OEKのCD

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OEK21 2010年度分 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2010公式ガイドブック配布開始 »

2010/04/18

第9回北陸新人登竜門コンサート(管打楽器・声楽部門)

毎年,4月上旬に行われている北陸地方の新人演奏家発掘のために行われている登竜門コンサートは管打楽器・声楽部門でした。今回は打楽器の方は登場せず,次の3人の方が登場しました。

* メゾ・ソプラノ 延命紀瑚さん(石川県在住)
* ホルン 笠間芙美さん(石川県出身)
* サクソフォン 角口圭都さん(富山県出身)

管楽器,声楽ともに,それほど長い曲はないこともあり,前半は,ストラヴィンスキーの交響曲ハ調が演奏されました。恐らく,OEKが演奏するのは初めての曲だと思いますが,”新人”にちなんで,OEKの方にも新人の気分を味わってもらおうという意図だったのかもしれません。新古典主義的な作品で,非常に瑞々しく緻密な演奏でした。CDで予習してから聞いたのですが,実演の方がずっと楽しめる作品でした。

後半は新人登竜門コンサートとなりました。最初に登場したのはホルンの笠間芙美さんでした。このコンサートにホルン奏者が登場するのは,初めてのことですが,このことは,それだけホルンという楽器の演奏が難しいことを意味しているのだと思います。笠間さんが演奏した ラーションの曲は,フィンランドの曲ということもあり,どこかメランコリックで,落ち着いたムードを持っていました。笠間さんの演奏も大変落ち着いており,癖のない美しい音を楽しませてくれました。

続いて登場した延命紀瑚さんは,恐らく,この登竜門コンサート史上初めてのケースだと思います。既にキャリアを積まれた方で,年齢的にも新人とは言えないのですが,是非,OEKと共演したいとということで,応募し,見事オーディションを合格されました。ドラマティックで切実な気分を持ったアリアから始まり,ロマンティックな気分を持つサン=サーンスのアリアで締められましたが,歌唱が立派なだけではく,歌の雰囲気がピタリと様になっているのが「さすが」だと思いました。「新人」登竜門コンサートの新しい潮流(?)として注目したいと思います。

最後に登場した,角口圭都さんによる トマジのアルト・サクソフォンと管弦楽のための協奏曲は,何よりも曲が良いと思いました。過去,このコンサートの管楽器部門では,毎回のようにサクソフォン奏者が登場し,いろいろな協奏曲を聞かせてくれましたが,その中でも特に華やかで聞き映えのする曲だと思いました。角口さんの演奏も大変落ち着いており,安心して聞くことができました。曲の良さをしっかり伝えてくれる,大変気持ちの良い演奏だったと思います。

今回は井上さんが演奏後にインタビューをしながら進められましたが,OEKともども新人を盛り上げようという気分が溢れており,大変気持ちの良いコンサートとなりました。

« OEK21 2010年度分 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2010公式ガイドブック配布開始 »

コメント

 いつも感じることですが、登竜門コンサートを聴いた後は、私も気分一新、若返った気持ちになります。同じ意味で、学生オケとの合同演奏会もそうです。

 もちろん、デビューコンサートなので、新人の演奏に耳が目が集中するわけですが、同時に気がつくことは、新人を支える先輩たち(マエストロ井上、OEKメンバー)の存在の大きさですね。

 今回、特にマエストロの気配りがよかったですね。始まりは緊張を高め過ぎないよう、間を置かずスタートしていたように思いましたし、演奏直後、マエストロの「普通の会話」があったため、高まった緊張から一気に和んでいく様子もよくわかりました。

 この時期、会社や組織では新人が緊張しながら職場に慣れようと頑張っているわけですが、そんな中、上司や先輩からちょっとした声かけや、よい間の取り方などがあると、後輩としてはとてもリラックスするものでしょう。どこでも若い人を伸ばすきっかけは、先輩の何気ない一言だったりします。

・・・さて、職場でも、すっかり支える側になった私ですが、若い方から果たしてどう思われているのでしょう?日々自分のことで一杯一杯なので、とても気になるところです。

めの・もっそさん,こんばんは。新人登竜門コンサートは,この時期にぴったりの演奏会ですね。井上道義さんは,自由奔放に見えますが,本当に若手演奏家を盛り上げるのが上手だと思います。金沢で投票したら「理想の上司No1」といったところでしょうか?

別件ですが,ランチタイム・コンサートの感想をお知らせ頂きありがとうございます。せっかくなので,レビューの方に掲載させて頂きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/48118878

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回北陸新人登竜門コンサート(管打楽器・声楽部門):

« OEK21 2010年度分 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2010公式ガイドブック配布開始 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック