OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 山田和樹さん、スイス・ロマンドの首席客員指揮者に | トップページ | 鬼才。金澤攝  「ピアノ・エチュード大観」 1830年代のエチュード史(前編) 第1景を聞いてきました。ヒラーの6つの組曲形式によるエチュード集はすごい曲でした。 »

2010/09/26

インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールでクララ・ジュミ・カンさんが優勝!

今年のIMAの日本海交流コンサートでOEKと共演したクララ=ジュミ・カンさんですが,またまた,国際的なコンクールで優勝しました。今度は,インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールです。

http://www.violin.org/2010comp/laureate_announced.html

今回のこのコンクールは,ロン・ティボー国際コンクールで優勝していた,シン・ヒョンスさんなども途中で涙を呑むなど,大変な大激戦でした。8月末に演奏を聞いたばかりのクララさんが優勝したということで,IMAの名声がまた高まりそうです。

ちなみに国内の日本音楽コンクールのヴァイオリン部門の方もIMA出身者が頑張っています。まだ,本選ではありませんが,次のとおり,今年のIMAで名前を見かけた方が沢山含まれています。

http://mainichi.jp/enta/art/news/20100926k0000m040002000c.html

篠原悠那さんは,北陸新人登竜門コンサートにも出場されたことのある方ということで,特に注目したいと思います。

また,9月30日からは,5年に一度のショパン・コンクールも始まります。こちらも大きな話題になることでしょう。こういう国際的なイベントになると,ワールドカップやオリンピンク同様,どうしても日本人に注目してしまいます。出場者は次のとおりです。この中にもIMA出身者が含まれているようですね。

http://konkurs.chopin.pl/en/edition/xvi/id/1583

秋には,各種音楽コンクールが集中しますので,”IMAで最終調整→コンクールへ”という流れができつつあるのかもしれませんね。

« 山田和樹さん、スイス・ロマンドの首席客員指揮者に | トップページ | 鬼才。金澤攝  「ピアノ・エチュード大観」 1830年代のエチュード史(前編) 第1景を聞いてきました。ヒラーの6つの組曲形式によるエチュード集はすごい曲でした。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/49569684

この記事へのトラックバック一覧です: インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールでクララ・ジュミ・カンさんが優勝!:

« 山田和樹さん、スイス・ロマンドの首席客員指揮者に | トップページ | 鬼才。金澤攝  「ピアノ・エチュード大観」 1830年代のエチュード史(前編) 第1景を聞いてきました。ヒラーの6つの組曲形式によるエチュード集はすごい曲でした。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック