OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 今年のいしかわミュージック・アカデミー関連の演奏会の情報 | トップページ | ラルフ・ゴトーニ指揮OEKによるミニマル・ミュージックとハイドン。耳に新鮮,蒸し暑さを吹き飛ばす心地良さ »

2010/06/27

今日は音楽堂周辺でジャズを聴いてきました

今日は,JR金沢駅と石川県立音楽堂の交流ホールで金沢ジャズスクエア2010というイベントを行っていたので,その一部を聴いてきました。まず,金沢駅コンとして行われた金沢大学モダン・ジャズ・ソサエティ(MJS)によるビッグ・バンド・ジャズを聴きました。

今日の金沢はものすごく蒸し暑く,金沢駅コンコースも蒸し風呂状態でした。聴く方も演奏する方も汗だくになっての演奏でした。しかし,この気分もまたジャズ的で,間近で聴いたこともあり,大変迫力のあるサウンドを楽しむことができました。

その後,音楽堂に移動し,守屋純子さんによる「ジャズ入門講座」を聴いてきました。ジャズというのは,一種のスタイルで,「ジャズのリズムとハーモニーをつければ,何でもジャズになる」ということを童謡の「夕焼け小焼け」を例に,どんどんジャズらしくなっていく過程を,守屋さんの実演を交えて,説明していただきました。私自身もジャズというのは,クラシック音楽の応用のようなもの=根底は同じと考えていましたので,大変分かりやすく感じました。

クラシック音楽の場合,楽譜どおりに演奏するのが常識ですが,ジャズの場合は,それを即興的に変更して演奏します。作曲者よりは演奏者の個性が前面に出る,自由裁量の非常に大きいジャンルということになります。この「自由な音楽」という側面ですが,私自身,やはり,あまりに自由過ぎる音楽には付いていけない部分があります。演奏者によるアドリブと作曲者のオリジナルを比較した場合,やはり,時間を掛けて練り上げた譜面の方が客観的に見て面白いのではないか,という気がどうしてもします。どうもジャズのアドリブについては,どれもこれも饒舌すぎる気がするのです。井上道義さんがよく言っているのですが,「普通に演奏しても,演奏者の個性はにじみ出るもの」という気がします。

クラシック音楽系の奏者の演奏の中にも「ジャズ的」な側面はあるし,ジャズ系の奏者の中にもクラシック音楽的な側面があると思います。結局のところは,ジャズとクラシックについては,大きな区別をする意味はなく,どれぐらいの自由裁量が良いか,という好みの問題になると思います。というわけで,私の場合に当てはめると,自由過ぎるジャズよりは,「ジャズ風味」ぐらいが好みかな,と今回の話を聴きながら感じました。

« 今年のいしかわミュージック・アカデミー関連の演奏会の情報 | トップページ | ラルフ・ゴトーニ指揮OEKによるミニマル・ミュージックとハイドン。耳に新鮮,蒸し暑さを吹き飛ばす心地良さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/48737541

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は音楽堂周辺でジャズを聴いてきました:

« 今年のいしかわミュージック・アカデミー関連の演奏会の情報 | トップページ | ラルフ・ゴトーニ指揮OEKによるミニマル・ミュージックとハイドン。耳に新鮮,蒸し暑さを吹き飛ばす心地良さ »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック