OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« シューマン生誕200年ということで,「女の愛と生涯」などの歌曲を聴いてきました。素晴らしい歌でした。 | トップページ | ひと足早く教会でクリスマス,クリスマス・チャペル・コンサート2010@白山めぐみ教会 »

2010/11/30

金沢蓄音機館 モーツァルト室内楽の旅7を聞いてきました。今回は,岡本えり子さんをゲストに招いてのモーツァルトのフルート四重奏曲 他

今日は11月にしては暖かな1日でした。夕方からは金沢蓄音機館で行われた「モーツァルト室内楽の旅」シリーズ第7回を聴いてきたのですが,こちらの方も暖かな雰囲気いっぱいの演奏会でした。

このシリーズでは,クワルテット・ローディのメンバー+αで室内楽を演奏を行っています。今回は,OEKのフルート奏者,岡本えり子さんをゲストに迎え,フルート四重奏曲2番,1番の順に演奏されました。蓄音機館の場合,部屋がとても狭いので,楽器の生の音を楽しむことができます。無理に強い音を出す必要はなく,非常に自然に岡本さんのフルートの暖かい音が伝わってきました。

今回は岡本さんがトーク担当だったのですが,これも興味深いものでした。数年前,ペーター・シュライシャーがOEKに客演し,マタイ受難曲を指揮した際,「フルートは木製のものを使うこと」という指示があったのだそうです。それ以降,岡本さんは,曲の性格によって,暖かな音の出る木製フルートも使い分けるようになったとのことです。こういう話が聞けるのもこのシリーズならではの楽しみですね。

後半は,お馴染みの弦楽四重奏曲「狩」が演奏されました。こちらもまた,決して慌てて走り出すことのない,クワルテット・ローディらしい,穏やかな演奏でした。

このシリーズに出かけるのは久しぶりのことだったのですが,しっかり固定ファンがいるようで,会場は満席でした。こういうコンサートが,すっと街の中に溶け込んでいるのは,良いものだな,と再認識した次第です。

« シューマン生誕200年ということで,「女の愛と生涯」などの歌曲を聴いてきました。素晴らしい歌でした。 | トップページ | ひと足早く教会でクリスマス,クリスマス・チャペル・コンサート2010@白山めぐみ教会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/50176371

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢蓄音機館 モーツァルト室内楽の旅7を聞いてきました。今回は,岡本えり子さんをゲストに招いてのモーツァルトのフルート四重奏曲 他:

« シューマン生誕200年ということで,「女の愛と生涯」などの歌曲を聴いてきました。素晴らしい歌でした。 | トップページ | ひと足早く教会でクリスマス,クリスマス・チャペル・コンサート2010@白山めぐみ教会 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック