OEKのCD

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ショパン生誕200年記念「石川県縦断ピアノコンサート」 スタート | トップページ | 兼六園クラシックミニコンサート「癒しのシンフォニー」 »

2010/02/02

竹澤恭子&江口玲チャリティコンサート

今日は,石川県立音楽堂邦楽ホールで行われた,竹澤恭子さんと江口玲さんによるデュオ・リサイタルを聞いてきました。竹澤さんが金沢で演奏会を行うのは,久しぶりですが,圧巻のステージでした。今回は開演前に座席指定券と引き換えたのですが,その結果,かなり前の方の座席が当たりました。竹澤さんの気合がダイレクトに伝わって来るような場所ということで,大変貴重な経験ができました。

この日は,CD録音も行っていたのですが(邦楽ホールでレコーディングというのは初めて?),「正確にきちんと弾こう」といった,こじんまりとまとめようとする雰囲気は皆無で,どの曲も自信に満ち,思い切りの良い表現の連続でした。江口さんのピアノも見事でした。何もよりも音が美しく,竹澤さんの濃い表現を暖かく受け止めていました。

今回は,休憩なしだったのですが,前半がブラームス,後半が民族的な曲集という構成になっていました。ブラームスの方は,譜面をじっくり睨みながらの演奏でしたが,後半の方はほとんど譜面を見ずに演奏しており,より音楽の柄も大きくなっていた気がしました。おなじみのツィゴイネルワイゼンも「こうでなくては」という名演でした。

このところ,ヴァイオリン・リサイタルといえば,IMAなどでの若手演奏家の演奏を聞く機会が多かったのですが,今回の竹澤さんの演奏を聞いて,やはり貫禄が違う,と思いました。もちろん,若手の演奏も魅力はあるのですが,竹澤さんの存在感は,他に得がたいものです。有無を言わさぬ,迫力のあるヴァイオリンを堪能できた演奏会でした。

« ショパン生誕200年記念「石川県縦断ピアノコンサート」 スタート | トップページ | 兼六園クラシックミニコンサート「癒しのシンフォニー」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/47462367

この記事へのトラックバック一覧です: 竹澤恭子&江口玲チャリティコンサート:

« ショパン生誕200年記念「石川県縦断ピアノコンサート」 スタート | トップページ | 兼六園クラシックミニコンサート「癒しのシンフォニー」 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック