OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »

2009年8月16日 - 2009年8月22日

2009/08/22

圧巻・豪華・感動!「終わらない夏の王国」

今日は金沢歌劇座で行われた歌劇「終わらない夏の王国」を見てきました。金沢歌劇座の座付スクールとして2007年9月に開校した金沢ジュニア・オペラスクール(KJOS)の最初の公演という記念すべき公演でしたが,予想を上回る見事な公演でした。この公演のために長い期間準備してきた成果が,最良の形で発揮されたのではないかと思います。

何よりも,指揮・演出も務めた神田慶一さんの作品が感動的でした。2幕構成で,全体で2時間以上かかる本格的な作品で,セリフ的な部分も含めてすべて音楽に乗って進みます。「ヘンゼルとグレーテル」を下敷きにしたストーリーでしたが,それを日本の子供の夏休みに置き換えた発想がまず素晴らしく,「この時期にぴったり」という作品になっていました。

主役クラスの3人を含め,各登場人物のキャラが立っており,すっかりファンタジーの世界に巻き込まれました。特に各幕切れ付近の合唱やダンスを見ながら,なぜかウルウルとなってしまいました(何と言うか「夏休みの終わり」とか「夕方」とか「子供」とかそういうキーワードが絡むと,明るければ明るいほど,切なくなりますね)。お見事でした。

衣装の豪華さ,その名のとおり「森」だった合唱団,そして,子供たちを支えた大人の歌手たち....非常に登場人物の多い作品でしたが,出演者もお客さんも大満足の作品だったと思います。この作品が1回だけの上演で終わってしまうも贅沢なのですが,是非「夏の定番」として,いつか再演して欲しいものです。KJOSの皆さんに心から感謝したいと当時に,今後の活動にも注目したいと思います。ありがとうございました。

2009/08/18

いしかわミュージックアカデミー2009開幕

8月恒例のいしかわミュージックアカデミー(IMA)が始まったようです。以前のように講師陣による室内楽公演は少なくなったのですが,その代わりにIMAの受講生や修了生による公演がいろいろと行われます。また,講習の様子を見学することもできるようです。詳細は次のページをご覧ください。

http://www.pref.ishikawa.jp/music/A.music/index_j.htm

今年は井上道義音楽監督指揮OEKとIMA出身の若手奏者とが共演するコンサートが8月27日に行われますが,特に神尾真由子さんとの共演に注目したいと思います。

2009/08/16

ジョイント・コンサート 朝日親子サマースペシャル

夏休み真っ盛り...というよりも,今年の場合「やっと夏」という感じですが,真夏らしい天候の中,この時期恒例のOEKのジョイント・コンサート朝日親子サマースペシャル」を聞いてきました。この演奏会では,毎年,OEKとOEKエンジェルコーラス,石川県ジュニアオーケストラが共演し,子供を中心とした家族連れのための曲が演奏されます。

OEK単独で演奏された子供の領分(管弦楽版)やおもちゃの交響曲も楽しめましたが,今年のハイライトは何と言っても,高校1年生のピアニストの徳永雄紀君とOEK+石川県ジュニアオーケストラ(合計で100名ほど!)が共演したラプソディ・イン・ブルーでした。徳永さんの演奏を聞くのは,新人登竜門コンサート以来のことですが,その時同様,余裕たっぷりの演奏で,「大人」の演奏でした。もちろん,山下洋輔さんや小曽根真さんのようなアドリブはほとんどなかったのですが,テンポの揺れなども堂に入っており,「正統派のすがすがしいラプソディ」を楽しませてもらいました。これを受ける合同オーケストラの演奏も立派なものでした。特にずらりと並んだトランペットの爽快の響きが最高でした。真夏に聞く若々しいガーシュインという気分たっぷりの演奏でした。

エンジェルコーラスの歌ったモーツァルトの百面相は,彼らの十八番のようなものですが,歌詞の多い(そして手拍子などの振り付けなどもいろいろ付いていましたね)難しい曲をしっかり聞かせてくれました。後半,宮川彬良さんの作曲によるオーケストラと児童合唱のための曲が2曲が歌われましたが,どちらもとても良い曲でした。エンジェルコーラスのように,子供の頃から,いろいろな曲をオーケストラと共演できるというのもうらやましいなぁと思いながら聞いていました。

最後は,おなじみゴジラ松井の応援歌で締められました。この歌については,本当に使われているのが謎ではあるのですが,応援する方としては,最近調子が良いので応援のしがいがあるというものです。

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック