば,慣れた職員の方がいると思うのですが,コンビニの場合,慣れない人が対応する可能性がありますので,その手順をお知らせしましょう。

ファミリーマートの場合ですが,ファミポートという端末での操作が必要です。操作は次のとおりです。

http://t.pia.jp/guide/fm.html

必要なものは,ハガキに書かれた予約番号(3桁×3+4桁,合計13桁)だけです。手数料はかかりません。

この番号のうちの9桁をまず入力し,その次の画面で4桁を入力します。最後の4桁は自分の電話番号の最後の4桁と同じです(この辺の説明がハガキには書かれていないので,少々とまどうかもしれません)。

この操作を行うと,レシートが出てきます。これを持ってレジに行くと,カウンター内でチケットを発行してくれます。

支払いは現金でもクレジットカードでも大丈夫です。私の場合,ファミリーマートのカードを持っていたので,カードで支払ったのですが,わずかながらTポイントというのが付きます。そういう点では,音楽堂でチケット代をj払うよりは,少しだけポイントとしてお金が戻ることになります。

音楽堂よりもコンビニに行く方が手軽ですので,ご紹介させていただきました。

それにしても...今年はマルチパスのあった昨年に比べるとかなりお金がかかりそうです。その分,ゆったりと楽しめるのですが,昨年が懐かしくもあります。

PS.一般発売の方は3月1日以降になります。こちらの方は,多分,「電子チケットぴあ」だと手数料が掛かるのではないかと思います。詳細は音楽堂に尋ねていただいた方が良いかと思います。
http://lfjk.jp/ticket.html
http://t.pia.jp/guide/charge.html

2009/02/21

最近の雑誌から

音楽の友3月号
・1月13日に横浜で行われたアリス・紗良・オットさんと共演した井上道義音楽監督の指揮によるニュー・イヤー公演評
・ラ・フォル・ジュルネ金沢の広告が表紙裏に出ていました。

音楽現代3月号
・1月13日に横浜で行われたアリス・紗良・オットさんと共演した井上道義音楽監督の指揮によるニュー・イヤー公演のカラー写真入りの評が最初の方のページに掲載されていました。

レコード芸術3月号
・OEKの記事は特になかったようですが,次の新譜情報が掲載されていました。
・ワーナーの定期公演ライブシリーズ2009年度第1弾
  井上道義さん指揮OEKによるベートーヴェン/交響曲4番 他 
・Avex ピアニストの三浦友理枝さんと共演したラヴェルのピアノ協奏曲等が収録されたアルバム

いずれも4月22日発売です。

2009/02/20

ラ・フォル・ジュルネ金沢プレイベント

ラ・フォル・ジュルネ金沢の先行予約は本日まででしたが,4月28日のプレイベントの情報も発表になったようです。プログラムの中に,「ジュピター」がなかったので,「きっとそうだろう」と思っていたのですが,やはりオープニングで「ジュピター」が演奏されるようです。

≪プレ・イベント≫

* 開会式&オープニングコンサート
 4月29日(水・祝)14:00 会場:石川県立音楽堂コンサートホール
 オーケストラ・アンサンブル金沢/井上 道義(指揮)
    ・ピアノと管弦楽のためのロンド ニ長調 K.382
    ・交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」


* 能・箏・モーツァルト
 4月29日(水・祝)17:00 会場:石川県立音楽堂邦楽ホール
 オーケストラ・アンサンブル金沢/藪 俊彦(能)
    ・アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525
    ・ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 より第2楽章

これらは3月1日から発売が開始されるようです。
http://lfjk.jp/ticket.html

2009/02/13

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009スケジュール,出演者発表

ラ・フォル・ジュルネ金沢2009の5月2日~5月4日のスケジュールと出演者が発表になりました。
http://www.lfjk.jp

この週末にじっくり見てみようと思います。また,明日から会員向けチケット予約が始まるようですね。

2月13日に行われた,ルネ・マルタンさんの記者会見については,次のような報道がされました。
http://www.hokkoku.co.jp/news/OD20090214501.htm
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090214-OYT8T00014.htm
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000000902140002


2009/02/12

OEK室内楽シリーズ「もっとカンタービレ」第12回 大作曲家の息吹

OEK室内楽シリーズ「もっとカンタービレ」第12回に出かけてきました。今回は,「大作曲家の息吹」ということでブラームスとメンデルスゾーンの比較的渋めの作品が演奏されました。このシリーズでは,比較的大編成の室内楽が演奏されることが多かったのですが,今回はピアノ三重奏と弦楽四重奏ということで,純粋な室内楽公演という感じでした。こういう正当的なプログラムも良いものです。

ブラームスのピアノ三重奏曲第2番は,ヒューズさん,カンタさんと鶴見彩さんによって演奏されました。どの楽章も大変,じっくりとしたテンポで聞き応えのある演奏を聞かせてくれました。ブラームスの室内楽には,いろりろな編成の曲があり,しかもどれも聞き応えのある曲ばかりですので,これからもこのシリーズの核として取り上げていって欲しいと思います。

後半に演奏されたメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲は,隠れた名曲なのではないかと思います。今回は,上島さん,j原さん,古宮山さん,早川さんによる演奏でした。ちょっと生真面目な感じもしましたが,ほの暗い感じが大変魅力的な作品でした。

ちなみに,この「もっとカンタービレシリーズ」ですが,3年目のプログラムの書かれたチラシが配られていました。さらに独創的なプログラムが続くようです。

第14回 2009年聴きたい作曲家はコレ!生誕・没後記念特集
日時=2009年05月16日(土) 18:30開場 19:00開演

第15回“ラ・フォリア”・ジュルネ 情熱のバロック
日時=2009年07月11日(土) 18:30開場 19:00開演
出演=曽根麻矢子(チェンバロ)

第16回 ミッキーpresents カンタービレ・ファンタジーナイト
日時=2009年09月08日(火) 18:30開場 19:00開演
出演=井上道義(指揮),ヨネヤマママコ(パントマイム),荻野砂和子(ソプラノ)

第17回ヨーロッパツアー2009 帰国報告会
日時=2009年12月08日(火) 18:30開場 19:00開演

第18回南米音楽 クラシックの彩とタンゴの鼓動
日時=2010年02月19日(金) 18:30開場 19:00開演
出演=啼鵬(バンドネオン),高田元太郎(ギター)

第19回皆さまからのリクエストに応えて!
日時=2010年03月27日(土) 18:30開場 19:00開演

2009/02/10

ラ・フォル・ジュルネ金沢スケジュール概要

音楽堂においてあったチラシの裏面を見ていたところ,ラ・フォル・ジュルネ金沢のスケジュールの概要が書いてありました。基本的に昨年同様の金沢駅周辺の公演に赤羽ホールでの前夜祭,北陸各地での公演が追加になったような感じです。この音楽祭については,「同じ場所で集中的にやる」という密度の高さと「ハシゴ」が特徴ですので,この規模がさらに大きくなった感じです(やろうと思えば金沢→小杉→高岡→福井→金沢というハシゴも可能ですね)。なお詳細については,以下の2月13日に行われる公開記者会見で明らかになると思います。
http://lfjk.jp/news0209.html
#この記者会見にも行ってみたいところですがどなたか行きませんか?全国から多くのマスコミが取材に来ることでしょう。

【金沢市での公演】
4月28日
19:00 赤羽ホール 熱狂の日ガラコンサート 

4月29日
11:00 金沢駅、福井駅、富山駅、ウィング・ウィング高岡前広場 北陸三県同時ファンファーレ 
14:00 石川県立音楽堂 オープニングコンサート 
17:00 石川県立音楽堂 能とクラシックのコラボレーション

5月2日〜4日  石川県立音楽堂,金沢市アートホール,JR金沢駅周辺エリア
朝から晩までモーツァルト

【金沢市以外での公演】
11:00 金沢駅、福井駅、富山駅、ウィング・ウィング高岡前広場 北陸三県同時ファンファーレ 
14:30 加賀温泉駅
04/29 18:00 アイザック小杉文化ホールラポール ラポールウィンドアンサンブル 
04/30 12:15 高岡生涯学習センターホール ランチタイムコンサート 
04/30 19:00 高岡文化ホール 熱狂の日音楽祭in高岡 
05/01 13:30 大和高岡店1階アトリウム 街なかコンサート
05/01 19:00 ハーモニーホールふくい 熱狂の日音楽祭in高岡 

2009/02/08

OEK版ぺらぺら「オペラ」大成功!

今回のOEKファンタジー公演は,オペラと上方落語のコラボレーションという企画でしたが,大成功だったと思います。前半は,落語版「オペラ入門」,後半は落語版「フィガロの結婚」ということで,ナビゲーター役の笑福亭松喬さんが大活躍されていました。

特に,後半の「フィガロの結婚」がお見事でした。松喬さんが,関西弁で落語風にストーリーを説明すると,ステージ奥の舞台で,大阪音楽大学大学院オペラ研究室の歌手の皆さんが,マイムをするように演技をします。そのタイミングがぴったりで,関西弁の吹き替えが付いた洋画を見るようなミスマッチの面白さがありました。歌を歌っているときの字幕も非常にこなれた関西弁になっており,見事に「上方落語風オペラ」として完成されていると感じました。複雑なストーリーをカットしていたこともあり,非常に分かりやすい「フィガロ」になっていました。

松喬さんは,金沢ではそれほど知られていない方ですが,大変実力のある方だと思いました。今度は是非,邦楽ホールで本物の上方落語をやってほしいと思います。

それにしても,フィガロのセリフが「行きなはれ,ケルちゃん」になり,伯爵が「堪忍してくれ」と言うと伯爵夫人が「まぁええわ」と答えたり,うまく関西弁にはまるものだと感心しました。終演後のカーテンコールも,実際のオペラとほぼ同じ形で,60分のオペラにも関わらず,しっかりと総合的なエンターテインメントを楽しんだという実感が残りました。

というわけで,是非,続編にも期待したいと思います。

2009/02/02

第8回北陸新人登竜門審査結果発表

第8回となる北陸新人登竜門コンサートのオーディションが本日,石川県立音楽堂で行われ,次の3名の方が選ばれました。

1)コントラバス 岡本 潤(おかもと・じゅん)東京藝術大学2年 クーセヴィツキー:コンチェルトop.3 石川県出身
2)ハープ 平尾 祐紀子(ひらお・ゆきこ)愛知県立芸術大学4年  ピエルネ:コンチェルトスタックop.39 石川県出身
3)チェロ 香月 圭佑(かつき・けいすけ) サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番イ短調作品33  富山県で研鑽を積む

今回は弦楽器部門ですが,ヴァイオリン奏者が1名も選ばれなかったのは珍しいことです。また,コントラバス奏者が選ばれたのは,初めてだと思います。詳細については次のページをご覧ください。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2009/02/post_123.html

ちなみに,第8回北陸新人登竜門コンサート〈弦楽器部門〉は,2009年(平成21年)5月17日(日)に行われます。例年4月に行われていましたが,ラ・フォル・ジュルネ金沢の後ということになります。

2009/02/01

music@rt OEK金沢21世紀美術館シリーズ & モーツァルト・ピアノ・マラソン・オーディション

今日は金沢21世紀美術館でOEKメンバーによる弦楽四重奏の演奏会が,石川県立音楽堂ではラ・フォル・ジュルネ金沢の一環として行われるモーツァルト・ピアノ・マラソンのオーディションが行われました。どちらも面白そうな企画(どちらも無料)ということで,まず最初にオーディションの様子を少し見て,スケジュールを把握した後,21世紀美術館に出かけました。

21世紀美術館での室内楽シリーズですが,今回は井上道義音楽監督がナビゲータとして出演されていました。このシリーズならではの一味ひねったプログラムでしたが,特にジャック・ボディというニュージーランドの現代作曲家による民族音楽を編曲したような作品が楽しめました。井上さんのトークも面白く,美術館という場所を意識して,ピカソのキュビズムについてとか,現在行われている「歴史の歴史」展についての話題であるとか,音楽に留まらない,楽しいパフォーマンスを見せてくれました。

その後,自動車で音楽堂まで移動したところ,オーディションはほぼ終わりかけていました。今回のオーディションですが,100名以上の方の演奏を2日に分けて聞くことになります。普通のコンクールと違うのは,小学生から一般人まで幅広い奏者が登場した点です。中村紘子さんの講評によると,「とても楽しかった」とのことです。全部聞いたわけではないのですが,NHKのど自慢の予選的な雰囲気があったのかもしれません。小学生たちもしっかりとした音を出しており,きっと審査の先生方も苦労されたことでしょう。

それにしても豪華な審査員の先生方でした。その間近で聞けたというだけで,嬉しくなりました。

ピアノ教室の先生と生徒がどちらもオーディションを受けるようなケースもあったようですが,厳しさと同時にやはり楽しさのあるオーディションだったのではないかと思います(是非,中村紘子さんには,審査の様子についてエッセーを書いていただきたいものです)。結果は10日後ぐらいに郵送されるとのことですが,どういったアーティストが出てくるのか楽しみにしたいと思います。

この「マラソン」企画ですが,モーツァルト以外についても,続けても良い企画かもしれないと思いました。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック