OEKのCD

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 金沢21世紀とOEKが完全に合体!祝プリツカー賞 建築と音のアンサンブルは大盛況 | トップページ | OEK11月は平原綾香さんと共演 »

2010/09/08

井上道義さんの新作能「大魔神」を見てきました。

今回のOEKの「もっとカンタービレ」シリーズは、井上道義さんの構成による新作能、その名も「大魔神」でした。伝統的な能の感覚からすると、禁じ手だらけの作品だったと思いますが、渡邊荀之助さんのの声は、貫禄十分で、作品全体を「能」として引き締めていました。

作品の方は、井上さんの岩城さんに対する思いを描いた、やや私小説的なもので、少々饒舌過ぎるかなと思いました。プレトークで、ストーリーを説明されていましたので、井上さん自身の語りはもう少し控え目にし、音楽と能で語って欲しいと思いました。

最初に出てきたのが伊福部昭さんの「大魔神」の音楽というのが意表を付いていて、大変面白かったのですが、その後の部分は急に、スケールが小さなり、少々期待はずれでした。最後の部分のモーツァルトのグランパルティータのアダージョにあわせて、能が舞われる部分は、全曲のクライマックスでした。井上さんは、この部分を表現したかったのだな、ということがしっかり伝わってきました。

最後にモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」風の明るいエンディングとなり、出演者全員が舞台に登場するのは、面白かったのですが、やはり、「能」の後にはやや違和感を感じました。

というわけで、全体としては成功作とは言えなかったと思うのですが、「能を分かりやすく見せたい」という意図には共感できるものがありました。日本の芸能でいうと、井上さんの場合、能よりは歌舞伎向きの気もしますが、今度は、新作歌舞伎はいかがでしょうか?

« 金沢21世紀とOEKが完全に合体!祝プリツカー賞 建築と音のアンサンブルは大盛況 | トップページ | OEK11月は平原綾香さんと共演 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/49391694

この記事へのトラックバック一覧です: 井上道義さんの新作能「大魔神」を見てきました。:

« 金沢21世紀とOEKが完全に合体!祝プリツカー賞 建築と音のアンサンブルは大盛況 | トップページ | OEK11月は平原綾香さんと共演 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック