OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« OEKの12月の公演 | トップページ | NHK-FMにカンタさん出演 »

2009/10/18

石川フィルの「我が祖国」

現在,2009ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭として,石川県内の芸術・文化関係の団体によるイベントが毎週のように行われています。この日は,石川フィルハーモニー交響楽団によるスメタナの「わが祖国」全曲の演奏会が行われたので出かけてきました。

「我が祖国」の全曲を生で聞くのは,初めてのことですが,こうやって聞くと(「モルダウ」に絡めて言うと),文字通り壮大な大河ドラマといった雰囲気がありました。この日は,ステージの両サイドに字幕スーパーを表示し,曲のストーリーと主要なモチーフを説明していましたが,これが非常に面白かったです。これまで馴染みの少なかった「シャールカ」など,女性兵士軍団が男たちに復讐するお話ということで,特にドラマティクでした。後半の第5曲などは,執拗に同じモチーフが出てきて,異様に重苦しいのですが,その部分があるからこそ第6曲のエンディングの開放感につながるのだな,と実感できました。

石川フィルは,6曲中,前半の3曲を春の定期公演で演奏していたのですが,今回の演奏はさらにこなれた演奏になっていたと思います。各曲のクライマックスの部分での力強く,輝かしい響きが圧巻でした。それと,やはり金沢市文化ホールよりは,音楽堂の響きの方が音楽的だな,と実感できました。

石川フィルには,これからも大曲に挑戦していって欲しいと思います。

« OEKの12月の公演 | トップページ | NHK-FMにカンタさん出演 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/46522068

この記事へのトラックバック一覧です: 石川フィルの「我が祖国」:

« OEKの12月の公演 | トップページ | NHK-FMにカンタさん出演 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック