OEKのCD

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »

2009年7月19日 - 2009年7月25日

2009/07/25

安永徹さん,市野あゆみさん登場

今日は2008-2009の定期公演シリーズの最後となる,フィルハーモニーシリーズに出かけてきました。ゲストは,ヴァイオリン&リーダーの安永徹さんとピアノの市野あゆみさんでした。このお2人がこの時期にOEKに客演するのもすっかり恒例になりました。今回もまた,OEKの基本編成で演奏できる曲3曲が取り上げられました。

今回面白かったのが,ソリストも全部,OEK団員が担当していた点です。ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲のピアノはもちろん市野さんですが,トランペットは藤井さんが担当しました。最後のハイドンの方は,安永さんのヴァイオリンに加え,オーボエの加納さん,チェロのカンタさん,ファゴットの柳浦さんがソリストとして登場しました。こういうプログラムを定期公演で組めるのも,団員と定期会員の距離が近い地域密着型のオーケストラだからだと思います。

安永さんが登場する公演では,いつもニュアンス豊かで集中力の高い演奏を聞かせてくれますが,今回の3曲もそのとおりでした。シューベルトの交響曲第5番はまさにOEK向きの曲です。1曲目に演奏されたこともあり,コンパクトにまとまっていましたが,どの楽器の音も生き生きしており,大変聞き映えがしました。

2曲目のショスタコーヴィチもOEKがよく演奏する曲ですが,指揮者なしというのは,大胆な試みだったと思います。特に最後の楽章などは,ピアノ,トランペット,OEKの掛け合いという感じのスリリングな演奏でした。それでも品良く,センスが良いのは市野さんらしいと思いました。

3曲目のハイドンの協奏交響曲は,ソリスト4人ということで,シリアスさよりも祝祭的な感じがあり,気軽に楽しむことができました。4人の演奏を聞きながら,「楽器のキャラクターと演奏者のキャラクターがよく合っているなぁ」とか「この4人でOEKファミリーによる携帯電話のCMとか作れそうだ」とかいろいろと音楽の以外のことを考えながら,リラックスして楽しむことができました。

これで定期公演のシーズンが終わり,手持ちのチケットがゼロになりました。梅雨が明け,夏休みが明け,そして,新シリーズ...ということで次シーズンを楽しみに待ちたいと思います。

2009/07/20

東京芸術劇場音楽制作ブログ

まだまだ,トゥーランドットの余韻が残っていますが,今回,東京公演が行われる東京芸術劇場の音楽制作スタッフの方がブログを作られているのを見つけました。

http://ameblo.jp/geigekimusic/

舞台裏の写真など興味深い情報が掲載されています。東京公演の様子もこのブログでしっかり報告されそうですね。

« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック