OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 高関健指揮OEK定期公演 ハイドンの交響曲第90番「3度目の正直」は大受け。渡辺玲子さんの多彩なヴァイオリンも見事 | トップページ | ヴェンツェル・フックスと仲間たち  »

2010/07/10

金沢21世紀美術館友の会スペシャルコンサート2010 シューマンからメシアンへ/吉本奈津子(Vn)&木村かをり(Pf)

今日は,金沢21世紀美術館友の会スペシャルコンサート2010 : SUMMER CONCERTANTE ~シューマンからメシアンへ~を聴いてきました。金沢出身のヴァイオリニスト吉本奈津子さんと現代ピアノ曲のスペシャリスト木村かをりさんとがっぷり四つに組んだ,大変豪華な内容のコンサートとなりました。

21世紀美術館のシアター21は,音楽用ホールではなく,残響が全然ないので,特にヴァイオリン奏者にとっては弾きにくかったと思うのですが,吉本さんの演奏は大変正確で,かえって近現代の曲の面白さがくっきりと伝わってきた気がします。どれも一筋縄では行かない,サティ,ストラヴィンスキー,ラヴェル,シューマン,メシアンという多彩な作曲家の作品が並んでいましたが,間近で聴いたこともあり迫力満点でした。

中で特に印象に残ったのはラヴェルのヴァイオリン・ソナタとシューマンのヴァイオリン・ソナタ第1番でした。ラヴェルのブルース風の2楽章は大変濃厚でした。シューマンの方は,晩年の作品ということですが,若々しいリズム感が気持ちよく,大変爽快に聴くことができました。木村かをりさんのピアノでは,やはりメシアンの曲が見事でした。途中,木村さんの演奏する力強い和音が入ってくると,光が差してくるように空気が変わったような気がしました。

この演奏会は,友の会員については,入場料500円(しかもドリンク付き(紙コップではなくグラスに入ったシャンパンが出てきました。素晴らしい。))ということで,まさにスペシャルなイベントでした。是非,OEKメンバーとのコラボなども含め,シリーズ化して欲しい企画です。

« 高関健指揮OEK定期公演 ハイドンの交響曲第90番「3度目の正直」は大受け。渡辺玲子さんの多彩なヴァイオリンも見事 | トップページ | ヴェンツェル・フックスと仲間たち  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/48843752

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢21世紀美術館友の会スペシャルコンサート2010 シューマンからメシアンへ/吉本奈津子(Vn)&木村かをり(Pf):

» Summer Concertante ~シューマンからメシアンへ~ [真夜中のガスパール]
Erik Satie: 右や左に見えるもの~眼鏡なしで Igor Stravinsky: (ヴァイオリンとピアノのための)デュオ・コンチェルタンテ Maurice Ravel: ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト長調 Robert Schumann: ヴァイオリンソナタ第1番 イ短調 op.105 Olivier Messiaen: (ヴァイオリンとピアノのための)主題と変奏 M.Ravel: ツィガーヌ  (Encore) 武満徹: 雨の樹・素描II ~オリヴィエ・メシアンの追憶に (Pf.)... [続きを読む]

« 高関健指揮OEK定期公演 ハイドンの交響曲第90番「3度目の正直」は大受け。渡辺玲子さんの多彩なヴァイオリンも見事 | トップページ | ヴェンツェル・フックスと仲間たち  »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック