OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 池辺さん+林隆三さん+上杉春雄さん+OEK | トップページ | もっとカンタービレ第15回:“ドラマティック・バロック”曽根麻矢子を迎えて »

2009/07/08

ラ・フォル・ジュルネ金沢 2010年の開催決定

ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭ですが,来年の開催も正式に決定したようです(メールマガジンで通知がありました)。2年続けて,コンスタントにお客さんを集めましたので,継続は当然のことでしょう。

テーマですが,予想通り来年生誕200年を迎える「ショパン」です。このショパンを中心に,メンデルスゾーン,シューマン,ロッシーニなどショパンに関係のある作曲家が取り上げられるようです。

2009のパターンで行くと,「ショパン・マラソン」なども期待できそうです。ショパンには合唱曲はないので,市民参加企画を作るとしたら,一体どういうものになるのだろうか?と勝手に企画を考えるだけで楽しいですね。

なお,ラ・フォル・ジュルネ金沢2009についてですが,カデンツァの最新号に,山田正幸チーフプロデューサによる,とても面白い雑記が掲載されています。

« 池辺さん+林隆三さん+上杉春雄さん+OEK | トップページ | もっとカンタービレ第15回:“ドラマティック・バロック”曽根麻矢子を迎えて »

コメント

ショパンと同時代の作曲家、これはいいですね。夢が広がります。チェロソナタやピアノトリオ、歌曲など、めったに聴けませんが、どれも素敵な作品ですよ。

ショパンの音楽って、先輩の音楽や、同時代のいろいろな作曲家からの影響が濃いと思っています。
2つのコンチェルトはフンメルから、夜想曲は英国のフィールドからとか・・・。
シンフォニーを書かなかったショパンなのですので、シューマンのシンフォニーを聴きたいものです。

今度のLFJK、企画の段階から、ファンのアイデアも取り上げてもらいえないでしょうかねえ。
来年も、ぜひボランティアで参加するつもりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/45575441

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ金沢 2010年の開催決定:

« 池辺さん+林隆三さん+上杉春雄さん+OEK | トップページ | もっとカンタービレ第15回:“ドラマティック・バロック”曽根麻矢子を迎えて »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック