OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 北陸聖歌合唱団+OEKのメサイア公演,今年は天沼裕子さん指揮 | トップページ | 今日と明日は,OEKのくるみ割り人形。今年の締めに相応しく,誰にでも楽しめるステージ。子供たちも大活躍。あっと言う間に全曲が終わりました。 #oek »

2010/12/07

OEKもっとカンタービレ第24回は,2010年生誕・没後記念作曲家特集 今年は,ショパンだけではなかったんですね。 #oek

今日は,OEK室内楽シリーズもっとカンタービレを聞いてきました。今回は,2010年が生誕○○年・没後△△年となる作曲家の特集でした。今年は,何といってもショパン生誕200年の年でしたが,それ以外にもいろいろと記念の作曲家はおり,ショパンに加え,バーバー(生誕100年),バラキレフ(没後100年),ペルゴレージ(生誕300年)の曲が演奏されました。

最初に演奏されたバーバーの木管五重奏曲は,「サマーミュージック」というサブタイトルが付いています。少々捉えどころのない作品だったのですが,演奏前にオーボエの加納さんの解説があったので,いろいろとイメージを膨らませつつ楽しむことができました。

次はショパンの曲を弦楽器用にアレンジした作品を集めたコーナーでした。このコーナーの担当の大村俊介さんの解説によると,「ラ・フォル・ジュルネでも演奏されなかった,珍しいアレンジ物」ということです。さすが大村さんという選曲でした。弦楽四重奏版の「別れの曲」もとても気持ちよかったのですが,チェロのカンタさんとピアノの鶴見彩さんによる,熱く華麗な演奏も大変聞き映えがしました。ショパン作曲,バラキレフ編曲のエチュードは,生誕200年+没後100年ということで,二重のアニバーサリー作品でした。こういう曲を発掘して,楽しめるのもこのシリーズならではですね。

後半は,大澤さんの進行で,ペルゴレージ(真偽は不詳ですが)作曲のコンチェルト・アルモニコ第1番が演奏されました。初めて聞く曲でしたが,ヴァイオリンの陶酔的な響きとチェロの熱い音とが絡み合った,美しい作品でした。とても聴きごたえがありました。ペルゴレージは,現在では演奏される機会の少ない作曲家ですが,生誕300年を機会に,再発見していって欲しいと思いました。

このシリーズが定着してきたお陰で,OEKについては,オーケストラとしてだけではなく,個々の奏者の演奏も楽しめるようになりました。今年はこれで最後ですが,来年はどういう企画が出てくるのか楽しみにしたいと思います。

« 北陸聖歌合唱団+OEKのメサイア公演,今年は天沼裕子さん指揮 | トップページ | 今日と明日は,OEKのくるみ割り人形。今年の締めに相応しく,誰にでも楽しめるステージ。子供たちも大活躍。あっと言う間に全曲が終わりました。 #oek »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/50240034

この記事へのトラックバック一覧です: OEKもっとカンタービレ第24回は,2010年生誕・没後記念作曲家特集 今年は,ショパンだけではなかったんですね。 #oek:

« 北陸聖歌合唱団+OEKのメサイア公演,今年は天沼裕子さん指揮 | トップページ | 今日と明日は,OEKのくるみ割り人形。今年の締めに相応しく,誰にでも楽しめるステージ。子供たちも大活躍。あっと言う間に全曲が終わりました。 #oek »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック