OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« OEKの新譜のデザイン+LFJKオフィシャルCD | トップページ | 「題名のない音楽会」もラ・フォル・ジュルネムード »

2009/04/11

第26回石川フィル定期公演

夜桜見物の人で溢れる街中を抜けて,金沢市文化ホールで行われた石川フィルの定期演奏会に出かけてきました。毎年,この時期の恒例の演奏会ですが,毎回,とても意欲的なプログラムで楽しみにしています。今年はスメタナの連作交響詩「わが祖国」の中の前半3曲とチャイコフスキーの交響曲第4番というスラブ系の曲によるプログラムでした。

スメタナの方は,今年の秋に全6曲を演奏するということで,その予告編的な演奏ということになります。2曲目は,有名なモルダウでしたが,すっきりとした流れの中に時折,大きなテンポのタメを作っており,とても変化に富んだ演奏でした。1曲目の高い城,3曲目のシャルカもまた,聞き応えのある演奏でした。

後半のチャイコフスキーの交響曲第4番も大変堂々とした演奏でした。最終楽章などは,たっぷりとした重量感がありました。ソリスティックな部分も充実しており,とても完成度の高い演奏だったと思います。

秋の公演では,「わが祖国」全曲を演奏するということですが,これは石川県内では初めてのことかもしれません。こちらにも大いに期待したいと思います。

« OEKの新譜のデザイン+LFJKオフィシャルCD | トップページ | 「題名のない音楽会」もラ・フォル・ジュルネムード »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/44639932

この記事へのトラックバック一覧です: 第26回石川フィル定期公演:

« OEKの新譜のデザイン+LFJKオフィシャルCD | トップページ | 「題名のない音楽会」もラ・フォル・ジュルネムード »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック