OEKのCD

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月6日 - 2010年6月12日

2010/06/08

クララ ユミ・カンさん,第4回仙台国際音楽コンクール ヴァイオリン部門で1位に

ラ・フォル・ジュルネ金沢2010に出演した,若手ヴァイオリニストのクララ ユミ・カンさんですが,第4回仙台国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で見事,1位を受賞しました。

http://www.simc.jp/2010/result/violin.html#result

そのうちに,OEKとの共演も期待したいヴァイオリニストです。

2010/06/06

本日の午後は,ピアノ協奏曲尽くし。石川県ピアノ協会第8回ピアノ協奏曲の午後を聞いてきました。

今日は石川県ピアノ協会に所属するピアニストがOEKと共演する,「ピアノ協奏曲の午後」という演奏会に出かけてきました。文字通り,日曜日の午後にピアノ協奏曲ばかり4曲を演奏する演奏会で,今回で8回目になります。ラ・フォル・ジュルネ金沢の効果もあり,石川県内で活躍するピアニストの知名度も高くなってきましたので,今回のような企画は,ラ・フォル・ジュルネが生んだ「地元重視」の流れをさらに拡大するという点からも歓迎すべき内容だと感じました。プログラム自体充実していましたが,演奏の方もレベルの高い演奏の連続で,石川県のピアニストの層が非常に厚いことを実感できました。

今回登場したのは,西村友里さん,川岸香織さん,障子口和歌奈さん,木下由香さんの4人のピアニストでした。指揮も新田ユリさんということで,女性ばかり続々登場する大変華やかな(視覚的な面でも)ステージとなりました。

ハイドン,ベートーヴェン,モーツァルト,シューマンのピアノ協奏曲が演奏されましたが,やはり最後に演奏された木下さんによるシューマンのピアノ協奏曲が特に印象的でした。木下さんは,既に何回かOEKと共演されていますが,音楽に勢いがあり,客席までシューマンらしい情感がしっかり伝わってきました。川岸さんによるベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番もお見事でした。どの部分を取っても鮮やかで,大変完成度の高い演奏だったと思います。

西村さんと障子口さんは,それぞれハイドンとモーツァルトの協奏曲ということで,曲自体の規模がやや小さいのですが,どちらも音楽の自然の流れを感じさせてくれる良い演奏だったと思います。モーツァルトの方は最終楽章でちょっとヒヤリとする部分がありましたが(モーツァルトの曲の怖さを実感),その後,しっかり立ち直ったのは立派だったと思いました。全曲を通じて,新田さん指揮のOEKのサポートも万全でした。皆さん,大船に乗った気分で演奏できたのではないかと思います。

私の方は,2週間ほど音楽堂に行かないと何となく落ち着かなくなってくるところがあります。今回出かけてきて,やっぱり生で聞く協奏曲はいいなと思いました。ラ・フォル・ジュルネでお馴染みになったピアニストをコンサートホールで聞けるということで,来年以降もこの演奏会には注目していきたいと思います。

« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック