OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »

2009年6月7日 - 2009年6月13日

2009/06/13

金聖響さんのベートーヴェン2曲

今回のOEKの定期公演は,金聖響さんの指揮による,ベートーヴェンの交響曲2曲+序曲というプログラムでした。これは,聖響さんが大阪で行っているベートーヴェンの交響曲のチクルスに併せての企画ですが(大阪では,明日14日に同じプログラムの公演が行われます),OEKの定期公演でベートーヴェンの交響曲が2曲演奏されるというのは,意外なことですが,今回が初めてかもしれません。

協奏曲を含めたベートーヴェン特集ならば,過去数回ありますが,ソリストなしでベートーヴェンの交響曲2曲というのは,金聖響さんに対するOEK側の信頼の強さを示すものだと思います。会場の方もほぼ満席だったと思います(3階席の方はよく見えませんでしたが)。

それと響敏也さんのプレトークを聞いて気づいたのですが,今日はOEKの初代音楽監督の岩城宏之さんの命日でした。岩城さんが晩年に愛した第8番と,OEKが岩城さんと共に頻繁に演奏してきた第7番という組み合わせは,この日にぴったりです。

「プロメテウスの創造物」序曲(この曲の主部を聞くと何故か旅行をしている気分になります)に続いて,第8番が演奏されました。今回は,CD録音も行っていましたが,まず目立つ特徴はステージ奥に並んだコントラバスでした。ブラームスの時にはこの形を見た覚えがありますが,ベートーヴェンでこの配置を取るのは初めてのような気がします。そのせいもあるのか,非常に剛性感のある演奏でした。スリリングな感じのする第4楽章のキレの良い演奏も印象的でした。

後半の第7番は,過去に何回も演奏してきた曲ということで,余裕たっぷりの演奏だったと思います。それほど古楽奏法は目立ちませんでしたが,この曲を何回も演奏しているからこその,思い切りの良さが随所にありました。特に第4楽章の終盤の沸き立つような熱気は,お見事でした。ティンパニの渡邉さんの強打が炸裂し,「これがOEKだ!」という自信たっぷりの響きに満たされました。

金聖響さんとOEKによるベートーヴェンの交響曲シリーズは12月の第9で完結するとのことですが,どの曲にも勢いがあるのが良いですね。チクルスという名に相応しい演奏の連続です。

2009/06/10

空からオタマジャクシ?

今日は大きなニュースがなかったせいか,「石川県では,空からオタマジャクシが降ってくる奇妙なできごとがありました」というニュースをNHKの全国ニュースで言っていました。内容は次のような感じです。

http://www.asahi.com/national/update/0609/OSK200906090072.html

昔から金沢では,「空から降ってくるもの」と言えば「加賀宝生の謡」と相場が決まっていたのですが,これはもしかしたら,ラ・フォル・ジュルネ金沢の影響なのかもしれません。5月上旬にモーツァルトの曲の音符が空に舞い上がり,今頃になって県内各地にオタマジャクシとして降っている,というのが私の説です。

それにしても謎です。今後も続くのか注目したいところです。毎年同じ時期に発生するとしたら,「音符が空から降ってくる県」として売り出せるのですが...。それにしても謎です。

Otamajakushi

2009/06/08

OEKメンバーズ兼六園クラシックミニコンサート:新緑と月光

この土日を中心に行われた金沢百万石まつりの関連イベントとして,ライトアップされた兼六園の中でOEKのメンバーが演奏を行うというイベントが行われたので出かけてきました。小雨気味だったのですが,兼六園自体が入場無料になっていたこともあり,かなりのお客さんが集まっていました。演奏の雰囲気ですが次の写真のような感じでした。
Kenrokuen

新緑が水面に移る夜景の中,ヴァイオリン×2+コントラバスという編成で短い曲が5曲演奏されましたが,とても新鮮な気分で聞くことができました。もちろんマイクとスピーカーで音は拡大されていましたが,これだけ広い空間ですので,うるさく響くことはなく,自然と一体になっていました。

この兼六園のライトアップですが,時々行っているようです。冬に聞きに行くのはつらそうですが,機会があれば,是非また聞きに行ってみたいと思います。

PS.夜景の撮影ですが,デジカメのモードを変更してみたところ,シャッタースピードが遅くなり,意外にきれいに撮影できました。三脚を持っていかなかったので,手すりの上などに置いて写してみたのですが,もっと良いカメラだと,もっと美しい写真を取れたのではないかと思います。

2009/06/07

金沢21世紀美術館でピンポン

今,金沢21世紀美術館では,「愛についての100の物語」という展覧会を行っています。私は,昨日の百万石まつりのパレードを金沢市役所付近で見たのですが,行列が始まるまでの待ち時間を利用して,21世紀美術館にフラリと立ち寄ったとこころ,作曲家でピアニストの一柳慧さんの姿をお見かけしました。

しかもその格好ですが,どうみても卓球をするスタイルでした。どうも次の企画で来られていたようです。
http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=24&d=572

21世紀美術館の展示の中に参加体験型アート・ワーク《オープン・ダイアローグ》というものがあったのですが,通常の卓球台で卓球をすると,それにあわせて部屋の中からピアノの音が聞こえ,照明が変わるというものでした。恐らく,このパフォーマンスをするために一柳さんは来られていたのだと思います。

以前,井上道義さんと一柳さんがトークをした際に「一柳さんは卓球の名手なんですよ」ということを語っていたので,今度は是非,ピアノ協奏曲「ピンポン」などというのに期待したいと思います。

« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック