OEKのCD

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2010年9月12日 - 2010年9月18日

2010/09/18

井上道義指揮、広瀬悦子(ピアノ)OEK定期公演を聞いてきました

秋の連休初日、金沢は快晴でした。市内では金沢ジャズストリートというイベントを各所で行っていましたが、私は、その中を抜け、OEKの定期公演を聞いてきました。

今回の公演は、秋の全国ツアーの初日でもあったのですが、メンデルスゾーンの弦楽のための交響曲第10番でビシッと始まった後(本当に良い曲でした)、広瀬悦子さんをソリストに迎えてのラヴェルのピアノ協奏曲ト長調、後半は、武満徹の地平線のドーリア、そして最後にモーツァルトの交響曲第39番という内容でした。

最後のモーツァルトは、井上さんがOEKの音楽監督に就任した直後の演奏会でも演奏されましたが、基本的にすっきりとしていながら、いかにも人間的な感情の動きを感じさせてくれる点で、井上さんのキャラクターにピッタリの曲だと思います。第1楽章や第2楽章では、明るさと暗さが交錯し、表情が頻繁に変わるのですが、それが自然なドラマを感じさせてくれます。天衣無縫な第4楽章も井上さんにピッタリでした。

前半のラヴェルのピアノ協奏曲も大変楽しめました。OEKが過去何回も演奏してきた曲ですが、広瀬さんのピアノは大変軽やかで(視覚的にも大きく弾むような腕の動きが印象的でした)、私のイメージするフランス音楽のイメージにピッタリでした。奔放だけど洒落ており、OEKとのスリリングなコラボを楽しませてくれました。OEKの演奏も大変奔放で、特に打楽器や管楽器が非常にソリスティックに活躍していました。広瀬さんのテンポ感とピタリとはあっていない部分もあった気もしますが、その辺も含めライブならではの一気のノリで楽しませてくるような大変生き生きとした演奏でした。

後半最初の武満さんの地平線のドーリアも、OEKが比較的よく演奏している作品です。非常に前衛的な響きのする作品ということで、井上さんは、楽器の配置に独特の工夫を凝らしていました。詳細はレビューの方ご紹介しましょう。演奏を聞きながら、能の世界にも意外に合うかもと思ってしまいました(大魔神の見過ぎ?)。

9月後半は、このプログラムを中心に全国各地で演奏会を行います。近くの皆さんは、是非お聞きになってみてください。

2010年秋のOEKの新譜情報あれこれ

毎年OEKの新譜CDの発売のスケジュールとしては,年度初めにワーナーからOEK21シリーズが5枚発売されています。今年度最後の1枚は次のCDです。

グノー:小交響曲 変ロ長調 ブトリー:アルトおよびソプラノのサクソフォンと管弦楽のための協奏曲、グルダ:チェロとブラス・オーケストラのための協奏曲
http://astore.amazon.co.jp/onc0d-22/detail/B003O6KBYC

当初はブトリーの曲とのカップリングが不明だったのですが,何と「あの」グルダのチェロ協奏曲との組み合わせで登場します。ライブ録音だと思いますので,会場のノイズの方も楽しみだったりします。

その他,金聖響さんとのベートーヴェン:交響曲全集の方も着々と進んでおり,第9+第1という,考えてみるとかなり面白いカップリングのCDが10月に発売予定です。

http://astore.amazon.co.jp/onc0d-22/detail/B003YANSZ2

次々のCDが発売されるOEKですが,昨日の金沢市議会で「OEKのCDのデザインを21世紀美術館が行ったらどうか」という質問がありました。このアイデアは,本気で考えてみても面白いと思います。以下私の案です。

・先日の「音のギャラリーツァー」の雰囲気をDVD化する(音が響き過ぎるけれども,それも面白いかも)。面白い映像になりそうです。ジュリアン・ユー編曲版の「展覧会の絵」を21美の中で演奏するのも面白そうですが,ちょっと編成が大きすぎるかもしれません。
・薄い紙ジャケット(ラ・フォル・ジュルネのベスト盤CDのようなデザイン性の高いジャケット)にし,21世紀美術館が選曲した曲をOEKが演奏
・ジャケット写真に21世紀美術館の収蔵物や建物の写真を使えば,「音の絵葉書」として「21世紀美術館みやげ」にも丁度良い。
・「まるびー」ということで,CDのレーベル面全体を21世紀美術館のロゴで覆っても面白い(あれば欲しい。コースターにもできそう(バチが当たる?))。「まるびーレーベル」として,21世紀美術館と石川県立音楽堂限定で発売。

OEK11月は平原綾香さんと共演

10月にはサラ・ブライトマンと共演するOEKですが,11月には平原綾香さんと共演します。私自身は,平原さんの歌を聞いたことはほとんどないのですが,和製ブライトマン的な感じの印象がある方ですので,オーケストラとの共演にはぴったりなのではないかと思います。指揮はお馴染みの渡辺俊幸さんです。

2010年11月11日(木)19:00開演(18:00開場)
石川県立音楽堂コンサートホール

指揮:渡辺俊幸
ピアノ:紺野紗衣
ドラムス:伊藤史朗
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢

◆演奏予定曲目
仮面舞踏会、Jupiter、CARMEN、シェヘラザード、威風堂々 ほか

★OEK定期会員については割引があります。詳細は石川県立音楽堂チケットボックスにお尋ねください。

« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック