OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »

2010年4月18日 - 2010年4月24日

2010/04/20

ラ・フォル・ジュルネ金沢2010公式ガイドブック配布開始

ラ・フォル・ジュルネ金沢2010の公式ガイドブックが完成し,石川県立音楽堂などでの無料配布が始りました。この前の日曜日の新人登竜門コンサートの時にも配布していたので,一部もらってきたのですが,交流ホールでの公演も含め,ラ・フォル・ジュルネ金沢の全貌が分かるような内容となっています。

内容的には,昨年まで,「ぴあクラシック」の別冊のような形で作られていたものと同様ですが,今年の分は特に「ぴあ」という名称は入っていませんので,金沢オリジナルの冊子となっているようです。

ただし,この冊子の中には,もてなしドームやJR金沢駅コンコースで行われるエリア・イベントのスケジュールは書かれていません。このエリア・イベントについては,新しいリーフレットの方に掲載さrていました。黄色を主体としたおなじみのリーフレットですが,少しずつ情報が充実してきていますので,こちらの方も併せてご覧ください。

2010/04/18

第9回北陸新人登竜門コンサート(管打楽器・声楽部門)

毎年,4月上旬に行われている北陸地方の新人演奏家発掘のために行われている登竜門コンサートは管打楽器・声楽部門でした。今回は打楽器の方は登場せず,次の3人の方が登場しました。

* メゾ・ソプラノ 延命紀瑚さん(石川県在住)
* ホルン 笠間芙美さん(石川県出身)
* サクソフォン 角口圭都さん(富山県出身)

管楽器,声楽ともに,それほど長い曲はないこともあり,前半は,ストラヴィンスキーの交響曲ハ調が演奏されました。恐らく,OEKが演奏するのは初めての曲だと思いますが,”新人”にちなんで,OEKの方にも新人の気分を味わってもらおうという意図だったのかもしれません。新古典主義的な作品で,非常に瑞々しく緻密な演奏でした。CDで予習してから聞いたのですが,実演の方がずっと楽しめる作品でした。

後半は新人登竜門コンサートとなりました。最初に登場したのはホルンの笠間芙美さんでした。このコンサートにホルン奏者が登場するのは,初めてのことですが,このことは,それだけホルンという楽器の演奏が難しいことを意味しているのだと思います。笠間さんが演奏した ラーションの曲は,フィンランドの曲ということもあり,どこかメランコリックで,落ち着いたムードを持っていました。笠間さんの演奏も大変落ち着いており,癖のない美しい音を楽しませてくれました。

続いて登場した延命紀瑚さんは,恐らく,この登竜門コンサート史上初めてのケースだと思います。既にキャリアを積まれた方で,年齢的にも新人とは言えないのですが,是非,OEKと共演したいとということで,応募し,見事オーディションを合格されました。ドラマティックで切実な気分を持ったアリアから始まり,ロマンティックな気分を持つサン=サーンスのアリアで締められましたが,歌唱が立派なだけではく,歌の雰囲気がピタリと様になっているのが「さすが」だと思いました。「新人」登竜門コンサートの新しい潮流(?)として注目したいと思います。

最後に登場した,角口圭都さんによる トマジのアルト・サクソフォンと管弦楽のための協奏曲は,何よりも曲が良いと思いました。過去,このコンサートの管楽器部門では,毎回のようにサクソフォン奏者が登場し,いろいろな協奏曲を聞かせてくれましたが,その中でも特に華やかで聞き映えのする曲だと思いました。角口さんの演奏も大変落ち着いており,安心して聞くことができました。曲の良さをしっかり伝えてくれる,大変気持ちの良い演奏だったと思います。

今回は井上さんが演奏後にインタビューをしながら進められましたが,OEKともども新人を盛り上げようという気分が溢れており,大変気持ちの良いコンサートとなりました。

OEK21 2010年度分

ワーナー・ミュージック・ジャパンから毎年度前半に発売されている,OEK21シリーズですが,今年度は次のような予定で発売されるようです。以下はAmazonで検索した結果ですが第4回,第5回については未定のようです。いずれも過去の定期公演のライブ録音です。

4月21日発売分の表紙は,珠洲市の「見附島」でしたので,今年度は石川県全域の「絵はがき」写真になるのかもしれませんね。

【4月21日発売】 井上道義指揮
ハイドン:交響曲 第102番 変ロ長調 Hob.I-102
モーツァルト:交響曲 第36番 ハ長調 K.425「リンツ」

【5月26日発売】 尾高忠明指揮,小菅優(ピアノ)
パーセル:歌劇「ディドとエネアス」組曲 序曲
モーツァルト:ピアノと管弦楽のためのロンド ニ長調 K.382
ブリテン:ピアノ、弦楽四重奏と弦楽合奏のための「若きアポロ」op.16
ディーリアス:春を告げるかっこうを聞いて
ディーリアス:川辺の夏の夜

【6月23日発売】 安永徹(リーダー&ヴァイオリン) 市野あゆみ (ピアノ)
シューベルト:交響曲第5番変ロ長調,D.485
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番ハ短調,op.35
ハイドン:協奏交響曲変ロ長調op.84,Hob.I-105

« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック