OEKのCD

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/28

ラルフ・ゴトーニ指揮OEKによるミニマル・ミュージックとハイドン。耳に新鮮,蒸し暑さを吹き飛ばす心地良さ

今日は,ラルフ・ゴトーニさん指揮によるOEKの定期公演を聞いてきました。編成はティンパニ,トランペット,クラリネットなしの弦楽器主体。プログラムはハイドンと現代音楽,ということで渋すぎ?と演奏会前は予想していたのですが,大変楽しめる演奏会となりました。

開演直前に管楽器にトラブルがあった,とのことで1曲目と2曲目の曲順が反対になり,グラスのチロル協奏曲→ハイドンの交響曲第83番「めんどり」→アダムスのシェイカー・ループスという順に演奏されましたが,ハイドンの交響曲をミニマル・ミュージックが挟む形になり,この並びの方が落ち着くのでは?と感じました。

最初に演奏されたチロル協奏曲は,ゴトーニさんのピアノ弾き振りでした。大変,心地良く爽やかな音楽で,難解なムードの全くない「現代音楽」でした。3楽章構成で,ちょっと古典的な気分さえある作品で,ハイドンとの取り合わせもぴったりでした。同じ音型の繰り返しが多いのですが,それが全く退屈でなく,詩的な気分を生んでいたのが素晴らしいと思いました。

最後に演奏されたアダムスのシェイカー・ブルーの方も,同じ音型の繰り返しが多い曲でした。メロディがない分,さらに現代的な雰囲気はあったのですが,こちらの方も繰り返しが段々と心地良く感じられてくる,不思議なムードを持っていました。ヴァイオリン奏者は同じようなリズムパターンを延々と繰り返しており,本当に大変そうでしたが,その積み重ねから滲み出てくる美しさに感動してしまいました。

間に演奏されたハイドンの交響曲は,いつもながらのハイドンなのですが,ゴトーニさんの作る音楽には,クリアな精緻さと同時に,何とも言えぬ余裕と微笑みがあり,聞き映えがしました。今シーズンから来シーズンにかけて,OEKはハイドンの交響曲をかなり沢山演奏しますが,こういう演奏を聴くと,「やっぱりハイドンが基本」と実感します。

この日のプログラムは,ロマン派時代のドラマティックな音楽をすっぽりと抜いて,ハイドンとミニマル・ミュージックを組み合わせた形でした。ラ・フォル・ジュルネ以来,ロマン派音楽を聞き過ぎかな,という面も無きしもあらずでしたので,大変,耳に新鮮に響いた演奏会でした。

2010/06/27

今日は音楽堂周辺でジャズを聴いてきました

今日は,JR金沢駅と石川県立音楽堂の交流ホールで金沢ジャズスクエア2010というイベントを行っていたので,その一部を聴いてきました。まず,金沢駅コンとして行われた金沢大学モダン・ジャズ・ソサエティ(MJS)によるビッグ・バンド・ジャズを聴きました。

今日の金沢はものすごく蒸し暑く,金沢駅コンコースも蒸し風呂状態でした。聴く方も演奏する方も汗だくになっての演奏でした。しかし,この気分もまたジャズ的で,間近で聴いたこともあり,大変迫力のあるサウンドを楽しむことができました。

その後,音楽堂に移動し,守屋純子さんによる「ジャズ入門講座」を聴いてきました。ジャズというのは,一種のスタイルで,「ジャズのリズムとハーモニーをつければ,何でもジャズになる」ということを童謡の「夕焼け小焼け」を例に,どんどんジャズらしくなっていく過程を,守屋さんの実演を交えて,説明していただきました。私自身もジャズというのは,クラシック音楽の応用のようなもの=根底は同じと考えていましたので,大変分かりやすく感じました。

クラシック音楽の場合,楽譜どおりに演奏するのが常識ですが,ジャズの場合は,それを即興的に変更して演奏します。作曲者よりは演奏者の個性が前面に出る,自由裁量の非常に大きいジャンルということになります。この「自由な音楽」という側面ですが,私自身,やはり,あまりに自由過ぎる音楽には付いていけない部分があります。演奏者によるアドリブと作曲者のオリジナルを比較した場合,やはり,時間を掛けて練り上げた譜面の方が客観的に見て面白いのではないか,という気がどうしてもします。どうもジャズのアドリブについては,どれもこれも饒舌すぎる気がするのです。井上道義さんがよく言っているのですが,「普通に演奏しても,演奏者の個性はにじみ出るもの」という気がします。

クラシック音楽系の奏者の演奏の中にも「ジャズ的」な側面はあるし,ジャズ系の奏者の中にもクラシック音楽的な側面があると思います。結局のところは,ジャズとクラシックについては,大きな区別をする意味はなく,どれぐらいの自由裁量が良いか,という好みの問題になると思います。というわけで,私の場合に当てはめると,自由過ぎるジャズよりは,「ジャズ風味」ぐらいが好みかな,と今回の話を聴きながら感じました。

2010/06/21

今年のいしかわミュージック・アカデミー関連の演奏会の情報

先日のOEKの定期公演のプログラムに,今年のいしかわミュージックアカデミー(IMA)関連の演奏会の情報が掲載されていましたので,お知らせしましょう。

8月22日(日)18:00~ 石川県立音楽堂交流ホール
OEK室内楽シリーズ「もっとカンタービレ」

に次のようなIMAの講師たちが参加します。神尾真由子,レジス・パスキエ(Vn),原田幸一郎(Va),毛利伯郎(Vc),チュンモ・カン(Pf)

8月26日(木)19:00~ 石川県立音楽堂コンサートホール
日本海交流コンサートwith OEK 

井上道義さん指揮OEKと若手奏者たちが共演します。次のような世界各地のコンクールの上位入賞者が勢揃いします。大変豪華なメンバーだと思います。
シン・ヒョンス,クララ=ユミ・カン,インモ・ヤン,松本紘佳,青木尚佳,正戸里佳,鈴木愛理(Vn) 他

※シン・ヒョンスさんですが,「ぶらあぼ」7月号の表紙になっています。avexからデビューCDも発売されるようです。

その他,8月21日(土)には,恒例の「IMAライジング・スター・コンサート」が交流ホールで行われるようです。

2010/06/20

ウラディーミル・アシュケナージ×辻井伸行×OEK

今日は,ウラディーミル・アシュケナージさん指揮のOEKとピアニストの辻井伸行さんが共演する話題の演奏会が金沢で行われました。ただし,私の方は,チケットを入手できず,行くことができませんでした。少々価格設定が高かったので,迷っていたのですが...そのうちに,売り切れになってしまいました。

個人的には,アシュケナージさんのピアノも聞いてみたいのですが,近年ではすっかり指揮者としての活動の方が多くなったようです。

聴かれた方がありましたら,感想をお聞かせください。

2010/06/17

第4回岩城宏之音楽賞は,おなじみOEK首席チェロ奏者のルドヴィート・カンタさん

今年で第4回目となる岩城宏之音楽賞は,「盲点を突かれた!」という感じですが,おなじみOEKチェロ奏者,ルドヴィート・カンタさんが受賞されました。音楽堂やOEKのサイトではまだ発表されていないようですが,音楽堂に掲示が貼ってありました。おめでとうございます。

やはり,これは3月の定期公演で行われた,グルダのチェロ協奏曲の熱演で決まったのかもしれないですね。この音楽賞の”副賞”として,CD化の権利のようなものがあったと思いますが,この演奏のCD化を期待したいと思います。

2010/06/16

OEKの登場しないOEK定期。クリストプロス指揮南西ドイツ・フィルのドボルザーク8番は聴き応えたっぷり

今日は,「OEKの登場しないOEK定期公演」を聞いてきました。このパターンは,ここしばらくなかったのですが,なかなか面白い制度です。今回は,今年の2月にOEKを指揮したばかりのヴァシリス・クリストプロスさん指揮の南西ドイツ・フィルが登場しました。2月の公演の時から,素晴らしい指揮者だと思っていたのですが,今回のプログラムを聴いて,さらにその感を強くしました。

ヴァルヴのないホルンやトランペット,バロック・ティンパニを使ったモーツァルトの「パリ」交響曲も充実していましたが,何よりも金沢では,意外なほど実演では演奏されない,ドヴォルザークの交響曲第8番が見事でした。どちらかというと遅めのテンポでしたが,どの音もエネルギーが満ちており,非常に引き締まった演奏になっていました。力と輝きのあるフルートの音をはじめとして,各パートの演奏も素晴らしく,正攻法で堂々と聞かせる,王道を行くような演奏でした。

2曲目に登場した庄司紗矢香さんをソリストに迎えてのプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番も見事な演奏でした。庄司さんのヴァイオリンもまた,正攻法で,大変たっぷりとした演奏を聞かせてくれました。円熟味を感じさせるような立派な演奏でした。

クリストプロスさんと南西ドイツ・フィルは,モーツァルトの曲を中心とした日本ツァーを行い,今日の公演がその千秋楽でした。この日の音楽堂はほぼ満席でしたが,演奏者にとっても,有終の美を飾るような,充実感だっぷりの演奏会だったのではないかと思います。

もっとカンタービレ第21回:マイケル・ダウスをむかえて 

15日に行われた「もっとカンタービレ第21回:マイケル・ダウスをむかえて」には,残念ながら行くことができませんでした。「祝・日本勝利」というわけではありませんが,宴会に参加していました.。行かれた方は是非感想をお聞かせください。

今回はメンデルスゾーンの八重奏曲が演奏されたはずですが,この曲は6月20日のOEKのアシュケナージさん指揮の演奏会では弦楽合奏版で演奏される予定になっています。その聞き比べをしたかったのですが,残念ながら20日の演奏会の方にも行くことができません。こちらの方はウカウカしているうちにチケットが売り切れてしまいました。辻井伸行さんの人気はすごいですね。

2010/06/13

ラ・フォル・ジュルネ金沢2010の公式ガイドのグッズ当選!

個人的な話題ですが,ラ・フォル・ジュルネ金沢2010の公式ガイドブックの後ろの方についていたプレゼントに当選してしまいました。何を希望したのかすっかり忘れていたのですが,金沢21世紀美術館で発売している,水引型のストラップが当たりました。
100611

その他,クロージングコンサートの写真が入った絵はがき,LFJKのロゴのステッカー,21世紀美術館の展覧会のチケットなどあれこれ入っていました。

昔から懸賞関係にはよく当たるのですが,やはり,あれこれ感想を書いたのが良かったのかもしれません。

2010/06/08

クララ ユミ・カンさん,第4回仙台国際音楽コンクール ヴァイオリン部門で1位に

ラ・フォル・ジュルネ金沢2010に出演した,若手ヴァイオリニストのクララ ユミ・カンさんですが,第4回仙台国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で見事,1位を受賞しました。

http://www.simc.jp/2010/result/violin.html#result

そのうちに,OEKとの共演も期待したいヴァイオリニストです。

2010/06/06

本日の午後は,ピアノ協奏曲尽くし。石川県ピアノ協会第8回ピアノ協奏曲の午後を聞いてきました。

今日は石川県ピアノ協会に所属するピアニストがOEKと共演する,「ピアノ協奏曲の午後」という演奏会に出かけてきました。文字通り,日曜日の午後にピアノ協奏曲ばかり4曲を演奏する演奏会で,今回で8回目になります。ラ・フォル・ジュルネ金沢の効果もあり,石川県内で活躍するピアニストの知名度も高くなってきましたので,今回のような企画は,ラ・フォル・ジュルネが生んだ「地元重視」の流れをさらに拡大するという点からも歓迎すべき内容だと感じました。プログラム自体充実していましたが,演奏の方もレベルの高い演奏の連続で,石川県のピアニストの層が非常に厚いことを実感できました。

今回登場したのは,西村友里さん,川岸香織さん,障子口和歌奈さん,木下由香さんの4人のピアニストでした。指揮も新田ユリさんということで,女性ばかり続々登場する大変華やかな(視覚的な面でも)ステージとなりました。

ハイドン,ベートーヴェン,モーツァルト,シューマンのピアノ協奏曲が演奏されましたが,やはり最後に演奏された木下さんによるシューマンのピアノ協奏曲が特に印象的でした。木下さんは,既に何回かOEKと共演されていますが,音楽に勢いがあり,客席までシューマンらしい情感がしっかり伝わってきました。川岸さんによるベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番もお見事でした。どの部分を取っても鮮やかで,大変完成度の高い演奏だったと思います。

西村さんと障子口さんは,それぞれハイドンとモーツァルトの協奏曲ということで,曲自体の規模がやや小さいのですが,どちらも音楽の自然の流れを感じさせてくれる良い演奏だったと思います。モーツァルトの方は最終楽章でちょっとヒヤリとする部分がありましたが(モーツァルトの曲の怖さを実感),その後,しっかり立ち直ったのは立派だったと思いました。全曲を通じて,新田さん指揮のOEKのサポートも万全でした。皆さん,大船に乗った気分で演奏できたのではないかと思います。

私の方は,2週間ほど音楽堂に行かないと何となく落ち着かなくなってくるところがあります。今回出かけてきて,やっぱり生で聞く協奏曲はいいなと思いました。ラ・フォル・ジュルネでお馴染みになったピアニストをコンサートホールで聞けるということで,来年以降もこの演奏会には注目していきたいと思います。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック