OEKのCD

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »

2009年9月20日 - 2009年9月26日

2009/09/24

外来オーケストラ来日公演あれこれ

本日は石川県立音楽堂で,西本智実指揮ロイヤル・フィルの演奏会が行われましたが(この公演には行けませんでしたが),今シーズンは,これ以外にもあれこれ来日オーケストラの公演が金沢で行われますので,ご紹介しましょう。

11月3日
マルク・ミンコフスキ指揮 ルーブル宮音楽隊
http://ongakudoishikawa.blog14.fc2.com/blog-entry-52.html

11月6日
レオシュ・スワロフスキー指揮チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団
http://www.geibunkyo.or.jp/perform/2009/brno.html

3月1日
サカリ・オラモ指揮ロイヤル・ストックホルム管弦楽団 
http://www.fujitv.co.jp/events/t-gc/tgc_kanazawa.html

この中で,個人的にいちばんの注目しているのは,初来日となるマルク・ミンコフスキ指揮 ルーブル宮音楽隊の公演です。音楽堂のブログから,YouTubeにリンクが張られていますが,なかなか不思議な雰囲気がありますね。

その他の2つは,いずれも「新世界」交響曲を演奏するようですが,むしろ独奏者の方が注目だと思います。東芝グランド・コンサートの方には,お馴染みのアリス=紗良・オットさんが再度登場します。今度は,チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を演奏します。

ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団の方は,ベン・キムさんがソリストとして登場します。日本ではまだ知名度は高くありませんが,ミュンヘン国際音楽コンクールの優勝者ということですので,相当の実力者だと思います。こちらの方は,ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏します(赤羽ホールだとホールが小さすぎる気もするのですが...)。

今年は超メジャー・オーケストラの公演はないの,それぞれに注目の公演ですね。

PS. 本日のロイヤル・フィルの公演ですが,OEKのコンサートマスターとしてもお馴染みのサイモン・ブレンディスさんがコンサートマスターとして登場されたようです。こういうのもなかなか面白いですね。

http://ongakudoishikawa.blog14.fc2.com/blog-entry-53.html

2009/09/23

OEK2009ヨーロッパツァー

今年の11月,OEKは14回目となる海外公演を行います。その内容が定期公演パンフレットに掲載されていましたので,概要をご紹介しましょう。

11月4日 ブカレスト公演(ルーマニア) アテネ音楽堂
11月6日 ソフィア公演(ブルガリア) ブルガリア・ホール

宮城道雄(池辺編曲):春の海
モーツァルト:交響曲第36番「リンツ」
ベートーヴェン:交響曲第7番

11月8日 ウィーン公演(オーストリア) コンツェルトハウス大ホール
石井眞木:声明交響II(東京楽所,天台声明音律研究会)
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番(ヴァイオリン:リディア・バイチ)
ハイドン:交響曲第100番「軍隊」

11月10日 ブダペスト公演(ハンガリー) バルトーク国立コンサートホール
石井眞木:声明交響II(東京楽所,天台声明音律研究会)
ハイドン:チェロ協奏曲第1番(チェロ:チャバ・オンツァイ)
ベートーヴェン:交響曲第7番

今年は,ドナウ川流域4カ国(オーストリア,ハンガリー,ブルガリア,ルーマニア)と日本との外交関係開設・再開の節目の年にあたります。「日本・ドナウ交流年2009」を記念しての演奏会ということです。指揮は,もちろん,全公演,井上道義さんです。

最近の雑誌から

レコード芸術10月号
OEK21シリーズ,ヴァレーズさん指揮,吉本奈津子さんのヴァイオリンのCD評

音楽現代10月号
OEK21シリーズ今シーズンの5枚についての評
「東京の夏」音楽祭についての記事の中で井上/OEKの演奏会について触れられています。
OEKは登場していませんが,東京芸術劇場で行われた「トゥーランドット」公演の記事が掲載されています。

モーストリークラシック11月号
モーツァルト特集の記事の中に井上音楽監督のインタビューが掲載されています。
8月末に行われた井上音楽監督による指揮講習会についたの記事

その他,10月の定期公演に登場する中村紘子さんの記事がどの雑誌にも掲載されています。

2009/09/22

ブザンソン国際指揮者コンクールで山田和樹さん優勝

小澤征爾さんが優勝したコンクールとして知られているブザンソン国際指揮者コンクールで,山田和樹さんが優勝されました。山田さんは,OEKの公演にもよく客演されている方ですので,身内が優勝したような感覚です。

朝日新聞の記事

山田さんがOEKの指揮をするのを初めて見たのは,2006年の4月に行われた北陸新人登竜門コンサートでのことです。このときは,最晩年の岩城宏之さんの代役として登場されたのですが,このコンサートとしては,異例なことに,山田さんの指揮でベートーヴェンの交響曲第8番の全曲が演奏されました。考えてみると,このコンサート自体が,山田さんにとっての「登竜門」になったような気がします。

今回の優勝をきっかけに,一気に指揮活動がさかんになると思いますが,是非,OEKの定期公演への登場を期待したいと思います。

« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック