OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

2009年1月25日 - 2009年1月31日

2009/01/31

バッハ無伴奏チェロ組曲を弾く(1)

今晩は石川県立音楽堂で,飯田みち代さんのオペラアリアの演奏会もあったのですが,久しぶりに金沢蓄音器館の方に行って,元OEKのチェロ奏者だった十代田光子さんによる無伴奏チェロソナタシリーズの第1回に出かけてきました。

先週の土曜日は湯涌温泉で第1番を聞いたばかりだったので,2週連続で無伴奏を聞いたことになります。今回は,3番と4番が演奏されましたが,このシリーズの特徴は,バロック・チェロを使った演奏だという点にあるようです。演奏を聞くまでは知らなかったのですが,通常のチェロの音よりは,音量が小さく,音色もかなり地味でした。ガット弦を使い,弓も現代のものとは違うものを使っていたようで,非常に優しい感じの響きでした。

通常のホールで演奏するには,少々広すぎるところがありますので,金沢蓄音器館で演奏するのにぴったりの企画といえそうです。キャンセル待ちのお客さんがでるほどの盛況でしたが,第2回以降にも期待したいと思います。

2009/01/30

3日連続,オーディション

定期公演が終わったばかりの石川県立音楽堂ですが,明日1月31日から3日連続で,公開オーディションが行われます。1月31日と2月1日が「ラ・フォル・ジュルネ金沢」関連の「モーツァルト・ピアノマラソン」のオーディション,2月2日の方が,北陸新人登竜門コンサートのオーディションです。

出演される方も大変ですが,審査員の方々もマラソンなみのスケジュールですね。それにしても,モーツァルト・マラソンの方の審査員は,中村紘子さん,若林顕さん,近藤嘉宏さん,菊池洋子さんということで,大変豪華メンバーですね。

時間等の詳細は公式ホームページ等をご覧ください。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/index.html

キタエンコさん登場

1月後半のOEK定期公演マイスターシリーズには,プリンシパル・ゲスト・コンダクターのドミトリー・キタエンコさんが登場しました。リムスキー=コルサコフの曲の間にプーランクのオルガン協奏曲が入るというプログラムは,OEKとしては,珍しいのですが,オーケストラとオルガンの充実した響きに満たされた,素晴らしい公演になりました。

今回のプログラムでまず,面白かったのは,シェエラザードが最初に演奏された点です。これは意表を突く構成でしたが,考えてみれば,スペイン奇想曲の方が賑々しく終わりますので,これで正解だったかもしれません。

OEKのシェエラザードといえば,岩城さんが車椅子で指揮した200回定期公演を思い出しますが,今回のキタエンコさんの指揮による演奏も大変じっくりとしたテンポで演奏されました。トロンボーンなどを増強していますので,通常よりは力強い響きが出ていましたが,特に前半の楽章では,管楽器を中心としたソロ楽器のフレーズのやり取りにじっと聞き入ってしまうような「室内楽的シェエラザード」という感じのする演奏でした。最終楽章での船が難破する部分でのティンパニの音がもの凄かったのも印象的でした。

そして,何と言ってもアビゲイル・ヤングさんのソロがお見事でした。このところ,コンサート・ミストレスとしてヤングさんが登場する機会が多いのですが,お客さんからも指揮者からも信頼度抜群の名リーダーと言っても良いと思います。

というわけで,OEKの奏者のソリスティックな面とオーケストラ全体としてのマスとしての響きの両者をたっぷりと味わうことができました。

プーランクのオルガン協奏曲が定期公演で演奏されるのは,これが初めてだと思いますが,まさに石川県立音楽堂とOEKのためのような曲です。おなじみの黒瀬恵さんのオルガンの荘重な響きに始まり,時に甘美に時に宗教的な気分を感じさせながら,この曲もまた,じっくりと聞かせてくれました。

最後に演奏された,スペイン奇想曲もゆっくり目のテンポでしたが,冒頭から脱力した気分があり,遠藤さんのクラリネットやヤングさんのヴァイオリンをはじめ,余裕たっぷりの演奏でした。リラックスした気分の中から所々聞こえてくる濃いスペイン情緒も大変魅力的でした。

アンコールには,仮面舞踏会を期待していたのですが,スペインつながりで,ビゼーのカルメン前奏曲でした。これもまた,たっぷりとした大らかな演奏で,贅沢な夜をしっかりと締めてくれました。

2009/01/29

ラ・フォル・ジュルネ金沢の話題あれこれ

1月26日に「ラ・フォル・ジュルネ金沢『熱狂の日』音楽祭2009」の第2回実行委員会が行われ,その内容が徐々に分かってきました。新聞記事を元にまとめてみました。

-もちろん,オーケストラ・アンサンブル金沢と井上道義音楽監督がホスト役
-出演オーケストラは5団体に
-「街なかコンサート」など、会場を金沢市中心部や富山、福井県内に拡大し、市民参加型のプログラムを実施
-4月28日午後7時から北国新聞赤羽ホールで行われる、前夜祭「熱狂の日ガラコンサート」で開幕
-4月29日 JR金沢、富山、高岡、福井の各駅構内や駅前で午前11時からオープニングイベント
-午後2時の石川県立音楽堂での開会式とOEKのコンサートで本格的な開幕
-計150公演(うち100が無料公演)
-高岡文化ホール,福井県立音楽堂でも有料公演
-福井県出身のバイオリニスト戸田弥生さん,OEKと何度も共演しているピアニスト菊池洋子さんらが出演
-出演者:スペインのビルバオ交響楽団指揮者のゴルカ・シエラさん,オーヴェルニュ室内管弦楽団,ストラディヴァリア弦楽四重奏団
-能とクラシックのコラボレーションや吹奏楽を今回も盛り込む
-チケットは3月1日から一般発売
-LFJ金沢フレンズ(メール会員)になれば、2月14~20日に先行予約も可能
-5月2~4日の公演は全席指定席

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090127-OYT8T00034.htm

北國新聞
http://www.hokkoku.co.jp/news/OD20090127501.htm

北陸中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20090127/CK2009012702000187.html

OEKのコンポーザー・イン・レジデンスにロジェ・ブトリーさん

今年のオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)のコンポーザー・イン・レジデンスに,ロジェ・ブトリーさんが就任しました。ブトリーさんは,かつて,パリのギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の指揮者として有名でしたが,作曲家としても有名で,今はなき「ローマ賞」も受賞されています。OEKへの客演も数回行っており,新曲のCD録音も残しています。次の記事によると,9月にサクソフォン協奏曲が初演されるようです。

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/toku/mado/CK2009011602000179.html?ref=related

2009/01/27

最近の雑誌から

最近の雑誌に掲載されているOEK関係の記事をピックアップしようと思ったのですが...今月は特に掲載されていないようでした。代わりに「ぶらあぼ」という無料配布のクラシック音楽情報誌のリニューアルについてご紹介しましょう。

この雑誌のサイトを見てみたところ,次のとおりebravoという形で,全誌をWeb上で読めるようになっていました。
http://www.mde.co.jp/ebravo/book/200902/
PDFではなく,紙の冊子のイメージを踏襲して,ページをめくるイメージになっているのが面白いところです。有料販売のモーストリー・クラシックの方もかなりのページをWeb上で見られますが,広告も含めて見られるというのはなかなかユニークです。

今後,インタビューの動画も予定と書いてありましたが,今後に注目したいと思います。

OEKの方は,長い国内ツァーを無事終えたようですね。今週の定期公演のキタエンコさん指揮によるシェエラザードも楽しみですね。

« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック