OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 瀬近美津子さん死去 | トップページ | 2年目の熱狂の日:街を元気に »

2009/05/23

広上淳一さん+ジョルジ・カラゼさん登場

OEKの第261回定期公演に出かけてきました。今回のプログラムは,メンデルスゾーンの交響曲第1番,ハイドンのチェロ協奏曲第1番,ハイドンの交響曲第60番「うつけ者」という非常に渋いプログラムだったのですが...非常に素晴らしい内容の公演となりました。プログラムの調性がハ長調系で統一されており,メンデルスゾーンとハイドンというメモリアル・イヤー作曲家の作品を取り上げていたのも良かったのですが,何と言っても広上さん,そしてチェロのカラゼさんです。

広上さんがOEKの定期に登場するのは今回で3回目ですが,今回もまた大変生き生きとした音楽を聞かせてくれました。後半のメインの曲がハイドンの交響曲第60番というのは,いかにもOEKらしいところですが,この演奏が最高でした。6楽章からなるちょっと変わった交響曲なのですが,最終楽章にすごい仕掛けがありました。パフォーマンス入りの交響曲といえば,ハイドンの「告別」交響曲を思い出しますが,インパクトの強さでは,今回の方がすごいと思います。詳細は後でレビューでお知らせしましょう。

今回のコンサート・マスターはシュテファン・スキバさんという白髪の男性奏者でしたが,今回のパフォーマンスの”役者”としては本当にぴったりでした。それ以外にも時折,非常にワイルドな表情を見せる演奏で,広上さんならではの演奏でした。

2曲目のハイドンのチェロ協奏曲第1番のソリストとして登場したジョジュジ・カラゼさんの演奏にも驚きました。この曲は,ものすごい難曲なのですが,その難しさを全く感じさせない,あきれるほど鮮やかな演奏でした。音色も晴れやかで,広上さんとOEKの作る音色ともぴったりでした。過去,OEKはこの曲を何回か演奏していますが,その中でも最高と言っても良い演奏だったと思います。まだ国内ではほとんど知られていないチェリストですが,お見事でした。

最初に演奏されたメンデルスゾーンの交響曲第1番もOEKにぴったりの曲でした。編成がまずぴったりです。初期ロマン派の香りのあるのもOEK向けです。広上さんの作る音楽は,とても爽やかで爆発力があり,大変聞き応えのある演奏となっていました。

全国的に新型インフルエンザが流行しつつある中での公演ということで,ちょっと心配する面もありましたが,マスクをする人の姿もそれほど目立たず,通常どおり演奏会を楽しむことができました。このことが何よりも嬉しい点でした。

« 瀬近美津子さん死去 | トップページ | 2年目の熱狂の日:街を元気に »

コメント

 広上さんのユニークな指揮姿は、それ自体が楽しめるパフォーマンスとして有名(?)ですが、今回の2曲のハイドンではその真骨頂長がバッチリ発揮された感じでした。OEKも広上さんの細かい動きにすばやく反応して、実にノリがよかったように感じました。

 ”うつけ者”の終曲ですが、期待通りパフォーマンス入りで面白かったです。あの「タオルで汗拭き拭き・・」は広上さんにとても似合ってましたねえ、いろいろな意味で・・・:-)

 コンチェルトでも、ガラゼの素晴らしいテクニックもさることながら、ついつい広上さんの指揮に目がいってしまいました。

めの・もっそさん,こんばんは。
広上さんのパフォーマンス&指揮ですが,楽しかったですね。今年の夏,井上道義さんと広上さんとで指揮講習会を行うようですが,どういう指導をされるのか,見てみたい気もしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/45103689

この記事へのトラックバック一覧です: 広上淳一さん+ジョルジ・カラゼさん登場:

« 瀬近美津子さん死去 | トップページ | 2年目の熱狂の日:街を元気に »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック