OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールでクララ・ジュミ・カンさんが優勝! | トップページ | ケン・シエ指揮OEK定期公演。後味爽やか!ビゼーの交響曲 »

2010/09/29

鬼才。金澤攝  「ピアノ・エチュード大観」 1830年代のエチュード史(前編) 第1景を聞いてきました。ヒラーの6つの組曲形式によるエチュード集はすごい曲でした。

今日は,小林美恵&清水和音という選択肢もあったのですが,石川県立音楽堂で行われた,金澤攝さんによる新シリーズ 「ピアノ・エチュード大観」― 1830年代のエチュード史」の第1回目を聞いてきました。

知られざるピアノ曲を着々と発掘していく金澤攝さんの活動は,非常に地道なものですが,ここまで徹底すると唯一無二の誰も真似できない活動として,全国的にも注目を集める存在になりつつあるようです。新シリーズの「ピアノ・エチュード大観」というのも金澤さんならではの企画で,ロマン派時代のエチュードをシリーズで聞いていくというものです。

その第1回に演奏されたのが,フェルディナント・ヒラーという作曲家による,6つの組曲形式によるエチュード集(24のエチュード) Op.15という作品でした。この曲が演奏されるのは,非常に珍しいことだと思いますが,全部で1時間以上掛かるもの凄い作品でした。シューマン風に響いたり,ショパン風に響いたり,リスト風に響いたり,さらにはプロコフィエフなどを思わせるような曲があったり,ピアノ音楽のありとあらゆる要素が詰め込まれた,大変多彩な24曲ででした。こういう作品を1830年代(ヒラーの20代前半)に書かれたというのが驚きです。

金澤さんの演奏からは,「こんなにすごい曲があるんだ」と曲を発掘し広めようとする使命感が感じられました。楽しんで聞くというよりは,悲壮感のようなものさえ漂っている感じでしたが,そこがまた金澤さんの演奏の魅力です。ヒラーの作品がどれぐらい「知られていない」のかは分からないのですが,今回の演奏をきっかけにリバイバルして欲しい作曲家だと思いました。

このシリーズですが,第2回目は10月1日に行われます。

« インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールでクララ・ジュミ・カンさんが優勝! | トップページ | ケン・シエ指揮OEK定期公演。後味爽やか!ビゼーの交響曲 »

コメント

金澤攝さんのコンサート、ぼくも行ってきました。たしかに、この作曲家を世に知ってもらいたいという情熱が感じられました。

でもお客さんは少なかったですね(まあ無名の作曲家だから当然か…)。これだけ少ないと、管理人hsさんを見かけているはずですよね(笑)。ちなみにぼくは中央ブロックの前から3列目に座っていました。

金曜日の第2回目も行かれるのですか?貴ブログを拝読する限り、行ってるコンサートがかなり共通のようですので、会場でお目にかかって、いちどご挨拶できればうれしく思います。

quackeyさん,こんばんは。金澤さんの演奏会は,人数はいつも多くありませんが,固定客がしっかりといらっしゃるようで,独特の濃さがあると思います。

私の方は,NHKの番組を見た影響もあり,久しぶりに金澤さんの演奏を聞いてみたくなり,今回聴きに行ってきました。

私の方は,今回は左側のブロックの後方に座っていました。OEKの定期演奏会でお会いするのは難しいかもしれませんが,金澤さんのリサイタルならばお会いできるかもしれませんね。

ただし,このところ,週末になると,疲れがたまるので,10月1日の公演は行こうかどうか迷っているところです。ショパンのエチュードは怖いもの見たさ(?)で聞いてみたい気もするのですが...。

私の方は,「眼鏡をかけた中年男性」ということで,大変地味な外観です。何か目印でも付けておかないと分からないかもしれないですね。何故か習性で隅っこの方に座ることが多いのですが,「これだ」と思いましたら,是非お声を掛けてみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 金澤攝「ピアノ・エチュード大観」― 1830年代のエチュード史 ― 第1景 フェルナンド・ヒラー(2010/09/28) [ワチャゴナ! What Cha' Gonna Do for Me?]
歴史に埋もれた名曲の発掘・研究・紹介を生涯のテーマとして取り組む金沢在住の作曲家・ピアニスト、金澤攝(かなざわをさむ)さん。今月から「『ピアノ・エチュード大観』― 1830年代のエチュード史 ―」と題し、知られざるロマン派の作曲家によるピアノ・エチュードを演奏....... [続きを読む]

» ピアノ・エチュード大観その1 [真夜中のガスパール]
ピアノ・エチュード大観 ――1830年代のエチュード史―― 第1景 フェルディナント・ヒラー(1811-1885)  6つのエチュード組曲 Op.15  (Encore) 妖精の踊り Op.9   金澤 攝(Pf.) 先日、私が行けなかった21世紀美術館のコンサートで、ピアノ演奏とOEKによる自作曲の 初演をおこない、すっかり友人たちを魅了してしまったらしい、金澤攝さんの今年度の シリーズが始まった。 実は、この人のことは以前より聞き知っていた。歴史に埋もれてしまった作曲家たちの 曲を発掘し、... [続きを読む]

« インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールでクララ・ジュミ・カンさんが優勝! | トップページ | ケン・シエ指揮OEK定期公演。後味爽やか!ビゼーの交響曲 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック