OEKのCD

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ハノーヴァー国際ヴァイオリンコンクールとIMA | トップページ | PFUクリスマスチャリティコンサート »

2009/10/11

金沢アジア祭2009

10月11日と12日は,石川県立音楽堂では,金沢アジア祭ということで,アジアの音楽をふんだんに楽しむことができます。ラ・フォル・ジュルネ金沢ほどの公演数はありませんが,1時間以内のコンサートでコンサートホール,交流ホール,邦楽ホールをハシゴ(+JR金沢駅コンコースも)するスタイルは共通しています。

私は楽友会と定期会員の特権で,2つほど無料で聞くことができたので,今日の午前中の公演を聞いてきました。ウィグルの音楽とモンゴルの音楽でしたが,どちらも大変楽しめました。ウィグルの方は,ラワブという三味線風の楽器とピアノの共演でしたが,ウィグルの中でもかなり西方の曲を取り上げていたこともあり,非常にエキゾティクな雰囲気がありました。

モンゴルの方は,馬頭琴+パーカッション+ピアノという編成による演奏でした。馬頭琴奏者のセンジャーさんは,ちょっと韓流スターを思わせる優しく穏やかな雰囲気の方で,大変のびのびとした音楽を聞かせてくれました。日本の小学校の教科書にも採用されている「スーホの白い馬」という民話の朗読に合せて演奏したのですが,これが感動的でした。この話の名前は聞いたことがありましたが,こういう悲しい話だということは知らなかったので,モンゴルについての教養が一つ身に着いた感じです。

演奏後,丁度お昼時になったので,チケット代を払っていない分を含めて,音楽堂前のアジア屋台横丁であれこれ食べてみました。バングラデシュのカレー,台湾のタピオカ・・ティー,ベトナムの揚げ春巻を食べましたが,どれも各国の人が作っていただけあって,アジアン・テイスト満点の美味しさでした。

その後,雑貨販売コーナーで,カエルの形の小さなギロ(タイのものです)を買ってみました。カエルの背中を小さな棒でこすると,ケロケロというかゲロゲロという感じで鳴いてくれます。

段々と天候も良くなり穏やかな秋の休日,といった空気のある音楽堂周辺でした。

PS. 金沢21世紀美術館の方では,まるびぃdeパーティというイベントをやっていました。休日になると21世紀美術館はいつも大賑わいですが,こちらの方もジャズバンドが演奏していたり,楽しげな雰囲気になっていました。

« ハノーヴァー国際ヴァイオリンコンクールとIMA | トップページ | PFUクリスマスチャリティコンサート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/46455869

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢アジア祭2009:

« ハノーヴァー国際ヴァイオリンコンクールとIMA | トップページ | PFUクリスマスチャリティコンサート »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック