OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 金沢で歌い継がれて60年,今年はメサイア全曲公演 | トップページ | 金聖響さん,OEKアーティスティック・パートナーに就任 »

2009/12/08

もっとカンタービレ:第17回 ヨーロッパツアー2009 帰国報告会

今回の「もっとカンタービレ:オーケストラ・アンサンブル金沢室内楽シリーズ」ですが,残念ながら体調が悪く,行けませんでした。「ヨーロッパツアー2009 帰国報告会」ということで,楽しみにしていたのですが...

行かれた方がありましたら,コメントをお願いします。それにしても,11月の公演が少なかった分,12月にはOEKの公演が目白押しですね。

« 金沢で歌い継がれて60年,今年はメサイア全曲公演 | トップページ | 金聖響さん,OEKアーティスティック・パートナーに就任 »

コメント

はじめてコメントいたします。
もっとカンタービレ、行ってきました。
まさに「帰国報告会」という感じで、スライドやビデオを使って現地の様子を楽団員さんがリポートしてくれたトークも楽しかったですよ。
演奏曲のなかでは、ドホナーニのピアノ五重奏曲第2番が特に気に入りました。

よろしければ拙記事もごらんくださいませ。
http://blog.livedoor.jp/mac02quackey/archives/51664453.html

quackeyさま
早速,コメントをありがとうございます。実は私の方は新型インフルエンザに感染してしまい,さすがに出かけることはできませんでした(すぐに熱は下がってしまい,今は回復しつつあります)。

quackeyさんの「ワチャゴナ!」のページを読ませていただいたのですが,内容の方は,まさに「帰国報告会」だったようですね。お客さんとステージが近い交流ホールならではの企画だと思います。

お菓子や料理の話題,各地の写真やスライド,華やかな色合いのドレス...こういう話題を聞かせていただけると,オーケストラがとても身近に感じられますね。

ルーマニアの原綴は,Romaniaということで,古代ローマ時代の名残でラテン系のようですね。

2曲目に演奏されたリパッティについてですが,若くして白血病で亡くなった伝説的なピアニストで,ショパンのワルツ集の録音などが有名です。機会がありましたら,是非,お聞きになってみてください(録音は悪いですが)。

それでは。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/46971930

この記事へのトラックバック一覧です: もっとカンタービレ:第17回 ヨーロッパツアー2009 帰国報告会:

» OEK室内楽シリーズ「もっとカンタービレ♪」第17回 OEKヨーロッパツアー2009 帰国報告会 [ワチャゴナ! What Cha' Gonna Do for Me?]
OEK楽団員セルフプロデュースによる室内楽演奏会。今回は先月OEKが敢行したヨーロッパツアーの報告会を兼ねて、訪問先にちなんだ楽曲が演奏されました。 1曲目はモーツァルト。ツアー3公演目のオーストリア・ウィーンにちなんだ選曲です。フルートの岡本さんが、モーツァル....... [続きを読む]

« 金沢で歌い継がれて60年,今年はメサイア全曲公演 | トップページ | 金聖響さん,OEKアーティスティック・パートナーに就任 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック