OEKのCD

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 12月1日に金沢歌劇座リニューアルオープン | トップページ | 金沢蓄音機館 モーツァルト室内楽の旅7を聞いてきました。今回は,岡本えり子さんをゲストに招いてのモーツァルトのフルート四重奏曲 他 »

2010/11/27

シューマン生誕200年ということで,「女の愛と生涯」などの歌曲を聴いてきました。素晴らしい歌でした。

今年は,「ショパン生誕200年」とばかり言われていますが,実は,「シューマン生誕200年」でもあります。もともと,金沢ではシューマンの曲が演奏会で演奏される機会は少ないのですが,今日は,地元のソプラノ歌手,朝倉あづささんが同じく地元のピアニストの澤田和美さんと「女の愛と生涯」などのシューマンの作品を取り上げるということで,聴きに行ってきました。

この歌曲集を生で聴くのは今回が初めてだったのですが,朝倉さんの歌が最高でした。朝倉さんといえば,12月恒例のメサイアでの透明感のある軽い歌声でお馴染みですが,今回は,比較的重い表現で,現在から過去を回顧するような,感動に満ちた歌を聞かせてくれました。最後の曲での,演劇の1シーンを思わせるような歌は,忘れられません。

その他,ミルテの花の中の数曲,クララ・シューマンの歌曲,澤田さんの独奏による「子供の情景」など,シューマンの歌曲とピアノ曲の世界をしっかり味わうことができました。

来年のラ・フォル・ジュルネ金沢のテーマは,シューベルトということで,ドイツ・リートを聴く機会が増えそうですが,朝倉さんの歌でまた,いろいろな曲を聞いてみたいものです。個人的には,「岩の上の羊飼い」を聴いてきみたいと思っています。

« 12月1日に金沢歌劇座リニューアルオープン | トップページ | 金沢蓄音機館 モーツァルト室内楽の旅7を聞いてきました。今回は,岡本えり子さんをゲストに招いてのモーツァルトのフルート四重奏曲 他 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/50148334

この記事へのトラックバック一覧です: シューマン生誕200年ということで,「女の愛と生涯」などの歌曲を聴いてきました。素晴らしい歌でした。:

« 12月1日に金沢歌劇座リニューアルオープン | トップページ | 金沢蓄音機館 モーツァルト室内楽の旅7を聞いてきました。今回は,岡本えり子さんをゲストに招いてのモーツァルトのフルート四重奏曲 他 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック