OEKのCD

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« バッハ,シューベルトから高橋悠治へ | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢 2010年の開催決定 »

2009/07/03

池辺さん+林隆三さん+上杉春雄さん+OEK

今回のOEKのファンタジー公演は,池辺晋一郎さんの指揮,ゲストに俳優の林隆三さんとピアニストの上杉春雄さんを招いて行われました。前半は,医師をしながらピアニストとしての活動もされている上杉さんの独奏でモーツァルトのピアノ協奏曲第20番,後半は林隆三さんの朗読と歌という構成で,少々,焦点がはっきりしないところもあったのですが,ファンタジー公演ならではのリラックスした気分で,多彩な音楽を楽しむことができました。

上杉さんのピアノは,全く力んだところがなく,自然体で美しく清潔な音楽が流れるような演奏でした。擦れたところのない,清々しい音楽はモーツァルトの音楽にぴったりでした。医者としての活動がお忙しい中,どうやって練習されているのか,もう少しトークで聞いてみたい気もしました。

林隆三さんの方は,まず,池辺さんの即興ピアノとの共演で宮沢賢治の作品が朗読されました。非常にこなれた朗読で,迫力満点だったのですが...実は,どういう話なのかほとんど理解できませんでした。方言が沢山入っていたこともあるのですが,この辺はプログラムノートにもう少し詳細な案内が欲しいところでした。

最後にカンツォーネ,シャンソンなどが数曲歌われましたが,どれもドラマティックで貫禄たっぷりの歌でした。林さん自身「今から歌手の役を演じます」と語られていましたが,どんな役柄でも演じられるのが素晴らしいところです。最後にアンコールで,「千の風になって」が歌われましたが,これも語りかけるような歌で,秋川さん(そういえば一年前にこのファンタジーシリーズに登場しましたね)とは全く別の林さん独自の歌になっていました。

今回は池辺さんのダジャレは控えめでしたが,これまでとは一味違ったファンタジー公演だったと思います。

« バッハ,シューベルトから高橋悠治へ | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢 2010年の開催決定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池辺さん+林隆三さん+上杉春雄さん+OEK:

« バッハ,シューベルトから高橋悠治へ | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢 2010年の開催決定 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック