OEKのCD

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« もっとカンタービレ第15回:“ドラマティック・バロック”曽根麻矢子を迎えて | トップページ | トゥーランドットを堪能 »

2009/07/15

トゥーランドット+鳥のカタログ

いよいよ,井上道義/OEKによる「トゥーランドット」公演が近づいてきましたが,この公演が行われる同じ18日に,金沢歌劇座のお隣の金沢21世紀美術館でも次のようなコンサートorイベントが行われます。

http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=24&d=614

メシアンの「鳥のカタログ」というピアノ独奏曲の全曲(!)を展示室の中で演奏しよう,というものです。「トゥーランドット」の前にふらりと聞いてくるというのも面白いと思います。ちなみに,その翌日にも公演があり,こちらの方はジョン・ケージのピアノ曲が演奏されるようです。

さて,「トゥーランドット」ですが,このオペラは,本当にわかりやすいオペラです。

主要な登場人物は,トゥーランドット姫と求婚者の王子カラフですが,そこに王子に片思いのリューが絡みます。ほとんどこの3人だけの話です。それ以外にピン,ポン,パンという3人の大臣が出てきますが,狂言回しです。カラフの父親のティムールとトゥーランドットの父親の皇帝アルトゥムも脇役ですね(実は,この皇帝アルトゥムに注目しています。皇帝といえば威厳たっぷりというイメージなのですが,このオペラでは,全く正反対のキャラクターなのです)。

音楽の方も非常に単純です。「やーまのお寺の鐘が鳴る」としか聞こえないメロディと「誰も寝ては鳴らぬ」の中のイナバウアーをしている部分のメロディを覚えておけば楽しめると思います。その他,トゥーランドットに挑戦するときに銅鑼が派手になったり,かと思えば,リューによる叙情的な泣かせる”プッチーニ節”が出てきたり,トゥーランドット姫の強烈な”ワーグナー的アリア”が延々と続いたり,退屈する間がありませんん。

OEK公式ホームページでは,その記者会見の様子も掲載されていますが,土曜日が非常に楽しみです。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/index.html

« もっとカンタービレ第15回:“ドラマティック・バロック”曽根麻矢子を迎えて | トップページ | トゥーランドットを堪能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/45637150

この記事へのトラックバック一覧です: トゥーランドット+鳥のカタログ:

« もっとカンタービレ第15回:“ドラマティック・バロック”曽根麻矢子を迎えて | トップページ | トゥーランドットを堪能 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック