OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

2009年12月20日 - 2009年12月26日

2009/12/26

今年の締めは金沢大学フィルのマーラー

毎年,1月中旬に定期演奏会を行っている金沢大学フィルハーモニー管弦楽団ですが,今年は12月に定期公演が行われました。今年はマーラーの交響曲第1番「巨人」を演奏する,ということで,”今年の締め”として聞きに行ってきました。

金大フィルの「巨人」を聞くのは2回目のことです。前回は1980年代の前半のことでしたが,私自身のコンサート通いの原点になった演奏会でした。この曲は,若い人たちが演奏するのにぴったりの曲で,今回も金洪才さん指揮の下で,清々しい演奏を聞かせてくれました。「ホルンが肝」という曲なので,もう一がんばりして欲しい部分もありましたが,要所要所での力強い響きやベルアップは印象的で,曲のイメージに相応しい「青春」の雰囲気をしっかり伝えてくれました。弦楽器は,非常に素晴らしい音を出していたと思います。第4楽章に出て来る息の長いメロディなど,大変聞き映えがしました。

前半は,ベートーヴェンの「フィデリオ」序曲とドリーブの「シルヴィア」の組曲が演奏されました。この中では,特に「シルヴィア」の方が大変親しみやすい曲で,鮮やかな演奏でした。ワーグナーの曲にそっくりの響きが出てきたり,弦のピツィカート主体の曲があったり,大変楽しめました。

今回は,我が家の子供と一緒に聞きに行ったのですが,長い「巨人」もまったく退屈せずに聞いていました。実は,子供の方は,吹奏楽で打楽器を担当しているのですが,そういう目で見ると「巨人」も「シルヴィア」も打楽器が大活躍する曲だと分かります。オーケストラの曲というのは,編成が大きい分,いろいろな視点から鑑賞できるのだなぁということも再認識しました。

11月末には,OEK+新日本フィルでマーラーの第3番を聞いたばかりですが,その1ヶ月後にまた別のマーラーの曲を聞けるというのも金沢では珍しいことです。今年の演奏会通いは,これでおしまいにする予定ですが,来年もまた,マーラーの交響曲(できれば後期の交響曲あたり)を聞けないかな,と期待しているところです。

2009/12/25

ラ・フォル・ジュルネ金沢のサイトのデザイン更新

ラ・フォル・ジュルネ金沢のサイトですが,ショパンの肖像画のイラストが登場しています。


http://lfjk.jp/index.html

ショパンの背景にシューマン,メンデルスゾーン,リストの肖像画が飾ってあり,さらに窓の外には...石川門ということになっています。こういう角度で石川門が見える場所は?と探してみたくなりますが,実在しない場所かもしれないですね。ショパンが手にしているカップ,着ているTシャツの実物などがあれば欲しくなりそうです。

というわけで,期待が高まるようなイラストです。各種ポスター等もこの線に沿ったものになるのではないかと思います。

2009/12/23

21世紀美術館のクリスマス

今日は12月23日。街中をあるけば,いたるところからクリスマスの音楽が聞こえてきます。金沢21世紀美術館とOEKのコラボ企画としてすっかり定着したmusic@rtシリーズですが,今回は,トロイ・グーキンズさんのヴァイオリン,直江学美さんの歌,黒瀬恵さんのオルガン,OEKエンジェルコーラスの合唱による,クリスマスにちなんだ音楽の特集となりました。

実は,純粋にクリスマス向けの音楽でない曲もあったのですが,オルガンの響きが入ると,クリスマスの雰囲気になるのが面白いところです。前半はヴァイオリン,歌,オルガンの組み合わせでしたが,小型オルガンの親しみやすい音と優しい雰囲気のヴァイオリンと歌がうまくマッチしており,とてもよい雰囲気を作っていました。

途中からエンジェルコーラスの皆さんが「まっかなお鼻の...」と歌いながら入ってきたのですが,この遠くから音が近づいてくる感覚もワクワクさせるものがあります。美術館周辺の商店街を一回りしてから,戻ってきたようですが,相変わらず21世紀美術館の企画力は素晴らしいと思いました。

最後はきよしこの夜などお馴染みのクリスマスソングを歌ってお開きとなりましたが,金沢のクリスマス行事の一つとして定着してきているようです。暖かな気分にさせてくれる,演奏会でした。

2009/12/20

OEKの公演のテレビ放送

9月6日に行われた井上道義さん指揮による「岩城宏之メモリアル・コンサート」が以下のとおりテレビで放送されます。

北陸朝日放送
12月28日 15:00〜 /12月29日 15:00〜

テレビのCMとして流れたのをメモしただけなのですが,恐らく,この日演奏された曲の全曲が2回に分けて放送されるのではないかと思います。

これは,OEKの公演ではないのですが,先日,OEKを指揮したばかりのクルト・マズアさんがNHK交響楽団の第9公演の指揮者として登場します。恐らく,テレビ放送もあると思いますので,マズアさんを再度見たい方はお楽しみに。
http://www.nhkso.or.jp/calendar/concert_no9.php

その他,メンデルスゾーンについての次のような特集番組が放送されるようです。
http://www.mde.co.jp/topics/091217_5057.html

こちらは金沢では放送されないと思いますが,マズアさんが出演されるようなので,是非石川県内での放送を希望したいところです。

OEKは松本,金沢エキコンは小松明峰高校吹奏楽部

OEKは,本日は松本で公演を行ったはずです。金聖響さん指揮,ギターの村治佳織さんとの共演ですが,メインの曲がベートーヴェンの交響曲第7番ということで,「のだめカンタービレ」の映画の公開にぴたりと合わせたような選曲ですね。

金沢では,小松明峰高校吹奏楽部が出演する金沢駅でエキコンを行っていました。このところの積雪で,家の前の雪かきをしてから聞きに行ったのですが,クリスマス&忘年会&紅白歌合戦...など年末気分満載の演奏でした。小松明峰高校は,今年の全日本吹奏楽コンクールの全国大会で金賞受賞という快挙を成し遂げましたが,今回は,サービス精神旺盛な,非常にリラックスした演奏を聞かせてくれました。

おなじみのクリスマスの曲に加え,「北の宿から」,嵐の「WISH」など,歌入りの曲も演奏したのですが,何と部員がマイクを持って歌っていました。司会進行も高校生自身がやっており,文化祭のステージを見るような微笑ましさもありました。最後にアンコールで,吹奏楽の世界ではお馴染みの「宝島」が演奏されましたが,間近で見ると,非常に迫力がありました。

現在,世界的な不況が続いていますが,高校生による吹奏楽の世界は,そういう気分を忘れさせてくれます。個人的にも,最近,吹奏楽のレパートリーに非常に関心があるので,2010年は重点的に聞いてみようかなとも思っています。来年のラ・フォル・ジュルネ金沢にも恐らく,全国の高校吹奏楽団が出演すると思いますが,今から楽しみです。

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック