OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »

2009年12月6日 - 2009年12月12日

2009/12/12

金聖響/OEKの第9:ベートーヴェン・チクルス完結

先日,OEKのアーティスティック・パートナーに就任したばかりの金聖響さん指揮によるベートーヴェンの第9を聞いてきました。これで,ベートーヴェン・チクルスが完結したことになります。今回の定期公演は,ライブ録音も行っており,Avexから出ている,ベートーヴェン交響曲全集のレコーディングもこれで完結したことになります。

今回の演奏ですが,聖響さんらしい「こだわりの音作り」をしっかりと楽しませてくれました。これまで同様,弦楽器はノンヴィブラートで透明で室内楽的な響きを主体とし,ところどころ,おやっと思わせる管楽器の音や内声部の音を聞かせたりするような演奏でした。今回は,特にこのことが徹底していたと思います。

まず,第3楽章までは,非常に速いテンポで,すっきりとした古典派交響曲としての形を聞かせてくれました。特にこのところすっかりお馴染みとなったティンパニの菅原淳さんの迫力のある音が見事でした。ホルンも大活躍していました。惜しいところで,ミスをしていた部分があったのですが,日頃聞きなれないような変わった音がどの楽章からも聞こえてきました。

第4楽章は,フルトヴェングラーとかバーンスタインのような,「感動した!」というタイプの演奏と敢えて正反対の方向を目指した演奏になっていたと思います。この辺は,恐らく,好みが分かれたと思います。フルトヴェングラーの有名な録音では,「...vor Gott!」という歌詞の後,もの凄い間を入れているのですが,今日の演奏は,この間が全くありませんでした。ちょっと慌しいかな,という気はしたのですが,金聖響さんらしいと思いました。楽章の最後もフルトヴェングラーは,もの凄いアッチェレランドをかけますが,今日の演奏では,それほど熱狂的にはならず,余裕たっぷりにバチっと締めてきました。

合唱団は大阪フィル合唱団の皆さんでした。こちらも熱狂的に盛り上がるというよりは,美しい響きをしっかり聞かせてくれるような歌唱でした。4人のソリストの中では,森麻季さんと押見朋子さんの女声2人の声がとてもしっとりとしており,特に気に入りました。テノールの吉田さんの声は,ソロの部分は非常に格好良かったのですが,重唱の部分になると,ちょっとバランスが悪いような気がしました。

前半は,レオノーレ序曲第3番が演奏されました。これも第9同様,「こだわり」の響きを持った演奏でした。ただし,前半はこれ1曲で休憩になったで,ちょっと軽すぎるかなという気もしました。

金聖響さんとOEKは,明日は大阪で同様の公演を行いますが,チクルスの最後を締めくくるのに相応しい,意欲的な公演になることでしょう。

2009/12/09

金聖響さん,OEKアーティスティック・パートナーに就任

OEK公式サイトのニュースによると,今週土曜日の定期公演に登場する金聖響さんがOEKアーティスティック・パートナーに就任されたとのことです。あまり聞いたことのない肩書きですが,今後いっそうOEKとのつながりが深くなることになります。

http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2009/12/post_194.html

聖響さんは,インタビューの中で「今後,シューベルトやシューマンを取り上げていきたい」と語っていますが,個人的には,OEKがほとんど取り上げてこなかったシューマンの交響曲に特に期待したいと思います。「アイデアはたくさんあります」と語っているのも頼もしいですね。

来年のラ・フォル・ジュルネはショパン+αということで,もしかしたらこの時に金聖響さん指揮OEKのシューマンというのも期待できるかもしれないですね。金聖響さんが常任指揮者を務める神奈川フィルとの合同公演というのもあるかもしれません。いろいろと期待が広がります。

聖響さんのブログには,今度の定期公演に向けてのメッセージが書かれていますので,併せてご覧ください。

http://seikyo.eplus2.jp/article/135087964.html

2009/12/08

もっとカンタービレ:第17回 ヨーロッパツアー2009 帰国報告会

今回の「もっとカンタービレ:オーケストラ・アンサンブル金沢室内楽シリーズ」ですが,残念ながら体調が悪く,行けませんでした。「ヨーロッパツアー2009 帰国報告会」ということで,楽しみにしていたのですが...

行かれた方がありましたら,コメントをお願いします。それにしても,11月の公演が少なかった分,12月にはOEKの公演が目白押しですね。

2009/12/06

金沢で歌い継がれて60年,今年はメサイア全曲公演

毎年12月に金沢でヘンデルの「メサイア」を歌い続けている北陸聖歌合唱団ですが,ヘンデル没後250年の今年は,久しぶりに全曲演奏に挑みました。今年のチラシには,「金沢で歌い継がれて60年」という面白いキャッチフレーズが書かれていましたが,60年も続ければ,もう立派な伝統芸能ですね。

今回の公演ですが,本当に素晴らしい演奏でした。全曲を演奏したこと自体,まず素晴らしいのですが,ストレートに音楽に立ち向かうような佐藤正浩さん指揮のOEKと北陸聖歌合唱団の音楽が何よりも感動的でした。4人のソリストの皆さんの歌も大変立派なものでした。テノールの藤井さん以外は,昨年に続いての登場でしたが,この藤井さんの歌が特に印象的でした。最初のアリアから真っ直ぐで品の良い声を聞かせてました。

ハレルヤ・コーラスですが,今回は佐藤さんと大野由加さんによるプレレトークの時に「ぜひ立ち上がってみてください」という説明があったこともあり,大半の人が立ち上がっていたのではないかと思います。昨年までは,勇気ある人だけ立ち上がっていた感じですが,今年の場合は,スタンディング・オベーション状態になっており壮観でした。

今回全曲を聞いて感じたのは,いつも省略されることの多い,第2部の前半部の面白さです。合唱曲が連続し,テノールの出番が多いのですが,バッハの受難曲の雰囲気と通じる気分があると感じました。全曲で3時間近くかかるとあって,最後のアーメン・コーラスに到達したときは,例年にも増して充実感がありました。合唱団の皆さんの声にも開放感があり,大変伸びやかで明るいものでした。

昨年までのクリスマス公演+メサイアというスタイルも悪くはないのですが,全曲はさらにすごいと実感した公演でした。

« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック